カートアイコン
カート
0

現在カート内に商品はございません。

ほうれん草 化学農薬・化学肥料不使用 千葉県産 有機JAS認定

ほうれん草 化学農薬・化学肥料不使用 千葉県産 有機JAS認定

販売価格

¥280~¥2,199 (税込)
商品コード: hourensou-1kg~hourensou-500g
関連カテゴリ
発送日数:3 日以内
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

1 人がお気に入りに追加しています









アメリカの環境保護団体「EWG」が発表している残留農薬ランキングで、1位のイチゴに続いて2位にランクインしているのがほうれん草です。
アメリカ以上に農薬を使用している日本でも、非常に残留農薬が多いことが考えられます。
HIRYUのほうれん草は、農薬も化学肥料も使用していません。
2014年世界のほうれん草の生産量は、1位中国2209万t、2位アメリカ35万t、3位日本25万tです。
日本にはアメリカから97%とオーストラリアから3%の計25t輸入されています。
有機JAS申請されている農地面積の割合は、アメリカ0.6%、オーストラリア5.6%、日本0.2%。
農薬以外に化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下とされている事から計算すると、無農薬・無化学肥料栽培のほうれん草は250tと推測されます。

苦味やえぐみの正体は硝酸態窒素といい、この硝酸態窒素とは、土壌中の化学肥料である窒素が形を変えたものです。
農作物は、光合成によって造られた糖とリン酸により窒素をたんぱく質に変える事で成長します。
その窒素は土壌中に硝酸態窒素として存在し、それを農作物が栄養として取り入れます。
しかし、収穫の時点で使い切れなかった硝酸態窒素は農作物中に残留してしまいます。
残留したままの農作物が体内に入ると・・・亜硝酸ナトリウムに変わり、タンパク質・アミノ酸と結合して、更に強力な発ガン性を持つニトロソアミンを形成します。
HIRYUのほうれん草は農薬や化学肥料を使用していないので苦味やえぐみがありません。

栄養が豊富な野菜として有名なほうれん草は、特にβカロテンや鉄をたっぷり含有しています。


当店は化学物質過敏症やアレルギー、病気で食を気にされている方向けに、化学農薬や化学肥料を使用していない農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
更に、年々厳しくなる天候に生育不良のものも多くなり、収穫は減少しています。
国内0.1%以下と言われている化学農薬や化学肥料を使用しないで栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に化学農薬不使用の作物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。

HIRYU style [ organic gluten-free ] VEGAN RECIPE
サグカレー
【材料】
▪人参 搾り
▪法蓮草
▪小松菜
▪セルリー
▪玉葱
▪トマト
▪長葱(青い部分)
▪パクチー
▪大蒜
▪生姜
▪豆乳
ゲランド塩グロセル
マスコバド糖
黒酒酢
カレーミックス
バジル
クミンシード
カルダモン
ローレル

【作り方】
①鍋にお湯を沸かし、グロセルを入れ、法蓮草、小松菜、セルリー、長葱をクタクタになるまで茹でます。
②茹でだ野菜とゆで汁、パクチーを真空ブレンダーにかけ、ペーストにします。
③別の鍋に、油、クミンシード、カルダモン、大蒜、生姜を入れ火にかけ、油に香りを付けたら、玉葱を飴色になるまで炒めます。
④飴色になったら、トマト、グロセル、カレーミックスを入れ、弱火で煮詰めます。
⑤さらに②にペーストを加え、マスコバド糖、酢、豆乳、バジル入れ、よく混ぜ、塩で味を整え完成。


TOP
レビュー評価    0.00
★5  
  0件
★4  
  0件
★3  
  0件
★2  
  0件
★1  
  0件
レビューはまだありません。
レビューを投稿する
 0.00 (0件)
レビューを投稿する
レビュー

レビューはまだありません。

ボーナスポイント: