カートアイコン
カート
0

現在カート内に商品はございません。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
国連の推定によると西暦元年の世界人口は約3億人(他文献では1億人という説もあり)、今から350年ほど前の1650年には約5億人でしたが、1800年に10億人を超え、1900年に16億人、2000年には61億人、そして2022年11月15日に80億人を超えました。
地球に住める人口には限界があります。
人間をメダカに例えて説明するならば、メダカに最適な環境は1匹に対して3ℓの水です。
小さな水槽(地球)にメダカを沢山入れると酸欠が起こります。
水も濁ります。(環境破壊・汚染)
病気も起こります。(疫病・奇病の発生)
共食いも起こります。(戦争)

人口爆発は、食料や衣類などあらゆる生産をするために資源の消費を増やし、貧困と環境汚染を生みだします。
世界資源研究所(WRI)に報告によると、地球上の原生林は文明が始まった8000年前から8割が消滅しており、近年になるほど減少の加速は進み、1990年から2020年の30年間で1年間に東京ドーム1,265,476個分(1分間で2.4個分、1時間で144個分、1日で3467個分、1ヵ月で105456個分)の森林が減少しています。
同時に1日100種類以上の生物が絶滅しています。
森林破壊の80%が畜産を含める工業型食料システムによるものであり、地球温暖化の原因である温室効果ガスは、世界年間排出量の14.5%を占めます。
家畜やその飼料生産の裏では飢餓に苦しむ人が8億人もいる反面、飽食による食品ロスは年間25億トンにも及び、その食糧廃棄物の埋め立てで発生するメタンや、焼却により発生する二酸化炭素などの温室効果ガス排出量は10%を占めています。
温室効果ガスは産業革命以降、排出量が増え、大気の層が厚くなった分、太陽光の熱を宇宙へ放出できず、地球が温暖化しています。
地球温暖化は、海面や気温を上昇させ、熱波・干ばつ・砂漠化・豪雨・洪水など、異常気象を発生させます。
生物多様性の減少や絶滅を加速化させ、生物の異常行動(異変)を多発させます。
農作物の収穫が減少します。
感染症が増えます。etc...
また、大気を調整する地表の71%を占める海も、人工的に作られた有機フッ素化合物「PFAS」や、マイクロプラスチックなどの汚染が拡大しており、水産資源を食する私達の体内からも汚染物質が確認されています。

今や、国民の2人に1人が何らかのアレルギー疾患を有しています。
国民の2人に1人が癌に罹患します。
国民の5人に1人が糖尿病に罹患します。
国民の5人に1人が認知症を発症します。
国民の3組に1組の夫婦が不妊に悩み、5組に1組が治療を受けています。
国民の10人に1人が発達障害の傾向にあります。
国民の15人に1人、職場の10人に1人が鬱病を発症します。
アレルギーや病気の発症率は、低年齢化しており増加傾向にあります。

こうした問題に国連は193の加盟国全会一致で「Transforming Our World(我々の世界を変革する)」を決議し、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を策定し、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を設定しました。
「SDGs」には、17の大きなゴールと、169の達成基準があり、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを宣言し、発展途上国から先進国まで全ての国が積極的に取り組んでいます。

目標1 [貧困]
あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる

目標2 [飢餓]
飢餓を終わらせ、
食料安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する

目標3 [保健]
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

目標4 [教育]
すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

目標5 [ジェンダー]
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児のエンパワーメントを行う

目標6 [水・衛生]
すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

目標7 [エネルギー]
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

目標8 [経済成長と雇用]
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

目標9 [インフラ、産業化、イノベーション]
強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

目標10 [不平等]
国内及び各国家間の不平等を是正する

目標11 [持続可能な都市]
包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

目標12 [持続可能な消費と生産]
持続可能な消費生産形態を確保する

目標13 [気候変動]
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

目標14 [海洋資源]
持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

目標15 [陸上資源]
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

目標16 [平和]
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責 MDGs 任のある包摂的な制度を構築する

目標17 [実施手段]
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
パソコン用の画像 スマートフォン用の画像 MISSION-1 VEGAN RICE
農産物の世界三大生産量を誇るお米は、世界中のどこでも栽培することができます。
家畜を減らし、化学農薬や化学肥料を使わないお米の農地を増やすことで、地球環境を改善し、自然災害を減らすことができます。
更に玄米は、長期貯蔵そして流通に優れていることから世界の食糧問題も改善できます。
主食を低GI値である玄米にすることで、現代の食生活が招く病気やアレルギーを改善し、医療費を低減します。
稲の品種は世界で132,140種、このうちジャポニカ種は全体の20%、このうち世界中から美味しいと称賛されている日本のお米は1.28%、更に有機栽培のお米は国内全体収穫量の0.1%しかありません。
化学農薬・化学肥料・動物性肥料・動物性堆肥を一切使用せず栽培された希少な日本のお米をブランド化させ、世界に普及できれば、地球環境と健康に大きく貢献できるはず。
私達のミッション「VEGAN RICE」はこうして誕生しました。
2022年6月30日、「VEGAN RICE認証マーク」を商標登録(第6580209号)し、2024年2月現在、「まっしぐら」「コシヒカリ」「あきさかり」「ヒノヒカリ」の4銘柄を認証しています。
VEGAN RICEを原料に麺や餅、玄米粉など食品の開発も開始しました。

MISSION-2 SAFE GREEN
環境汚染や健康被害の原因となる化学農薬や化学肥料を一切使用しない農業を推奨します。
有機JAS(オーガニック)の場合、有害動植物を効果的に防除できない場合、有機農産物の国際基準に準拠した許容農薬の使用が認められています。
無農薬表記の場合、無農薬であることを証明するものがありません。
隣接する圃場が農薬を使用していれば汚染される可能性があります。
放射性物質やPM2.5も農薬同様に化学物質です。
農薬・化学肥料・除草剤など化学物質が使用されたか否かを消費者が判断することはできません。
HIRYUでは、硝酸態窒素・酸化還元電位・水素イオン指数・放射性物質検査による審査基準を設け、これら基準をクリアした青果を認証し、地球環境と健康に貢献します。
(SAFE GREEN認証マークは、現在商標登録準備中です。)

MISSION-3 SAFE BLUE
海洋汚染で最も深刻なのが有機フッ素化合物(PFAS:ピーファス)とマイクロプラスチックです。
共に南極や北極の海氷を含め、地球上のほぼすべての場所やあらゆる動物から検出されており、食品や飲料水そして人体からも検出されています。
自然界では分解されにくく、根絶不可能とも言われており、これ以上の汚染をしないこと、そして汚染しない商品、汚染されていない商品を利用することが求められています。
HIRYUは海洋汚染させない商品や企業を応援します。

MISSION-4 FOOD LOSS ZERO
経済発展が著しい先進国ほど食糧廃棄が多い理由は、売上優先のため商品の欠品をさせないように販売数よりも生産数を多くすることにあります。
2023年の日本の食品ロス量は523万tで増加傾向にあり、廃棄総量世界ランキングは17位です。
HIRYUでは賞味期限の公開販売を行い、期限が短くなるほどに割り引くアウトレットセールを実施します。
生活困窮者に対しての食品配給を非公開で行ないます。
(母子家庭への玄米・白米の配給など実績あり)
運営するレストランでも青果や果物の切り捨て部位をベジブロスや堆肥にし、フードロスゼロを実践します。

MISSION-5 SUSTAINABLE FASHION
国内における服1着の原材料調達から製造までに地球温暖化の原因となるCO2の排出量は25.5kg(500mℓボトル255本分)、廃棄された衣類の1日の焼却量は1200tと多大です。
こうした背景から、パリ協定「国連気候変動枠組条約」では、日本は2030年までに2013年比26%のCO2排出削減を目標にしました。
2019年G7国際首脳会議においても「ファッション協定」が発表され、生産や流通において自然環境や社会に配慮した「持続可能なファッション」を取り組むことになりました。
2021年気候サミットでは「2050年カーボンニュートラル」に向けた野心的な目標として、日本は2030年までに2013年比46%の温室効果ガス排出削減を目指すことを表明しました。
温室効果ガス汚染最大の原因である畜産による皮革素材からコルク素材など代替素材の普及も始まりました。
「服用」とは、衣服で心身を守ることが語源である様に、静電気や痒みを発生しにくく、土に還る素材オーガニックコットンを下着に利用すること。
小物類を環境に優しいコルク素材などを利用すること。
アウターは丈夫な素材でリメイクしても生涯着用したくなるデザインを選ぶこと。
古着の購入はCO2対策に貢献します。etc...
ファッションは、地球環境と健康に配慮する時代となり、HIRYUもその取り組みを実践します。

TOP