湧水原理の活水器マナウォーター 大サイズ元付用 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine
湧水原理の活水器マナウォーター 大サイズ元付用

湧水原理の活水器マナウォーター 大サイズ元付用

商品コード:
mana_lm
販売価格(税込):
108,000
ポイント: 2,160 Pt
関連カテゴリ:
浄水器・空気活性機
「マナ」とはスペイン語で「湧く」という意味です。
湧水の原理を利用した、飯島秀行氏開発の活水器です。

電源・コンセント不要。カートリッジ交換も不要の便利な活水器。

環境にやさしく、料理がおいしくなります。

大サイズ元付用は、水道管大元に付けて、ご家庭の水道水すべてをマナウォーターにするタイプです。

水質検査に於いても有害物質が低減することが証明され、厚生労働省「おいしい水研究会」の「おいしい水の基準」(残留塩素量0.4mg/l以下)も満たしています。

飛竜では水道水をそのままでは使っていません

本来人間は水源地にしか住んでいませんでした。
その後は井戸を掘り、好きなだけ水が使えました。
高度成長と共に1975年以降は、日本全国に水道が配備され、水道料金を支払い水を買うようになりました。
水道管の交換時期は特に決まっていません。
年々深刻化する大気汚染によって窒素酸化物や硫黄酸化物などを含む酸性雨を降らせているので、水道水はアルカリ性である石灰分を入れて中和しています。
煮沸後ポットなどにつく白い不純物は石灰分です。
コップなども洗った後に自然乾燥すると必ずウォータースポットと言われる白い汚れが付きます。
赤い不純物は水道管の錆です。
細菌の繁殖を防ぐために塩素処理もしています。
塩素濃度の最低基準値はありますが、上限値はありません。
水道水で食中毒になることがないように大量の塩素が使用されています。
塩素は水に含まれる有機物と反応して発癌性物質のトリハロメタンができてしまいます。
トリハロメタンは60℃以上で沸点となり、水の中で3~4倍に増えてしまいます。
煮沸する場合は、水の沸点である100℃で10分以上沸騰しないとトリハロメタンは消滅しません。
お風呂の場合、温度は40℃前後です。
40℃のお湯を作るのに給湯器ではそれ以上の温度になるのでトリハロメタンが増えてしまいます。
お湯や蒸気が皮膚や鼻などから体内に吸収されてしまいます。
お風呂のお湯がアトピー性皮膚炎を急増させている原因ではないかと懸念するようになりました。
お風呂の蒸気が肺癌や気管支喘息の原因ではないかと懸念するようになりました。(加湿器も同様です)
お風呂のシャワーが若年性脱毛症の原因ではないかと懸念するようになりました。
酸化プラスイオンが乾燥や老化を促進するため湯上がりに化粧水を使うようになりました。
ウォシュレットの普及が大腸癌や子宮癌の原因ではないかと懸念するようにもなりました。
(生殖器や肛門の軽皮毒の吸収率は肌の42倍あります。)
体の老化や病気の全ての原因は酸化物質です。
千葉県柏市の水道水の場合、酸化還元電位(ORP)が600mV程あります。
200mV以下を還元といい、201mV以上を酸化といい、数値が高いほどに老化や病気を促進させてしまいます。
飛竜では水道水を少しでも良い水になるように工夫しています。

活水器で水道水を活水化しています

飛竜が考える安全で健康的な理想の水は、環境汚染されていない森林奥深い地で何十年・何百年もかけて、地層の中で濾過され、バクテリアが分解、森の呼吸によるミクロな振動が、水の原子・分子のバランスを整え、目では確認できないミクロな有用微生物が豊富に湧き出ている活きている水です。

体の成分は水で出来ています。
空気も肉も魚も野菜もみんな主成分は水です。
水が汚れていれば、食材も体臭も臭くなります。味も健康も損なわれます。
水がキレイであれば、空気もキレイにできます。
飛竜が放射性物質や残留農薬などを無害化できたのも水を研究したからです。
飛竜では、飲料水は勿論のこと料理に使用する水も徹底的に対策しています。
飛竜の農場でも水道水は使用していません。
目に見える物質で健康の為に一番気を使わなければいけないのが水です。

飛竜では、まず水道水を活水しています。

一般財団法人テネモス国際環境研究会飯島秀行理事長開発のマナウォーター(特許第5088646 号)を厨房内に7台設置しています。
開発者の飯島先生は日本中の有害物質除去をされているフリーエネルギー研究家です。
2011年福島原発事故至近地区に於いて放射性物質除染でも活躍された方です。

湧水原理の活水器マナウォーター 特許第5088646 号

「マナ」とはスペイン語で「湧く」という意味です。

水を直接フィルターに通して濾過するだけの浄水器とは違い、湧水と滝のように酸素を引き込み、水をやわらかくする活水器です。

内部にあるステンレス棒の上から水を注入し、一度装置の底辺部分にまで水を落とし込み、小さな穴より活水器内部の壁に噴水することで振動数を高め、活水器内部の内気圧が外部の外気圧より非常に高圧にすることで、自然界の滝の様に、アンバランスな状態になっている水のクラスターを細分化し、分子・原子の構造をバランス良い状態に戻し、波動の高い水に変質させ、内部にぎっしり詰め込まれた特殊セラミックや炭などにぶつかりながら浄水され、湧水の様に出口に向かいます。

●電源・コンセント不要!電気代¥0!
●カートリッジ交換不要!維持費¥0!メンテナンス不要!
●精密機器でなく簡単構造なので半永久使用可能!
●電気分解装置のような排水無駄がありません!
●水が柔らかくなるので手荒れ・肌荒れが軽減します!お風呂におすすめです!
●水道水の臭みと味がなくなるので料理が美味しくなります!
●氷が溶けにくくなります!etc・・・

飛竜厨房内にはマナウォーターを7台設置しております。
更に一般財団法人テネモス国際環境研究会飯島秀行理事長より、マナウォーターを応用したプールをご提供頂きました。
マナウォーターで活水化した水を循環し続けるこのプールに食材を入れると、新鮮な状態に戻り、味もよくなります。
これまで放射性物質の食品基準値が50Bqを超えている肉、魚、野菜はすべて無害化できました。飛竜では有害物質の有無に関わらず食材をこのプール(写真左)に入れてから調理しています。

この原理を活用して、有害物質を無害化しながら常温で玄米を発芽させることが出来るプール(写真中央)も制作しました。食材だけでなく館内37ある水槽にマナウォーターを設置し、活水した水を揮発させ、店内の空気もキレイにして、アレルギーの方に優しい空間を実現しています。

ぜひご家庭でもマナウォーターを設置して水道水を活水することをおすすめします。

商品詳細

水道管大元に付けて、ご家庭の水道水すべてをマナウォーターにするタイプです。

特徴
・電源・コンセント不要
・カートリッジ交換不要
・皮膚も頭皮も呼吸をしているので、良質の水が健康に大きく効果あり
・キッチン・洗濯の洗剤を軽減
・水道管がキレイになる
・環境に優しい
・料理が美味しくなる


仕様
・入口出口径 20mm(接続部分バルブソケット)       
・全高 568mm
・本体幅 133mm(バルブソケット含む幅220mm)
・材質 強化ポリプロピレン
・内部使用材料 ステンレスパイプ、特殊セラミック、石、備長炭等
・耐圧(最大) 0.49MPa
・使用温度 65℃以下

*マナウォーターの取付は、「入口がOUT側」、「出口がIN側」になっています。 間違えないように注意してください。(逆圧を利用)
*立てたまま取り付けてください。


販売元
株式会社テネモスネット

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。