カートアイコン
カート
0

現在カート内に商品はございません。

メンズ黒無地ロングソックス くつした オーガニックコットン 前田源商店

メンズ黒無地ロングソックス くつした オーガニックコットン 前田源商店

販売価格

¥1,650 (税込)
商品コード: maeda-blackmuzilongsocks
発送日数:7 日
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

0 人がお気に入りに追加しています

メンズ黒無地ロングソックス オーガニックコットン100% 前田源商店

maeda-socks-a01.jpg
maeda-socks-bkc02.jpg
maeda-socks-bkc03.jpg
maeda-socks-bkc04.jpg
maeda-socks-a05.jpg
世界中で普及が始まった“オーガニックコットン”
肌に優しく、冬は暖かく夏は涼しく、丈夫で、有害性もなく、土に戻せる綿(コットン)は、生地として非常に優れており、人々の生活に欠かせない衣料です。
8000年前のメキシコで栽培が始まりましたが、麻や絹を生地利用していた日本では室町時代から本格的に栽培が始まりました。
しかし現在の綿栽培は、生産量を増やすため非常に多くの農薬が使用されるようになり、世界の耕作面積の2.5%の綿畑に、全世界で使用される農薬の16%以上も散布されています。
更に収穫時には、葉を落とし、綿だけを収穫できるように効率をはかるため、ベトナム戦争で化学兵器として使用された“枯葉剤”を散布しています。
綿花栽培が盛んなインドでは、農薬と枯葉剤による地下水や土壌の汚染を原因とした環境と健康の被害が深刻な問題になっています。
こうした背景からインドなどの綿生産国に対して、NGOや意識の高い紡績会社が栽培方法の指導や資金援助などの協力を始めています。
その成果による流れからオーガニック(無農薬)コットン栽培の普及が拡がっており、インドでは2008年の国内の綿花生産量の1.4%、現在では5%をオーガニックで占めるようになり、オーガニックコットンの生産量もインドが世界第1位となりました。
インド以外の生産国でもオーガニックコットンの栽培は急増しており、2018年8月~19年7月栽培の世界のオーガニックコットン生産高は前年度比31%増という高水準が報告されており、2019年8月~コロナウイルスの影響を受けた20年7月についても前年比10%増が見込まれています。

オーガニックコットンとは
認証機関の基準に従って3年以上農薬や化学肥料を一切使わずに栽培された綿花のことであり、遺伝子組み換えの種は使われません。
本製品は、GOTS(Global Organic Textile Standard)などの厳しい世界基準をクリアしたオーガニック認証を受けたコットンのみを用いて織物にしています。

オーガニックコットンがアトピー性皮膚炎や敏感肌の方に支持される理由
紀元前から現在まで麻、綿、絹、毛の4つの素材を生地とし、これらをモデルにポリエステルなど化学繊維の素材が開発され、衣類・寝具など大量に生産されています。
幾種もの生地の中で、最も低刺激で、アトピーや敏感肌の方に好まれているのが綿です。
肌に対してチクチクすることのない柔らかい肌触り、化学繊維と違いほとんど帯電しないため静電気が起こりません。
繊維の中心は空洞になっており、そこに空気がたまるので、外部からの熱を遮り、更に吸水性もあるので、夏は生地が熱くならず、汗を吸収し、冬は体温を外に逃がしません。
また、天然の油分がそのまま残っているので、しっとり感のある独特の柔らかさが特徴です。
ケガの際にされる包帯やガーゼは綿であったことでもわかる様に、肌に悩みを持つ方にとっては、コットンの生きている質感が肌質のように身を守ってくれることが実感されています。

オーガニックとオーガニックではない綿の違い
「通常の綿に残留農薬はほとんどなく、オーガニックコットンとの違いはない」という声も聞かれますが、栽培期間中に大量の農薬を散布し、枯葉剤を使って未熟な状態で機械で刈り取り、製造工程で化学処理を施し、化学染料で染め上げてしまうと、繊維中の空洞がつぶれ、生地は硬くパサつきます。
そのため、オーガニックではない綿製品は柔軟剤や吸水剤で処理されており、購入後も柔軟剤が必要になります。

生きているオーガニックコットン
オーガニックコットンの生きている質感は、利用する度に次第に失われ、生地が硬くなり、カビが生えることもあります。
ふわふわの柔らかさを保つためには、洗濯後、空気を入れながら20回ほどバタバタ振ってから干したり、時々ドラム式洗濯機などの乾燥機を使用してみてください。
アトピー性皮膚炎の症状が酷いほど生地の傷みも早いです。
肌の代わりとなり、身を守ってくれている、生きている素材ならではのことです。
役目を終えた使い古しの生地は、焼却することも、土に戻すこともできます。
地球環境、生産者、急増する皮膚疾患にオーガニックコットンの普及は欠かせません。
一年を通して肌を最も守ることができる万能な生地です。
maeda-socks-bkc08.jpg
メンズ黒無地ロングソックスの特徴
オフィスや外出時など、様々な場面で履きやすい黒無地の靴下。
オーガニックコットンのさらりとした履き心地を感じることができます。

企画、染色、製織、生地の仕上げ、加工、縫製に至るまで、富士山麓ですべて一貫して行っています。
関わる職人ひとりひとりが、希少なオーガニックコットンに関わる意味を理解し、大切に扱い、製品を作り上げています。
maeda-socks-a09.jpg
■素材:オーガニックコットン80%以上
    ナイロン・ポリウレタン20%以下
■サイズ:24.0~26.0cm ゴムなし
■カラー:黒

maeda-socks-a10.jpg


TOP
レビュー評価    0.00
★5  
  0件
★4  
  0件
★3  
  0件
★2  
  0件
★1  
  0件
レビューはまだありません。
レビューを投稿する
 0.00 (0件)
レビューを投稿する
レビュー

レビューはまだありません。

ボーナスポイント: