カリウム / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine



カリウム

カリウムはミネラルです。
ミネラルとは鉱物(無機物/栄養素としての無機質)です。
カリウムは、アルカリ金属元素の一種であり、元素記号K、原子番号19、原子量39.10、融点63.65℃、比重0.862、銀白色のナイフで切れるほど軟らかい金属です。
水、酸素、酸に激しく反応し、水素を発生します。
石油中、地殻中(長石・雲母)、海水中、土壌中に吸着されて多量にかつ広く分布し、動植物の細胞内液にイオンとして存在しています。

カリウムの主な働き
体内には体重1kgあたり2gのカリウムがあります。(60kgの人で120g)
体内に余分なカリウムはたまる事なく排出されますが、余分なナトリウムは体内でナトリウム2に対してカリウム1の比率で拮抗して、腎臓や副腎の働きで汗や尿として排出する必要があります。
この減塩効果を利用し、カリウムの摂取量を増やして、高血圧の予防や治療に役だてられています。
ナトリウム過多による影響は以下の通り。
●血管の抵抗が高くなり、血圧が上がり、血管が傷み、心血管疾患(心肥大や心不全などの心臓病)、脳血管疾患(脳梗塞などの脳卒中)などが起こりやすくなります。
●ナトリウムを排泄する腎臓の負担が大きくなり、機能が低下する事で尿路結石、骨粗鬆症、胃癌、そして腎不全になります。
●自律神経である交感神経を興奮させます。
●活性酸素による酸化ストレスを増大させます。
●血糖値を下げるインスリンの働きを悪くして、メタボリックシンドロームなど生活習慣病になります。

カリウム不足
夏バテの原因は、汗と一緒にカリウムが失われてしまうからです。
ナトリウムの過剰摂取或いはカリウムが不足すると、筋肉の動きが悪くなり、力が出なくなり、更に喉の渇きを感じ、多くの水分を求めるようになり、血管壁が水分で膨れるため血圧が高くなり、組織液やリンパ液が薄められ、無気力、夏バテ、食欲不振、ストレスの増大、消化不良、便秘、排尿困難、筋力低下、肌荒れ、痺れ、痙攣、むくみ、神経障害、精神障害、不整脈、高血圧、低血糖、糖尿病、膀胱麻痺、 心不全などの症状が起こります。

カリウムの効率よい摂取方法
カリウムは水溶性で、加熱にも弱く、煮物などにすると30%ほどは溶けて煮汁に流れてしまうので、それを考慮した調理や生の野菜や果物など効率のよい摂取をしましょう。

高カリウム血症
健康であればカリウムが体内で過剰になることはありませんが、次に該当する場合は高カリウム血症になる恐れがあるので注意して下さい。
●腎臓の機能障害(カリウムを排泄できない場合)
●過剰の砂糖(相対的に高カリウム血症となる)
●糖尿病の人(インスリンの働きが悪いので、血中にあるカリウムが細胞内に移動できずに尿として排出されてしまう。逆に体内でカリウムが増えると、腎臓で血圧を下げる酵素カリクレインを増やす働きがあり、血液から細胞内に水分が移動するため血圧が下がります。)
●高血圧のためACE阻害薬(降圧薬)を服用中(カリウムをため込む働きがある)
●AⅡ受容体拮抗薬やカリウム保持性利尿薬も注意
高カリウム血症は、感覚異常、虚弱、弛緩症、無気力、めまい、精神錯乱、低血圧、血便、不整脈、心ブロックを起こし、死の原因となることがあります。

高血圧症
50歳以上では2人に1人が高血圧症と推測され、脳梗塞・脳出血・狭心症・心筋梗塞などを引き起こします。
原因の一つにナトリウムの過剰摂取があります。
精製塩は殆どナトリウム成分ですので、カリウム・マグネシウムカルシウムなどミネラルがしっかり含まれている精製されてない食塩を利用し、カリウムが豊富な野菜や果物を多く摂るようにしましょう。
自然食品は低ナトリウム・高カリウムの傾向にありますが、加工食品は高カロリー・高ナトリウム・低カリウムの傾向にあるので参考にして下さい。

参考までにカリウム製剤「臭素酸カリウム」について
強い変異原性(発ガン性)の添加物ですが、パンなど工業的大量生産を行う場合にグルテンの品質改良剤として基準値以内での使用が認められています。