コシヒカリ 玄米 1kg 自然栽培(無農薬・無肥料) 香川県産(令和3年産)・放射性物質検査済 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー


topcartpayment company e-mail magazine
コシヒカリ 玄米 1kg 自然栽培(無農薬・無肥料) 香川県産(令和3年産)・放射性物質検査済




1kg¥1,350 (すべて税込表示価格) 2%OFF SALE ¥1,320
3kg購入で¥4,050 → 9%OFF SALE ¥3,660(@¥1,220/kg)
5kg購入で¥6,750 → 17%OFF SALE ¥5,600(@¥1,120/kg)
10kg購入で¥13,500 → 24%OFF SALE ¥10,200(@¥1,020/kg)
30kg購入で¥40,5000 → 31%OFF SALE ¥27,600(@¥920/kg)

『農薬も肥料も使わない』地球環境と健康にやさしい自然栽培
アジアで最も古い最大の国際農業研究所である国際稲研究所(IRRI)の2020年の年次報告書によると、世界には132,140種もの稲の品種があります。
そのうちジャポニカ種は全体の20%です。
更に世界から美味しいと評価される日本のお米は、僅か0.89%しかありません。
日本国内のお米の種類は、2019年時点で、水稲うるち玄米824銘柄+水稲もち玄米132銘柄+醸造用玄米223銘柄=1,179銘柄があります。(農林水産省 消費・安全局消費者行政・食育課)
このうち希少高値で販売されている有機栽培のお米は国内全体収穫量の0.11%しかありません。
有機JASにおける許容農薬も使用されていない栽培になると更に希少となり、市場にほとんど流通されていません。
一般的な有機栽培の肥料には、牛糞・鶏糞などが使われています。
しかし、2009年にアメリカ海洋大気庁(NOAA)は、地球温暖化の新たな原因として、農薬や化学肥料、家畜の排せつ物などに含まれる亜酸化窒素ガスの排出量増加を発表しました。
米国環境保護庁(EPA)のデータによると、亜酸化窒素ガス排出量全体の74%は農業の土壌管理資材に由来します。
米国における2020年の温室効果ガス排出量の内訳は、二酸化炭素79%、メタン11%、亜酸化窒素7%、フッ化物を含むガス3%ですが、メタンが二酸化炭素の21倍の温室効果をもつのに対し、亜酸化窒素ガスは二酸化炭素の310倍もの温室効果をもつため、有機農業における家畜糞尿の使用量が増えると亜酸化窒素ガスの排出量が増加してオゾン層の破壊を促進し、地球温暖化に拍車をかけることが懸念されています。
なお、地球温暖化の原因である温室効果ガス排出量の51%が畜産関連に由来するとされています。
また、環境問題とは別の問題として、家畜糞尿を含む有機堆肥が未完熟の状態で使われた場合、作物に硝酸態窒素が高濃度で残り、これを食べた人の体内で有害物質の亜硝酸態窒素や発癌性物質のニトロソアミンが生じる恐れがあるといわれています。
このため、ヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、作物の種類や乳幼児向けベビーフードなど、それぞれに応じた基準値を定めていますが、日本にはこうした基準がなく、市場に出回っている作物の中にはEU基準値を上回るものもあるようです。
こうした理由から、HIRYUでは化学農薬や化学肥料だけでなく、家畜の排せつ物など畜産由来の有機質肥料を一切使用せずに栽培されたお米を販売しています。

昔ながらの自然栽培の『讃岐米』の復活‼
HIRYUが販売するコシヒカリは、日本神話における神様の「飯依比古(いいよりひこ)」(別名:「飯神」「飯天神」)を国魂神(その土地に鎮座する神)とする讃岐国(香川県)で育ちました。
讃岐米は、江戸時代に庄内米、近江米と肩を並べ「日本三大米」と称されていました。
その讃岐米を昔ながらの農薬や肥料に頼らない自然の恵みと土が持つ本来の力で作物を育てる挑戦が始まりました。
最初の4〜5年の収穫量は、栽培面積1反(10a=300坪)あたり3〜4俵しか収穫できず、ゼロに近いこともありました。
田植えまでの秋冬期間に人の手が入っていない自然の山の中から厳選した腐葉土にススキや萱(カヤ)を足し、瀬戸内に面していることから多くの牡蠣殻が昔から使われていたことに目をむけ、牡蠣殻粉末を捏ねて腐熟させるなどして、土づくりに10年もの歳月を費やしました。
そして、近隣の田んぼの農薬など影響を受けないように川を間に挟んだり、生活排水などの影響を受けないように稲作専用の井戸を掘り起こし、常に水温が2〜3℃低い安定した地下水で品質の高い米を育てます。
田植えでは、通常は収穫量を上げるために株間隔10~20cmに4〜5株植えるところを、田植え機で設定可能な最大幅36cmに1〜2株しか植えないことで、収穫量を減らしてでも元気いっぱいで栄養豊富なお米をつくることを優先しました。
稲刈りでは、通常は収穫量を減らさないために稲穂から脱粒しない完熟前に刈り取るところを、脱粒し収穫が減っても最も美味しい完熟状態の稲刈りを行いました。
このお米を食べた人が笑顔になることを目標に米づくりに励み、ようやく理想とするお米の収穫を実現しました。
是非、多くの方に召し上がって頂きたいと切に願っております。
そして、地球温暖化防止や乱れた生態系の修復など環境改善に大きく貢献するこの農法は、多くの生産者に求められるようになり、讃岐地方に自然栽培の面積が拡張しています。

品種「コシヒカリ」とは
「農林22号」と「農林1号」を交配させ誕生したこのお米は、1956年(昭和31年)、新潟県により「越の国に光輝く米」と言う願いを込めて「コシヒカリ」と命名登録されました。
1979年から作付面積1位を誇り続けている、日本を代表するお米です。
かつてコシヒカリと人気を二分していた「ササニシキ」は、1993年の冷害により衰退し、今では作付面積が全体の30%以上を誇るコシヒカリに対し、ササニシキは1%未満にまで減ってしまいました。(米穀安定供給確保支援機構)
純粋なうるち米であるササニシキと違い、もち米の要素を持つコシヒカリはモチモチと粘りがあり甘いため、その美味しさも作付面積1位を続ける大きな理由となっています。
現在流通している米は、あきたこまちやヒトメボレなど、ほとんどの品種がコシヒカリを交配して作られていることからも、コシヒカリの人気の高さが分かります。
冷めても甘みが残るため、おむすびやお弁当には最適です。
モチモチと粘りがあり、コクと旨味が強いので、漬物などのシンプルな和食と合わせると、お米自体の美味しさを味わうことができます。
全国の水稲うるち米の作付面積1,462,000haに対して、コシヒカリの全国作付面積割合は第1位であり、今後も安定した人気が予想される品種です。(令和2年産水稲の品種別作付動向について、公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構)

HIRYUで取扱販売されている米粒の大きさ比較
大きい順に左から並べたところ、「まっしぐら」「あさひの夢」「あきさかり」「コシヒカリ」「ヒノヒカリ」の順になりました(定規の1目盛は1mmです)。
※それぞれの品種名にカタカナや平仮名が使われているのは、登録名によるものです。

籾や糠には農薬がたまりやすい!?
農薬の生産国である日本は、世界一の農薬散布国です。
農産物でも農薬が最も多く使われているのがお米です。
農薬や放射性物質など有害物質は、籾(もみ)や糠(ぬか)に溜まりやすい特徴があります。
玄米の場合、籾は取り除きますが、栄養の殆どが含まれる糠は取り除きません。
米糠を取り除いた白米でも農薬や放射性物質が残ってしまうことがあります。

2011年福島原発事故以降、各都道府県の行政機関が実施してきた放射性物質検査も2016年以降は行われなくなりました。
HIRYUでは、放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査を行っています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置ですが、食品基準値100Bq/kgに対して、測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。
これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。
尚、食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標を目安に、他の放射性物質に対して安全と判断することとしています。
コシヒカリ玄米の測定結果は、すべて0Bq/kg不検出(ND)です。

光センサー異物混入選別処理を行っています!
お米は自然環境の中で収穫されるものなので、細かい石粒、ガラス片、金属片や、動物のフンなど異物が混入してしまうことがあり、「選別」「籾すり(研磨)」「光センサー選別」が必要です。
生産者から直接購入する場合は、選別や籾すりされていないものや選別処理回数が少ないもの、籾摺り (もみすり)の粗いものが多く販売されているので注意しましょう。
HIRYUの「コシヒカリ」は2回石抜きを行い、光センサー選別を強化して行なっています。

玄米に最適な低温倉庫で保管しています!
お米は秋に収穫され、日が経つほど鮮度が落ちて発芽率も下がります。
常温の倉庫や米蔵で保管されている米の場合、湿気の多い梅雨になると著しく品質の劣化が促進するため注意が必要です。
米の適正保管温度は約14℃であり、品質劣化を防ぐ為に、HIRYUのお米は専用の低温倉庫(温度10-15℃、湿度60-65%)で厳重に管理されています。

御注文を頂いてから紙袋で包装して発送しています!
HIRYUが取り扱いする玄米は、発芽する生きている玄米なので、温度や湿度に拘る必要があります。
夏の暑さによるパッケージムレや、化学物質過敏症の方への配慮などから、間接添加物であるビニール素材による包装ではなく、紙包装にて発送しています。
商品到着後の保管については、高温多湿を避けて下さい。(保管適正温度は14℃です。)
米は秋に収穫され、日が経つほど鮮度が落ちて発芽率も下がります。
梅雨時期になると、湿気により劣化が促進するので、冷蔵庫で保存するか、高温多湿にならない場所で保管して下さい。
一緒に鷹の爪(赤唐辛子の乾燥品)を入れておくと、虫の発生を予防することができます。
稀に緑色っぽい玄米がありますが、収穫適正時のものであり、栄養価も高いので、そのまま安心してお召し上がり下さい。












コシヒカリ 玄米 1kg 自然栽培(無農薬・無肥料) 香川県産(令和3年産)・放射性物質検査済

商品コード:
koshihikari01
通常価格(税込):
1,350
販売価格(税込):
1,320
ポイント: 13 Pt
            
発送の目安: 3〜4日後             
関連カテゴリ:
無農薬の米、豆 > すべて
無農薬の米、豆 > 玄米
酵素玄米関連
※検索キーワード
玄米 こしひかり 国産 香川産 有用微生物群 エコ 地球温暖化 地球環境 乳酸菌 酵母 光合成細菌 糸状菌 放線菌 農薬不使用 化学肥料不使用 無化学肥料 オーガニック 有機栽培 organic 酵素玄米 発芽酵素玄米 主食 健康ごはん グルテンフリー 低GI ダイエット 備蓄 糖尿病 γ-オリザノール GABA 抗癌成分 RBA RBF 放射性物質検査済 農産物検査米 光センサー異物混入処理済み 紙袋包装 おすすめ オススメ 米 楽天 総合 ランキング 食味 特A

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。