HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

地球環境と健康を一緒に学ぼう!!
HIRYU MAIL MAGAZINE
2022.8.24 この夏、最後のスイカSALE!クーポン利用で10%OFF!


今年は平年よりも気温が高く、この先1か月も厳しい残暑が予想されています。
そんな暑い日に食べたくなる、日本の夏の風物詩「スイカ」。
HIRYUでも、メルマガで紹介して以来、「甘くて美味しい」という声を多く頂き、この夏の大人気商品となりました。
しかし、スイカの入荷も8月いっぱいを目安に終わりになります。
今回、玉の大きさが以前と比べて少し小さくなったため価格が下がり、お求めになりやすくなりました!
HIRYUのスイカを購入できる、最後のチャンスです。
本日から1週間限定!クーポン利用で10%OFFで販売します。



この夏最後のスイカを、冷凍保存してみましょう
スイカが大きくて食べきれない場合などには、冷凍保存が可能です。
冷凍すれば1か月ほど保存することができるので、「夏が終わってもスイカを食べたい!」という方にも、冷凍がオススメです。
ひと口大に切り、保存袋に入れて冷凍したスイカは、常温に出して2~3分ほどでシャリシャリの食べ頃に。
少し大きめに冷凍しても、常温に1分ほど置けば、簡単に包丁でカットすることができます。
ジュース作りに活用したり、フォークの背でつぶして赤ちゃんの離乳食にもピッタリです。

スイカは「天然のスポーツドリンク」です
異例の早さで梅雨が明けた2022年は、6月の下旬から、気温が35度を超える日が続きました。
総務省消防庁によると、熱中症による救急搬送人数も8月21日現在で昨年の1.5倍以上に上っています。
汗を大量にかくと、体内の水分だけでなく、ナトリウム(塩分)を始めとしたミネラルが失われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度が低くなるため、体温調整が充分にできなくなってしまい、様々な熱中症の症状が出現します。
そんな中、熱中症対策として推奨されているフルーツが、スイカです。
スイカは90%以上が水分でできており、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいるため、そこに少し塩をかけて食べると「天然のスポーツドリンク」になると言われています。
カリウムには体の熱を冷ます効果もあり、夏バテ予防にもなります。
「身土不二(意味:自分の住んでいる土地の、季節のものを食べると体に良い)」という言葉がありますが、日本の暑い夏にスイカを食べるのは理にかなっていると言えるでしょう。
旬の味わいを楽しみながら、熱中症を予防してください。

スイカの強い抗酸化力で、病気や老化を予防しましょう
90%以上が水分でできているため、スイカには栄養がないと思っている人も多いですが、1578年に書かれた中国の医学書「本草綱目」でも薬効が説明されている通り、古くから、優れた栄養を持つことで知られてきました。
特に、病気や老化の原因のひとつである活性酸素を消去するための“抗酸化物質”を豊富に含んでいます。
〈リコピン〉
トマトの赤色色素として有名なリコピンという成分は、高い抗酸化作用を持つことが知られており、その効力はβカロテンの2倍以上、ビタミンEの約100倍といわれています。
リコピンといえばトマトが有名ですが、実はスイカには日本国内で最も流通している生食向きの桃太郎などのピンク系トマト(リコピン含有量3 mg/100g)に比べ2.5倍も多くのリコピンが含まれています。
1日のリコピン推奨摂取量は15mgとされていることから、一般的な生食用トマトでは500g(約2.5玉分)必要なのに対し、赤玉スイカなら200g食べれば良く、簡単に推奨量を摂ることができます。
〈βカロテン〉
βカロテンがもつ優れた抗酸化作用は、血中の脂肪が酸化することを抑え、血圧を低下させ、動脈硬化、肥満、高脂血症・慢性肝炎を予防します。
〈シトルリン〉
1930年に、日本でスイカから発見されたアミノ酸の一種であるシトルリン。
血流を改善し、利尿作用があり、血圧を下げる作用もあります。
近年、シトルリンに優れた抗酸化作用があることや、肥満の人にシトルリンが欠乏していることが明らかになってきました。
シトルリンは白果肉部(中果皮)や皮にも多く含まれているため、果肉だけでなく皮の部分も有効活用するのがオススメです。

スイカの皮や種は、栄養の宝庫です!
スイカの皮や種を、捨てていませんか?
日本では、白果肉部(中果皮)を漬物にしている方はいますが、種はほとんど食べられていません。
しかし、中国やフィリピンなどでは、スイカの種は食べるのが一般的。
多くの栄養を含んでいる皮や種は、調理して美味しく食べることができます。
HIRYUのスイカは化学農薬・化学肥料を一切使用せず栽培しているので、安心して皮も種もお使いください。
ここでは、ポリポリ食べられるスイカの種のレシピを紹介します。


スイカの種は、カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などのミネラルやトリプトファンを多く含み、鎮静作用をもつ生薬『西瓜子仁』の原料に用いられています。
豊富に含まれるミネラルは代謝酵素の働きを助け、免疫力を高めます。
トリプトファンは、幸せホルモンとして知られるセロトニンの材料となり、イライラを鎮めてリラックスした状態をつくり、頭の回転を良くする為、仕事や勉強中の間食にオススメです。

【材料】
スイカの種
 適量

【作り方】
①良く水気を切った種をフライパンに入れ、弱火で煎ります。
ポップコーンのようにはじけるので、蓋をしてください。
味見をしながら「ポリッ・カリッ」と音がするまで煎り、振り塩をしたら完成。


スイカの賢い切り方を紹介します!
スイカは中心部が甘いため、うまく切り分けないと味にバラつきが出てしまいます。
均等に甘い部分が行き渡る切り方を紹介するので、ぜひお試しください。
また、種を取り除くのが手間という方のために、種が切断面に現れる切り方にしています。



スイカのヘタ部を寝かせて上から垂直に半分に切ります。
切った断面をよく見ると、渦巻き状の「維管束(いかんそく)」が3または4つあります。
今回は、維管束が4つの場合で説明します。
スイカの種は維管束の両脇の16本の線状に沿ってあります。
よって、糖度が集中する中心部より放射状に三角形16等分にカットすると種が断面に現れるので、取り除きやすくなり、甘い部分も均等に配分できます。
また、大きなスイカになるほど、切っている途中でひび割れしてしまうことがあります。
包丁のアゴ(直角部)でヘタの付け根や真下部に複数切れ目を入れてから、半分に切る「逃げ包丁」と呼ばれる切り込みを入れると、ひび割れしづらくなります。



有機栽培のスイカが、今だけクーポン利用で10%OFF!
化学農薬も化学肥料も一切使用せずに栽培した有機JAS認証済のスイカです。
品種はカメハメハとタヒチの2種類。
カメハメハは3~4kgサイズと4.5kg~5.5kgの中玉サイズ2種類、タヒチは9.5kg~10.5kgほどの大玉サイズです。
「夏の果実の王様」とも呼ばれるスイカを食べられるのは、今が最後のチャンス。
季節の味わいをお楽しみください。



カメハメハ
スイカ
3~4kg 1玉
4,000円
→3,600円




カメハメハ
スイカ
4.5~5.5kg 1玉
4,800円
→4,320円




タヒチ
スイカ
5~6kg 1玉
4,800円
→4,320円



※クーポンIDは10couponです。
今だけの期間限定!有機栽培のスイカがクーポン利用で表示価格から10 %OFFに!
有効期限は2022年8月31日(水)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
ご注文時にクーポンIDをご入力ください。





地球環境と健康にやさしい、HIRYUおすすめ商品を紹介します。



いちじく 3pc
3,660円



玉葱 1kg
720円



パクチー 100g
740円




ゲランドの塩
780円



原料糖
740円



カレーミックス
324円




フルーツ飲料
346円



低速ジューサー
29,000円



酵素玄米炊飯器
76,780円





皆様の日頃のご愛顧に感謝いたします。
HIRYU ONLINE STOREでは、10,800円以上ご注文で本州送料無料とさせて頂きます。
また、北海道・九州・四国の方は、10,800円以上ご注文で送料が500円となります。
まとめ買いや高額商品のご注文がとってもお得になりましたので、ぜひご利用ください!

■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■






Mail Magazine Back number











































































































2021年以前のバックナンバーはこちらから