HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

地球環境と健康を一緒に学ぼう!!
HIRYU MAIL MAGAZINE
2021.6.15  ジャムにすることで得た体に有益な成分とは!!


ジャムは、日本の漬物のようにヨーロッパでは長い歴史を持っています。
砂糖と煮込むことで、そのままでは酸味が強くて食べられないような果物が美味しく食べられたり、保存食としても重宝され、安い砂糖が入るようになってからは家庭でジャムづくりが盛んに行われるようになりました。
日本ではジャムは、糖だけで栄養がないと思われがちですが意外な栄養があります。
今回は、ジャムについて紹介していきます。

ジャムの歴史
ジャムの歴史は古く、今から1万~1万5千年前、旧石器時代後期の人類が、みつばちの巣から蜜を取り、蜜を使って果実を煮たことが、現在のジャムの起源であるとされています。
日本には、宣教師が16世紀後半にもたらしたと考えられます。
日本で初めてジャムをつくったのは、明治10年、東京の新宿にあった勧農局で、いちごジャムを試売しました。
企業としての始まりは、その4年後、1881年(明治14年)のことで、長野県人により缶詰のいちごジャムがつくられました。
以来、長野県はジャムづくりが盛んになりました。

ジャムが固まる原理
ジャムが独特のやわらかなゼリーのような状態に固まるのは、果物に含まれるペクチンと関係があります。
ペクチンは植物に含まれる複合多糖類で、食物繊維の1種です。
ジャムは、適度にゼリー化した状態の中で織りなす酸味と甘味がおいしさのポイントです。
ジャムに砂糖を加えるのは、甘味を付けるだけでなく、酸とともに砂糖がペクチンを編み目のようにつなぎ、その編み目の中に水を抱え込んでしまうことにより、ゼリー化を促進します。
また、ジャムは、保存性に優れた食品として知られていますが、この保存性は、砂糖には抱え込んだ水分をなかなか放さないという性質があるために、微生物が細胞の水分を奪われて活動できなくなることによるものです。
砂糖をたっぷり使ったジャムや砂糖漬が腐りにくいのはこのためです。

ジャムの力
食物繊維としてのペクチンの特性は、私たちの健康維持に非常に重要な役割を担っているのです。
ペクチンには整腸作用があり、下痢や便秘を予防する効果があります。
また血液中のコレステロール、なかでも悪玉と呼ばれているLDLを下げる働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病にもよい効果を上げるといわれ注目を集めています。
ジャムは、加熱して作るので壊れてしまう栄養素がありますが、食物繊維やポリフェノールの成分の変化は殆どありません。
例えば、ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種、アントシアニンは有名です。
ブルーベリージャムが大好物で毎日たっぷりとブルーベリージャムを食べていたパイロットが夜間飛行を行った際に「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と証言しました。
その話から、イタリア、フランスの学者が研究をし、その結果、野生種のブルーベリーのアントシアニン色素が、人間の眼の働きをよくする効能があることが分かりました。

人間の網膜には、ロドプシンという紫色の色素体があり、このロドプシンが光の刺激を脳に伝え「物が見える」と感じているわけです。
ところが、眼を使っているとロドプシンは徐々に分解されてしまいます。
また、年をとることによってだんだん減少していくこともわかりました。
アントシアニン色素を摂取すると、このロドプシンの再合成作用が活性化されることで眼の疲労がとれ、視野がぐっと広がり、夜間でも暗闇に目が慣れる時間が早くなるという効果が期待できるのです。

ブルーベリーが人間の眼に効くという以外に、強力な抗酸化作用があることが注目されています。
ガンや脳卒中など、成人病の発病、あるいは老化やさまざまな症状には、かなりの割合で活性酸素が関与しているといわれます。
この過剰に発生した有害な活性酸素を抑える働き(抗酸化作用)、または活性酸素を消去する作用を、ブルーベリーのアントシアニン色素が強力に持っていることが実証されたのです。
この色素の抗酸化性を、ビタミンE、茶タンニンなどと比較した最近の研究の結果、ブルーベリーのアントシアニン色素は、これらに匹敵するか、または上回る強い活性があることがわかりました。
米国農務省に属する栄養研究所の発表によると、米国産の43種類の果実と野菜の抗酸化作用を比較したところ、ブルーベリーが最高値を示し、ナンバーワンであることも証明されました。
活性酸素と深い関わりのある種々の疾患、たとえばガンや自己免疫疾患、心臓血管系疾患などの予防、改善、また老化防止などに有効であると期待されます。

ジャムにすることで得られた体に有益な成分
糖を煮詰めることで得た成分は「メラノイジン」です。
発芽酵素玄米でも得ることのできるメラノイジンは、抗酸化作用、活性酸素消去活性、ヘテロ環アミノ化合物(発癌物質)に対する脱変異原活性( DNA や染色体に損傷を与え突然変異を起こす物質を変異させる効果)があります。
またメイラード反応によって生じたアミノ酸の一種であるトリプトファン・グルコース反応液の抗酸化能力は、ビタミンEよりも強く、合成抗酸化剤のBHA、BHTに匹敵する効果があるとされています。
味噌・醤油・酢・味醂・納豆などの発酵食品の着色もアミノカルボニル反応によるメラノイジンであり、着色度が高いほど効果は高いです。

メラノイジンの多彩な生理機能要点(日本栄養・食糧学会誌"メラノイジンの生理機能"参照)
●肝臓及び血液のコレステロール低下作用
●耐糖能改善効果(血糖値の急激な上昇を防ぐ⇒糖尿病予防)
●インスリン分泌促進(糖尿病予防)
●アンジオテンシンI変換酵素の活性阻害(血圧上昇抑制)
●リパーゼ(脂質分解酵素)活性阻害(肥満や高脂血症予防)
●効酸化作用(還元力が強い)
●活性酸素消去能
●発癌物質ニトロソアミン生成抑制

保存食として有益なジャムが今までなくならずに作られてきたのは、美味しいだけでなく体にも有益でありました。
有機アガベジャムを使ったヴィーガンクレープレシピを紹介します。



HIRYU style [ organic gluten-free ] VEGAN RECIPE
生玄米のクレープ
食物繊維が豊富なので血糖値をあげにくい。
動物性の物を一切使用していないヴィーガンクレープ。
【生地10枚分の材料】
玄米 220g
豆腐 150g
豆乳 50g
ソイミルク 20g
原料糖 10g
レモン果汁 10g
■油 5g
■片栗粉 大匙1
ビオソルト ひとつまみ
■水 50g~
■クレープ生地を焼くように油(サラダ油) 適量

【クレープの具の材料】
■豆腐 1丁
メープルシロップ 大匙2
ココナッツオイル 大匙2
塩(セルマリン) ひとつまみ
■ジャム 適量
アーモンド 適量

【作り方】
①玄米を分量外の水で6時間程浸水させます。
②玄米の水を切り、玄米と他の記事の材料を全て真空ブレンダーに入れ、滑らかになるまで撹拌します。
③フライパンに油を薄くひき、②を円状に流し、弱火で両面を焼き、バッドに上げ冷まします。
④豆腐、メープルシロップ、ココナッツオイル、塩ひとつまみをフードプロセッサーに入れ、艶が出るまで撹拌します。
⑤クレープ生地に、④のクリーム、ジャム、砕いたアーモンドをのせ巻いたら完成。




有機アガベと有機フルーツでつくったジャムが、今だけIDクーポン入力で10%OFF!!
有機アガベジャム ストロベリー
1個¥712 → クーポン利用で 10%OFF SALE ¥641
有機アガベジャム ブルーベリー
1個¥712 → クーポン利用で 10%OFF SALE ¥641

※クーポンIDは10couponです
今だけの期間限定!有機アガベジャム10%OFFに!
有効期限は6月22日(火)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
会員登録後、ご注文時にクーポンIDを入力ください。



健康づくりに役立つ果物と商品を紹介します



有機煎茶
980円



わら納豆
1,320円



黒酒酢
4,104円




ココナツバター
1,512円



キャベツ
460円



キウイ
1,900円




さて、本日はHIRYU還元セールで5%OFFの日!
本日紹介した有機アガベジャムも、その他こだわりの食品や生活品も、お得に購入できます。
※クーポンIDはkangensaleです。
PremiumNew圧力名人と一部商品は対象外となります。ご了承ください。

HIRYU公式ストア限定!
「5と0のつく日」は5%OFFの日!




■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■










Mail Magazine Back number