HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

地球環境と健康を一緒に学ぼう!!
HIRYU MAIL MAGAZINE
2021.3.7  つらい花粉症に、精油の力


日本の「春の風物詩」と言われるほど多くの人がかかっている、花粉症。
全国15~79歳の男女1,200人を対象に行った2018年の調査では、36%もの人が花粉症であるという結果が報告されました。
いまや日本の国民病とも呼ばれる花粉症ですが、その歴史は浅く、「新しい病気」として初めて報告されたのは1960年代。
そこからわずか40年間で花粉症は激増し、現在に至っています。
その理由として、排気ガスなど環境の影響や、食生活が影響していると言われています。
20~40歳代を中心に症状が見られていた花粉症ですが、近年は15歳以下での発症が急増しており、低年齢化が指摘されています。



花粉症の治療
別名「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれる花粉症は、アレルゲンである花粉に対する免疫反応によって起こります。
その治療法としては、抗アレルギー薬や点眼薬などの服用や、微量な花粉エキスを皮下注射や舌下投与して花粉に慣れさせていく「減感作療法」、そして辛い症状を抑え込むために行うステロイド注射などがあります。
しかし、アレルギー症状を完治するのは難しく、重大な副作用が懸念されている治療法もあり、花粉症は増え続けているのが現状です。

ナチュラルに花粉症を緩和するには
薬や注射などに頼らず花粉症の症状を和らげるには、食事やアロマを使った方法があります。
まず食事については、腸内環境を整えて免疫力をアップする乳酸菌や食物繊維、ビタミンDを摂取することが有効です。
ヨーグルトやキノコ類、梅干し、海藻やゴボウなどが当てはまります。
甜茶やドクダミ茶、ベニフウキ茶などのお茶を飲む方も増えています。
花粉症が発症する3ヶ月ほど前から食べ始めるのが理想なので、ご自分でできる対策として、年末頃から花粉症対策の食事を意識してみましょう。
そしてもうひとつ、欧米を中心に日本でも急速に広まっているのが、天然のエッセンシャルオイル(精油)によるアロマテラピーです。



0.2秒で脳に到達する香りの力
古代から、世界中で植物の香りは薬として使われてきており、日本でも、芳香植物を「香薬」と呼んで利用していました。
そして近年、「芳香療法」を意味する「アロマテラピー(アロマセラピー)」は、民間療法としてだけではなく、フランスやベルギーでは医師が行う医療行為となっています。
エッセンシャルオイル(精油)の香り成分はわずか0.2秒で脳に作用し、数分で血液にまで到達します。
エッセンシャルオイルは、単なるリラックスのオイルではありません。
100%天然成分のエッセンシャオイルを、生活の中にとりいれてみて下さい。

花粉症対策に!エッセンシャルオイルの有効な使い方
エッセンシャルオイルには、様々な使用方法があります。
●芳香浴
ディフューザーやアロマポット、アロマキャンドルなどを使って部屋中に香りを拡散させます。
水や火を使うものもから、電気で拡散させるもの、エッセンシャルオイルを染み込ませて使うものなど、たくさんの種類があります。
●お湯に垂らす
ディフューザーなどを持っていない方は、マグカップにお湯を入れ、そこにエッセンシャルオイルを数滴たらして鼻から吸い込んでください。
簡単な方法ですが、心と体にしっかりと効果が行き渡ります。
●バスソルトに混ぜて入浴
スパソルトビューティーソルトのようなバスソルトで乳化して、入浴や手足浴します。
●スプレー
水やエタノールと一緒に精油をブレンドし、マスクや空間にスプレーして使う方法もあります。
こちらも塗布と同様に、専門家の意見を聞きながら行うことが重要です。
●塗布
ホホバオイルやオリーブオイルなど、ベースとなるキャリアオイルにエッセンシャルオイルの原液をブレンドして、塗布します。
ただし、専門家の意見を聞きながら、毒性や危険性についての正しい知識を踏まえた上で、安全性を守って御利用いただくことが大前提です。

花粉症に効果のあるブレンドレシピ
花粉症に効果のあるエッセンシャルオイルをブレンドして、安全に塗布する方法を紹介します。
下記レシピは医師による処方例ですが、症状や様子を見ながら用法・用量に注意し、自己責任でお試しください。

例1)花粉症に…
ユーカリ・ラディアタ 2ml
ユーカリ・ディベス 2ml
ペパーミント 1ml
リトセア 1ml
※鼻の両脇に1滴を塗布。
または、胸に3~4滴を塗布。

例2)のどが痛いときに…
ユーカリ・ラディアタ 15滴
ティートゥリー 15滴
レモン 10滴
ラヴィンサラ 10滴
※1日3回2~3滴程度、下あご中心から左右にリンパを流しながら鎖骨下まで塗布。



花粉症に効果のあるエッセンシャルオイル
ユーカリ・ラディアタ
ユーカリ・ラディアタ精油の70%ほどを占める1,8シネオールという成分は、痰や咳を抑え、花粉症や気管支炎を改善すると言われています。
抗ウイルス作用や抗菌作用があることも明らかになり、免疫調整作用も期待されています。
その効果から、のど飴やトローチ剤にも配合されており、優しく清涼感のある香りが特徴です。
リトセア
リトセア精油に含まれるシトラールには、かゆみや鼻水、アレルギーの原因となるヒスタミンの作用を抑える効果や、抗菌作用、鎮静作用があります。
甘く爽やかなシトラス長の香りで、憂鬱な気分を忘れさせてくれます。
ペパーミント
鼻炎や副鼻腔炎、鼻づまりを解消し、鼻の通りをスッキリと良くしてくれます。
甘く清涼感のあるメントールの香りは、花粉症でイライラした心や疲労感も和らげます。
ティートゥリー
風邪やウイルス、咳、喘息などの緩和に効果があるティートゥリー。
免疫力も高めます。
沈んだ気分から立ち直らせる効果のある、フレッシュでスパイシーな香りです。
ラベンダー・スーパー
咳や喘息を緩和し、肌の炎症を抑える働きもあります。
ストレスや疲労感をなくし、心地よい眠りにつくことができます。
ラベンダーの種類の中ではスッキリとした甘さのある、フルーティーな香りです。


辛い花粉症を、エッセンシャルオイルで緩和してみませんか?
薬や注射で効果がない方や、副作用が気になる方、ナチュラルな方法で治したい方などは、エッセンシャルオイルを使ってみてください。
日本では雑貨扱いのエッセンシャルオイル(精油)ですが、フランスなど海外ではメディカルとして医師の処方に基づき、薬剤師が調剤してカプセルに入れて内服、座薬、湿布、などに使います。
HIRYUで取り扱っているエッセンシャルオイルは、産地や気候によって異なる含有成分を化学的に分析して、特徴的な成分の含有率で植物を分類・同定されたケモタイプのエッセンシャルオイルです。
栽培時に農薬や化学肥料なども使用していません。

アロマとディフューザーを、今だけクーポン利用で10%OFFで販売します!

※クーポンIDは10couponです。
エッセンシャルオイルやディフューザーなどアロマ製品がクーポン利用で10%OFFに!
有効期限は2021年3月15日(月)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
会員登録後、ご注文時にクーポンIDを入力ください。





100%天然精油使用 専門家がブレンドしました
花粉対策 アロマスプレーG-9# 45ml
2,750円 → COUPON SALE 2,475円



100%天然成分エッセンシャルオイル 精油
ユーカリ・ラディアタ 5ml
1,980円 → COUPON SALE 1,782円




天然エッセンシャルオイル
ラベンダーアングスティフォリア 5ml
2,750円 → SALE 2,475円



天然エッセンシャルオイル
ラベンダー・スーパー 5ml
2,640円 → SALE 2,376円



天然エッセンシャルオイル
ペパーミント 5ml
2,090円 → SALE 1,881円




天然エッセンシャルオイル
ラヴィンサラ 5ml
2,750円 → SALE 2,475円



天然エッセンシャルオイル
ティートゥリー 5ml
1,870円 → SALE 1,683円



天然エッセンシャルオイル
リトセア 5ml
1,980円 → SALE 1,782円




天然エッセンシャルオイル
フランキンセンス 5ml
3,300円 → SALE 2,970円



天然エッセンシャルオイル
カモマイル・ローマン 5ml
4,400円 → SALE 3,960円



天然エッセンシャルオイル
サンダルウッド 3ml
6,050円 → SALE 5,445円




100㎡程度までの広い場所へ
ディフューザー ブレッザ 1台
9,900円 → SALE 8,910円



木製ディフューザー
スペアどんぐり 3個入
1,100円 → SALE 990円



木製ディフューザー
ラッテ・ダロマ 1個
1,650円 → SALE 1,485円


ほかにもたくさんのエッセンシャルオイルを販売中。
こちらからご覧ください。
暖かくなってくると訪れる春の花粉症に、悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
少しでもナチュラルな治療をしたい方は、アロマテラピーを試してみてください。



■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■








Mail Magazine Back number