HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

地球環境と健康を一緒に学ぼう!!
HIRYU MAIL MAGAZINE
2021.2.7 ブラッドオレンジで、コロナ太りしにくい体づくりを


新型コロナ感染予防による外出自粛やテレワークの影響下で、よく耳にする「コロナ太り」。
原因は、在宅時間が長くなったことによる運動不足や食事量・間食・飲酒の増加、ストレスなどが挙げられています。
健康管理アプリ利用者2800人の体重と体脂肪率の変化をみた調査では、5ヵ月間で約60%の人の体重と体脂肪率が増加したことが分かり、ニュースになりました。
また、健康雑誌や企業による市民へのアンケート調査でも、おおよそ6割が「コロナ太りした」と回答しています。
NTTデータが行ったTwitterデータの分析では、「コロナ太り」関連の総話題量は112,487ツイートされていることが分かり、悩む人の多さと関心の高さがうかがえます。
専門家は「テレワークが普及する一方、このままの状態が続くと、肥満、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を発症するおそれがある。コロナ感染の予防は最優先だが、こうした2次的な健康被害についても懸念される」と警鐘を鳴らしています。
肥満や糖尿病患者は、新型コロナウイルス感染した場合の重症化・死亡リスクが高いと言われているため、コロナ感染だけでなく「コロナ太り」を予防/改善することが重要です。


緊急治療室に運び込まれる新型コロナウイルス感染患者(ニューヨーク市)(写真:ロイター/アフロ)

肥満や糖尿病はコロナで重症化しやすい!?
新型コロナウイルス感染症の重症化リスクとなる基礎疾患として、癌、慢性腎臓病、慢性閉塞性肺疾患、臓器移植による免疫不全状態、心不全、冠動脈疾患などの心疾患以外に肥満(BMI25超)と2型糖尿病が挙げられています。

肥満と新型コロナウイルス感染症の関係
米国疾病予防管理センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の報告によると、2020 年 3 月に14の州で入院した新型コロナ患者の48.3%が肥満であり、アメリカ人口における肥満の割合(年齢層により 40.0∼44.8%) より少し高い割合であることから、肥満が新型コロナウイルス感染率を上げる可能性が想定されています。
実際、肥満と新型コロナウイルス感染症の関係をデータ解析した結果では、BMI* が 25超の人はBMI25未満に比べて人工呼吸器管理になるリスクが高いことが示されています。
また、2020年11月に中国の研究者らによるデータ解析においても、肥満は感染、入院、集中治療室への収容、人工呼吸器の装着、病院での死亡のいずれのリスクも増加させており、肥満が新型コロナウイルス感染症を重症化させやすい傾向があります。
*BMI(ボディマス指数)とは
体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。
身長÷体重×体重で計算され、単位は[kg/m²]になります。
日本肥満学会では、BMI 18.5未満を低体重、18.5∼25未満を標準体重、25∼30未満を肥満、35以上を高度肥満に分類しています。




糖尿病と新型コロナウイルス感染症の関係
糖尿病はコロナ感染率には大きく影響しないと考えられていますが、糖尿病があると新型コロナウイルス感染症の重症化や死亡のリスクが 2∼2.5 倍にまで高まることが報告されています。
くわしく血糖値との関係をみると、中国で7,337人の糖尿病患者の血糖コントロールが不良なグループは、糖尿病がないコロナ患者や血糖コントロールが良好な糖尿病患者グループに比べて、死亡率が4倍以上の11.1%という結果が報告されています。
このことから、糖尿病であっても、血糖コントロールをしっかり管理して毎食後 2 時間血糖値を 180 mg/dL 以下、HbA1c7.3%以下に抑えることで、コロナ重症化・死亡リスクを高めないようにしておくことが大切です。
■血糖コントロール不良グループの条件
空腹時血糖値 70 mg/dL 以上で食後 2 時間血糖値 180 mg/dL 超(平均HbA1c*値8.1%)
■血糖コントロール良好グループの条件
空腹時血糖値 70 mg/dL 以上で食後 2 時間血糖値 180 mg/dL 以下(平均HbA1c値7.3%)
*HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは
血液中のブドウ糖が赤血球内のヘモグロビンに結合して生じる糖化ヘモグロビンの存在割合を総ヘモグロビン量に対するパーセントで表した数値です。


BMIの計算値とHbA1cの数値は、自宅でも簡単に血液検査*ができます。
*血液検査セット(メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック)
新型コロナウイルスの爆発的な増加により、癌などコロナ以外の病気の方が適切な治療を受けられない状態が続いています。
病院へ行くことなく、好きな時間にどこででも血液検査できることから、今後は血液検査のリモート化が推奨されます。


「抗肥満食」の継続摂取で肥満や糖尿病になりにくくすることが期待されています!!
運動不足な状態で高カロリー、高脂肪食を摂り続けていると、褐色脂肪組織が蓄積し、肥満症になります。
このようにならないために、一般的には、摂取カロリーを減らして、脂質の量を減らしましょう、と言われますが、実はそれ以外の方法があります。
それは、「抗肥満作用」をもつ食品を継続的に食べること。
その1つが「ブラッドオレンジ」です。

ブラッドオレンジの抗肥満作用
シチリア島特有のブラッドオレンジのモロ種の果実抽出物には、"ブラッド"の名のとおり果肉の赤紫色を生み出すアントシアニンや、ヒドロキシケイ皮酸、フラバノン類、ビタミンCが含まれ、これら成分の相乗作用によって脂質低下・体重減少作用を示すことが論文報告されています。
この有効性を発揮するための成分の構成比率は、ブラッドオレンジのモロ種独自のものと考えられています。
実際に、ローマ大学が実施したヒト対象(BMI 25∼35の健常人)の12週間にわたる試験において、ブラッドオレンジのモロ種の果実抽出物の摂取4週間でBMIが低下し、体重、ウエスト・ヒップ周りの脂肪も減少が確認されました。
このことから、ブラッドオレンジの継続的な摂取で、抗肥満効果が期待されています。



ブラッドオレンジとは...
ブラッドオレンジの原産はイタリアのシチリア島。
一般的なオレンジよりも果実が小さく、柑橘の中で唯一アントシアニン色素(赤ワインに多く含まれるポリフェノール)があり、紫色と橙色の果肉であることから、輪切りにすると色調を楽しめます。
フルーツやカクテルでは美しく上品な印象を与えてくれます
品種は「モロ種」と「タロッコ種」の2種あります。

モロ種
食べ頃は2月~3月。
濃紫色と橙色の果肉は、ほどよい酸味と甘みがあり、濃厚で独特な香り。

タロッコ種
食べ頃は3月~5月。
薄赤紫色と橙色の果肉は、ほどよい酸味と濃い甘さがあり、オレンジに似た香り。



日本で初めて無農薬栽培に成功した貴重なブラッドオレンジ
生産者である高木博士は、京都大学農学部を卒業後、愛媛県農林水産研究所の果樹研究センターみかん研究所の初代所長を務め、愛媛県の特産である柑橘栽培の研究に取り組んできました。
そして、寒暖の差が激しい愛媛県宇和島市で、農薬や化学肥料、除草剤を使わずに、ミカン・レモン・八朔・河内晩柑・ブラッドオレンジ...など12毛作の柑橘栽培に成功した柑橘博士であり、日本で初めて無農薬栽培のブラッドオレンジ栽培に挑戦し、成功しました。
『気候や土壌に合った栽培方法で自然に任せて育てていくと、農薬を一切使わずに収穫ができる。少しでも美味しくなるように、見た目が悪くなっても樹上完熟に拘り、糖度を高める。
見た目よりも「安心・安全・美味しい」の価値が分かり、必要とする者へ届けられればよい』
高木博士が拘る樹上完熟栽培は言葉の通り、他の自然栽培の柑橘よりも味が濃く、果皮も食べることができることからファンも多く、果樹園へのボランティア参加も多くいらっしゃいます。
高木博士は日本の農業従事者減少を気にされており、全国を講演されたり、農地へのアドバイス、ボランティア参加者など若い世代に積極的にご指導されており、日本の未来の農業に非常に貢献されている博士です。



無農薬の樹上完熟ブラッドオレンジを今だけクーポン利用で最大33%OFFで販売します
毎年大人気!農薬も肥料も使わない自然栽培の希少なブラッドオレンジのモロ種が旬の時期を迎えたので、今年の販売を開始いたします。

クーポン利用で、通常価格から最大33%OFF SALE!!
愛媛県産 自然栽培(無農薬・無肥料) ブラッドオレンジ
1kg購入で¥1,280 → クーポン利用で 12%OFF SALE ¥1,125
3kg購入で¥3,840 → クーポン利用で 19%OFF SALE ¥3,105
5kg購入で¥6,400 → クーポン利用で 26%OFF SALE ¥4,725
10kg購入で¥12,800 → クーポン利用で 33%OFF SALE ¥8,550

※クーポンIDは10couponです。
今だけの期間限定!ブラッドオレンジが通常価格から最大33%OFFに!
有効期限は2月15日(月)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
ご注文時にクーポンIDをご入力ください。



肥満を気にされている方にもおすすめの、低GI食品を紹介します。
HIRYUの商品はすべて無農薬・無化学肥料(無肥料)、無添加です。



無農薬・無化学肥料 EM農法
令和2年産 あさひのゆめ玄米
10kg 7,280円



青森 自然栽培(無農薬・無肥料)
紅大納言小豆
700g 2,870円



フランス産 ゲランドの塩
グロ・セル(粗塩)
800g 711円




小麦不使用 無農薬栽培
発芽玄米麺(細麺・中麺・平麺)
100g×5袋 2,000円



国産 自然栽培(無農薬・無肥料)
十割玄蕎麦「龍の髭」
150g×3袋 2,220円



令和2年産 きぬのはだ使用
玄米切餅
10枚入×5袋 4,400円




無農薬サトウキビ使用
HIRYUの原料糖
500g 740円



オーガニック ノンカフェイン
キャロブパウダー
200g 480円



オーガニック 食塩不使用
ローストアーモンド
200g 1,566円


コロナ太りをしづらい体づくりに、今が旬のブラッドオレンジがオススメです。
ブラッドオレンジを使った料理レシピを商品ページに紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。



■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■






Mail Magazine Back number