HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

HIRYU MAIL MAGAZINE
2020.12.27 大雪や停電時に、ひとつは持っておきたい必需品



年末年始、大雪や停電による被害が心配されています
12月21日に中国で大停電が起こり、厳しい寒さの中、生活に大きな支障が出たというニュースがありました。
報道によると、一部の地域で電力の使用制限を行っており、敢えて停電をさせているとのことですが、日本でも災害の影響でいつ停電になるとも限りません。
実際、昨年の台風15号では、千葉県に長期にわたる大停電が起こり、一般家庭はもちろん、病院や介護施設などに大きな被害をもたらしました。
その際、千葉県匝瑳市の太陽光発電所で「充電ステーション」が開設され、誰でも無料で携帯電話やスマートフォン、ノートPCなどの充電を行えるようにし、「スマホの充電に救われた」という声が多かったと言います。
現在、気象庁の発表によると、12月30日頃から年明けの1月5日頃まで、数年に一度レベルの強い寒気によって、今月中旬の関越の大雪以上の大雪が日本列島を襲うということで、警戒を呼び掛けています。
大雪に伴う停電も危惧されており、年末に向けて急ぎの対策が必要です。
さらに、トランプ大統領の弁護団の一人であるリンウッド弁護士が、12月14日のTwitterで、
「多くの水、食料、懐中電灯と電池、ろうそく、ラジオ、修正第2条の備品(銃)、地域の指導者と会う計画があることを確認してください。」と呼びかけたことも話題となっています。
今年は、新型コロナウイルスの影響で、国や市町村から「静かな年末年始」を推奨されており、人と会わずに過ごす方が多いと思われる分、災害や停電でスマートフォンの充電ができず誰とも連絡が取れないことは避けたいものです。
また、電気がなくて暗闇の中で過ごすことは精神的にも大きな不安を生みます。
「備えあれば憂いなし」いざというときのために、備えておくことが必要です。

災害時に役立つモバイルバッテリー機能付きLEDライト
地震や台風、長引く停電など、今までのような日常生活が送れなくなることが実際に起きています。
こんな時代だからこそ、HIRYUでは防災も考え始めました。
防災の必需品として、現代では「モバイルバッテリー」が挙げられます。
今年の夏から秋に発生した台風の際も、ニュースなどで「モバイルバッテリーを準備しましょう」とアナウンスされていました。



HIRYUが選んだ商品は、「LUMENA2」。
ただのモバイルバッテリーでもなく、懐中電灯でもない。
大容量モバイルバッテリーとしても使えるLEDランタンです。



発光色は3色を用途により選べます
LUMENA2の発光色は3色(昼光色・昼白色・電球色)×4段階の明るさの12パターン。
物をはっきり見ることができる昼光色、読書もできる自然な昼白色、落ち着く暖色(電球色)など、用途によりボタンひとつで選択可能です。
昼光色・昼白色・電球色は、色温度が違います。
色温度とは光の色を数値化したもので、K(ケルビン)という単位を用いて表したものです。
LUMENA2の色温度は、昼光色(5700K)・昼白色(4500K)・電球色(3000K)の3色あり、昼光色の方が色温度が高く、昼白色の方が色温度が低いということになります。



最大1500ルーメンの明るさだから、停電時にもLUMENA2だけで生活ができます
昼光色・昼白色・電球色の各色ごとに、明るさ4段階を切替できます。
光量1の100ルーメンの明るさで点灯した場合は約100時間、光量4の1500ルーメンで点灯した場合でも最大8時間点灯可能です。
光量1の明るさにしたまま不在の部屋に置いておくと、24時間点灯した状態で約4日間維持することができるので、防犯にも役立ちます。
電気代は約1円で家の照明を使うより節約できます。
上写真は、昼光色の光量1と光量4を部屋で点灯した明るさです。
光量1でも昼光色だと白く明るく感じますが、光量4にすると、LUMENA2だけで生活ができる明るさです。
停電時に、ロウソクや懐中電灯だけだと手元しか照らさず、生活は困難です。
LUMENA2があれば、不自由なく過ごすことができます。



点灯しながらスマホを充電できます
災害時の照明として使いながら10,000mAhの大容量モバイルバッテリーとしてスマホも充電できる優れもの。
iPhone8なら3.8回、iPhoneXなら2.5回、iPhone11ProMaxなら1.7回、フル充電できます。
さらに、LUMENA2自体を充電しながら点灯することも可能です。
PCのUSBポートや車のシガーソケットから充電可能なので、災害などで車中泊になった場合にも便利です。
USB充電器を購入すれば、コンセントからも充電可能です。



防塵・防水のLEDランタンです
防塵・防水のIEC(国際電気標準会議)規格はIP67。
これは、粉塵が内部に侵入せず、水深1mの深さの時に常温で30分沈んでも防水可能であるということです。
HIRYUでも、雨の日に1日中外に吊るしておいたLUMENA2が、壊れることはありませんでした。



フック、磁石、三脚、取り付け方いろいろ
フックを立てて吊るして使うのが標準の使い方ですが、付属のカラビナを使うとより吊り下げやすくなります。
LUMENA2にはネジ穴が付いているため、三脚やカメラなどに取り付けることができ、上からぶら下げるだけではなく、その場を全体的に照らすことができます。
また、付属の磁石フックを使うと、引っかける箇所のないテントでも、テント外側に磁石、内側にLUMENA2で生地を挟めば、テント室内に取り付けることができます。


このLUMENA2に、HIRYUオリジナル特典としてTYPE-Cのスマホにも適合する充電ケーブルをプレゼントします!




本体色はメタルブラック、メタルブラウン、メタルグレー、迷彩ブラック、迷彩グリーンの5色。
キャンプなどに使う場合は、2台ほどお持ちになる方が多いです。
お好きな色をお選びください。


災害時だけではなく、キャンプや車中泊でも大活躍。
防水なので、雨の日でも使うことができます。
電源ボタンを5秒間長押しすると、国際規格に従ったSOSフラッシュが点滅します。
ぜひひとつは常備しておいてください。

期間限定!全国送料無料にて販売します
当店だけの特典付&ポイント20倍
LUMENA2 モバイルバッテリー付LEDランタン ¥16,280


2021年1月3日(日)8:59のご注文分まで全国送料無料!
沖縄・離島は別途送料がかかりますので、お問合せ下さい。

今ならオリジナル特典(USB Type-C)ポイント20倍&(3,256円分)プレゼントします!


【LUMENA2の正規オプション品】
LUMENA2の光を柔らかくしたい方には、専用の「ランタンシェード」をおすすめします。



光をより優しく拡散させ目の疲れを軽減し、屋外または屋内でムードのある空間演出が可能なLUMENA2専用モジュールです。
ぜひLUMENA2とあわせてお使いください!
【正規品】LUMENA2 専用ランタンシェード ¥1,980 のご購入はこちらから




LUMENA2と専用ランタンシェードのセットも販売中。
セットで購入すれば、2021年1月3日(日)8:59のご注文分まで全国送料無料!
LUMENA2 +専用ランタンシェードset ¥18,260 全国送料無料 のご購入はこちらから

今ならオリジナル特典(USB Type-C)&ポイント20倍(3,652円分)プレゼントします!


普段の食事はもちろん、災害時にもナチュラルな自然食品を食べたい方へ
災害時や外出自粛に備えるには、食べ物の確保も大切です。
HIRYUプライベートブランド商品の「玄米餅」や「玄米麺」、「十割蕎麦(乾麺)」は保存食としてキッチンに常備し、災害時以外は普段の食事で美味しく食べて頂くことができます。
HIRYUでは、無農薬、無添加、天然などナチュラルなものだけを扱っています。
安心してお使いください。



秋田県産 無農薬・無化学肥料
金のいぶき 玄米
10kg 9,500円



無農薬の玄米とジャガイモ使用
玄米麺(細・中・平麺)
100g×10袋 2,400円



令和2年産 無農薬・無化学肥料
玄米切餅
10枚入×5袋 4,400円




国産 自然栽培(無農薬・無肥料)
十割玄蕎麦「龍の髭」乾麺
150g入 760円



昔ながらの天然わら納豆
吟醸納豆ふくふく(小粒)
300g 1,350円



自然栽培(無農薬・無肥料)
紀州 自然梅
500g 3,150円




木村秋則式 自然栽培
無農薬・無肥料 玄米粉 500g
680円



オーガニック
有機デーツ デグレット・種なし
100g 540円



EMX GOLD10ml配合の軟水
EM WATER 500ml×24本
3,960円 全国送料無料


新型コロナウイルスに加え、年末年始には強い寒気と大雪の予報が出ています。
静かな年末年始が推奨されている中、一人で過ごすという方も、いつでも誰かと連絡が取れるよう万全に備えておきましょう!
HIRYUは、本年は12月31日(木)まで出荷します。
どうぞご利用ください。



■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■






Mail Magazine Back number