HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

HIRYU MAIL MAGAZINE
2020.12.17 玄米に拘るなら、お正月の餅も「玄」にしませんか?



古墳時代にはすでに食べられていたというお餅。
一粒一粒の稲に宿る霊魂の集まりが餅であり、餅には生命を再生させる霊力があるという「稲霊(いなだま)信仰」により、平安時代にはすでに、祭りや祝い事のあるハレの日には餅が食べられていました。
現在でも、正月に飾る鏡餅には、その年の歳神様が宿ると考えられています。
古来より、日本人と稲作は深い関係にあります。
まずは、日本の食生活を旧石器時代から振り返ってみましょう。

日本人の主食の変化
旧石器時代 : シカ、ゾウ、ウサギなどの獣肉
縄文時代 : 木の実や果物、貝類、魚類
弥生時代 : コメを中心にアワ、ヒエ、ムギなどの穀物
古墳時代 : お粥、雑炊、コメを蒸した「強飯(こわいい)」という赤飯のようなご飯
飛鳥・奈良・平安時代 : 貴族は臼と杵を使って簡単に精米した分づき米、下級役人と庶民は玄米
鎌倉時代 : 貴族は臼と杵を使って簡単に精米した分づき米、武士は玄米、庶民はアワ、ヒエ、ムギなどの穀物
南北朝・室町時代 : 貴族は臼と杵を使って簡単に精米した分づき米、武士と庶民は玄米や麦飯
戦国・安土桃山時代 : 公家は臼と杵を使って簡単に精米した分づき米、武士と庶民は玄米や麦飯
江戸時代 : 大名や江戸の庶民は白米、地方では少しの玄米に雑穀を混ぜたかて飯、雑炊など
明治・大正時代 : 都市部では白米、地方では玄米や麦飯が多い
昭和時代 : 初期は玄米の家庭も多かったが、後期は白米
平成時代 : 白米を中心に、麺類、パン類など多様化

このように、弥生時代に稲作が始まった日本では、現在までずっと主食は「米」です。
しかし、現代人のような白米は食べてきませんでした。
昔は、武士や庶民は玄米や雑穀を食べ、貴族は臼と杵で簡単に精米した分付き米を食べていました。
その時代も、玄米と味噌汁を食べていた武士は体力があり健康で、分付き米を主食にしていた貴族は短命だったといいます。
そして、江戸時代、精米技術と流通システムが進化すると、江戸の人々の主食は現代のような白いご飯となりました。
すると、将軍を始め、江戸に住む庶民たちも次々と脚気で亡くなってしまったのです。
当時は原因が分からず、江戸に行くと体調が悪くなり故郷へ戻ると治ることから、この症状を「江戸患い」と呼びました。
明治時代には白米は全国に広まり、日本中で脚気患者が増加します。
脚気は結核と並び二大国民病となりました。
後に、脚気の原因が「白米が主食になったことによるビタミンB1欠乏症」だということがはっきりと報告されたのは、昭和7年になってからでした。
現在ではおかずで栄養を補っていることもあり脚気の患者は減少しましたが、本来は玄米と味噌汁と梅干しだけで武士のように戦に耐えられるだけの健康な体になることができます。
乳児の死亡率が高かったため平均寿命は短くなっていますが、医療が発達していない中、80歳を過ぎても元気に畑仕事をして、老衰で人生を終える人が多かったようです。
徳川家康を始めとして、戦国武将たちは「白米では力が出ない」と考えていました。
白米と玄米の栄養の違いは明確です。



玄米の栄養と効果
玄米には、人間に必要な栄養素である「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」「ファイトケミカル」が全てバランスよく揃っており、成分も体に有益なものばかりです。
日本総合医学会初代会長二木謙三が、「玄米は完全食である」と称するほどです。
約90%がデンプン質の白米とは違い、体が必要な分のカロリーを腸内で消化・吸収していくので、血糖値が上がらず、膵臓の負担もありません。
脂質は血中のコレステロールを下げてくれるリノール酸。
豊富な食物繊維が腸内のコレステロール、脂肪、発癌物質、有害物質などを排泄してくれます。
玄米の糠(ぬか)部分に含まれる物質RBA (Rice Bran A)は免疫力を強力に活性させ、RBF(Rice Bran F)は抗癌作用があります。
糠(ぬか)の成分であるイノシトール、γオリザノールは肝臓の働きを強め、解毒(排毒)効果を高め、放射性物質(セシウム、ストロンチウム等)を中和・解毒します。

生長機能を失った白米の普及と不妊治療の増加
稲から籾殻(もみがら)だけを取り除いたものが玄米。
稲から籾殻、糠(ぬか)まで取り除いたものが胚芽米。
稲から籾殻、糠、胚芽(はいが)まで取り除いたものが白米。
玄米を撒くと芽が出るので「生き米」といわれ、胚芽がない白米は撒いても芽がでないので「死に米」と言われています。
玄米の糠・胚芽には豊富な栄養が含まれており、精米された糯米(もちごめ)は殆どが糖分になってしまいます。
「米」に「健康」と書いて「糠(ヌカ)」と読むのに対して「米」が「白」いと書いて「粕(カス)」と読むように、精米すればするほど糖質だけになるので食べやすくはなりますが、栄養と生長機能を失い、発芽もできず、賞味期限も短くなります。
お米に限らず、小麦なども同様です。
最近は果物にしても「種無し」が多くなり、野菜も一度しか収穫できないF1種が殆どです。
夫婦の3組に1組が不妊に悩み、5組に1組が不妊治療を行い、そして2組に1組が子供がいません。
誕生した子供の16人に1人が体外受精です。
そこにも、食の影響があるのではないかと懸念されています。
HIRYUでは、農薬や化学肥料を使用せず、生長機能を失っていない還元力のある農作物に拘った酵素玄米菜食を指導させて頂いており、これまでに不妊治療を何度しても出産まで辿りつけなかったカップルが何組も念願の子宝に恵まれています。
不妊でお悩みの方は、是非1年間ほど食を改善してみて下さい。
何度も不妊治療されている女性には特にカラダを休ませる意味でもお勧めします。
他にも、幼い女子の早すぎる初潮、乳房が膨らんでしまう男子、男性の乳癌など、鶏・豚・牛・羊など畜産に使用される肥育ホルモン剤が原因ではないかという報道もされています。
カラダの細胞や組織は食べたものでつくられています。
いつの時代にも起こる健康問題の背景には食の影響が大きく関わっており、食産業と医療産業は日々発展・進化をし続けています。



健康のために白米より玄米にこだわるなら、餅も「玄」にしてみませんか?
健康志向の高まりと共に、2000年頃から発芽玄米や雑穀米を食べる方が増え始めました。
「消化に悪そう」「ボソボソして美味しくなさそう」「手間がかかる」というイメージから、「お通じが良くなる」「美肌・ダイエットに良い」「炊飯器に玄米炊きの機能が付いているから上手に炊ける」というイメージに変わってきています。
HIRYUが玄米餅を開発し、販売を始めた当初はまだほとんど市場に流通していなかった玄米餅も、新型コロナウイルスの影響で健康志向がさらに高まり、今では各メーカーから多数の商品が販売されています。
玄米の栄養価の高さは明確であると同時に、玄米餅はお米の味がしっかりと感じられる美味しいお餅です。
ジャンクフードの広まりと共に生活習慣病が急激に増加した戦後の時代を経て、これからは健康志向がさらに強まる時代です。
農薬や添加物の地球への影響も問題視されている中、地球の持続可能性が危ぶまれていることに端を発し、国際目標SDGsが世界中で実施され始めました。
地球も人類も持続可能できるように、無農薬・無添加の玄米餅がますます増えていくことを願っています。

糖尿病やアルツハイマー予防に。玄米餅は血糖値が上がりづらい「低GI食品」です
糖尿病などの生活習慣病が増加する中、健康の目安となるのが、食後の血糖値の上昇度合いを示す指標「GI値」です。
ブドウ糖を100とし、70以上は高GI、56~69は中GI、55以下は低GIに区分されます。
下のグラフは、主食となる食品のGI値をHIRYUで実測した値です。



現代人の主食とされる食パン、白米御飯、うどん、餅、そうめんは、精白されており、デンプン質が多いため高GIになり、太りやすくなります。
高GI食品の過食が続くと、血糖値を下げる為に膵臓から「インスリン」が分泌されます。
日本人は、膵臓のβ細胞機能が弱い傾向があり、インスリンを分泌する能力が欧米人の約半分という人もいます。
さらに、インスリンは食事から得ることができないので、分泌し尽きると病院でインスリンを投与しなければならなくなります。
この状態が糖尿病です。
分泌されたインスリンを分解するために「インスリン分解酵素」が分泌されます。
この酵素も食事から得ることができないので、分泌し尽きると脳の異常蛋白質を分解できなくなり、国民の4人に1人が罹ると言われているアルツハイマー型認知症になってしまいます。
そこでHIRYUでは、低GI食品の主食として、ご飯、餅、麺を開発しました。
糖尿病やダイエットなどで血糖値を気にされている方は、これらHIRYUのPB商品を主食にしてみて下さい!



コロナ禍のお正月に備えよう
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、 GoToトラベルキャンペーンの全国一時停止が決定し、年末年始を自宅で過ごす方が多いことが予想されます。
第1波、第2波の際には、「ほったらかし家電」と呼ばれる電気圧力調理器や、保存食などの需要が増える傾向にありました。
今回の第3波でも、同じように需要は高まります。
HIRYUでも、多くの著名人にご利用頂いている発芽酵素玄米炊飯器「PremiumNew圧力名人」は、煮物や甘酒、黒豆なども作れる万能圧力調理器であり、さらに玄米餅玄米麺十割玄蕎麦「龍の髭」VEGAN RICEシリーズの玄米など、プライベートブランド商品が保存食として利用されています。
HIRYUの玄米餅は真空個包装のため、今購入してお正月にお雑煮として食べるのもおすすめです。
コロナ第1波では、マスクが品薄になり世界中の方が苦労しました。
普段の食事で食べながら、保存しておくこともできる玄米餅を、新型コロナウイルスの自粛生活に備えて今のうちにご自宅に常備しておいてください。



今回紹介した「玄米切り餅」を
今だけの期間限定!クーポン利用で最大33%OFFで販売します☆彡
安心安全な食を未来の子供に。
無農薬・無化学肥料の「きぬのはだ玄米」で作ったお餅です。

精白したお餅よりミネラル豊富な玄米餅は、ほのかにつぶつぶを感じ、食感豊かなお餅です。
伸びは良くありませんが、味付けなしでそのまま食べても、しっかりと美味しさを感じられます。
お汁粉やきなこ餅、ごま餅、磯部餅などもおすすめです。
真空の個包装になっているので、このクーポンを利用してご購入頂き、お正月にお召し上がりください。

クーポンID入力で、通常価格より最大33%OFF SALE!!
無農薬・無科学肥料 玄米切餅
1袋(50g×10枚入)購入で¥980 → クーポン利用で 11%OFF SALE ¥864
5袋購入で¥4,900 → クーポン利用で 19%OFF SALE ¥3,960
10袋購入で¥9,800 → クーポン利用で 26%OFF SALE ¥7,200
15袋購入で¥14,700 → クーポン利用で 33%OFF SALE ¥9,720

※クーポンIDは10couponです。
今だけの期間限定!無農薬の玄米切餅が通常価格から最大33%OFFに!
有効期限は12月24日(木)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
ご注文時にクーポンIDを入力ください。



コロナ自粛に備えて、おうち時間に食べてほしい商品や使ってほしい家電などを紹介します
食品や調味料はすべて無農薬・無添加です。



青森産 無農薬コシヒカリ玄米
玄米麺(細・中・平麺)
100g×10袋 2,400円



国産 自然栽培(無農薬・無肥料)
十割玄蕎麦「龍の髭」乾麺
150g×10袋 7,200円



青森 自然栽培(無農薬・無肥料)
VEGAN RICE まっしぐら玄米
10kg 12,000円




最上級 北海道尾札部産
白口浜の真昆布
60g 500円



和歌山県産 無農薬・無肥料
紀州自然梅
500g 3,150円



香川 自然栽培(無農薬・無肥料)
きな粉
80g×3袋 1,200円




日本で唯一の天然わら納豆
吟醸納豆ふくふく
300g×1本 1,350円



近赤外線 家庭用食品乾燥機
マレンギプレミアムD5
70,000円 本州送料無料



最新 発芽酵素玄米炊飯器
PremiumNew圧力名人(特典付)
72,600円 全国送料無料


健康志向の方が増え、玄米人口が増えています。
普段、玄米を食べている方でも、まだ玄米餅を食べていない方は、ぜひお餅も「玄」にすることをおすすめします。
栄養面だけではなく、味の美味しさにも感動すること間違いなしです。



■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■






Mail Magazine Back number