HIRYU

menu











メルマガ会員の登録はこちら☞CLICK
LINE@会員の登録はこちら☞CLICK

HIRYU MAIL MAGAZINE
2020.12.07 地球環境を守る天然素材、ガラス



■ガラスは、古代から広く使われてきました
美しいガラスの歴史は想像以上に古く、メソポタミア文明で有名なチグリス・ユーフラテス川流域で、5000年ほど前からガラス玉の製造が始まりました。
宝石と同じように高価なものとして扱われていたガラスが日本に伝わったのは紀元前1世紀頃、縄文時代晩期です。
弥生・古墳時代の数々の遺跡からもガラスで作られた装飾品が出土され、当時の人々が、神仏への祈りの象徴としてだけではなくアクセサリーとしてもカラフルなガラス玉を使っていたことが分かっています。
同じ頃、古代シリアで吹きガラスの技法が発明され、実用的な容器としてもガラスが用いられるようになり、それまで高級品だったガラスを庶民も手に入れることができるようになりました。
しかし日本で容器のガラスが使われるようになったのはずいぶん経ってから、江戸時代、ザビエルの来日がきっかけです。
それまでの間、日本では装飾品としてのガラスしか生産されていなかった理由として、日本の鉛は熱や衝撃に弱く容器の製造にはむいていなかったことが挙げられます。
ガラス容器がなくとも、美しい陶磁器や漆器が発展していたため、ガラスで器を製造する必要もありませんでした。
江戸時代に発展したガラス製造の技術はすぐに日本中に広まり、現在ではコップやビンなど、様々なガラス製品が使われています。


 佐賀県の武雄市東福寺古墳群から出土されたガラス玉類

■100%再利用されている環境に優しい天然素材です
古代から使われてきたことからも分かるように、ガラスは天然素材からできています。
地球の海の下の表面である「地殻」の組成とほぼ同じ成分だともいわれており、高熱で溶かして何度でも再利用でき、資源ごみとして出された空きビンは100%再資源化されています。
現在新しく作られているガラス容器の約75%が、再利用された資源から作られています。
年間800万トンのプラスチックゴミによる海洋汚染が問題になっている中、ガラス製品を使い、不要になったガラスを資源ごみやリサイクル会社に出すことが、地球を守る小さな一歩です。

■ガラス製品は中身の味を変えません
ガラスの容器は塩や酸に強く、密封性が高いため、中身の物質が変化しづらく、味やにおいが移ることもありません。
プラスチックやペットボトルなど他の容器と比べても、保存性が非常に優れています。
軽くて安くて使いやすいプラスチック製の容器が広まっていますが、重くて衝撃に弱くても、中身の品質の維持や地球環境を考えるとガラス製品が最適です。
昔ながらの製法で造られた上質な醤油、酢、酒、味醂などの調味料は、どれもガラス瓶に入っています。
調味料によっては、鉄や硫黄、銅などの鉱物を混ぜることによりガラスに色を付け、遮光して紫外線などを防ぎます。
コップやお皿など器として使う場合も、プラスチックやステンレス、鉄、すず、木や陶器など、それぞれ料理や飲み物の味を良くも悪くも変えてしまうのに対し、ガラスは中身の味を変えません。
繊細な味を楽しみたい場合は特に、ガラス製品が向いています。
また、ガラスの器は涼しさを感じさせてくれます。
温かい料理や飲み物には備前焼などの陶器を使い、冷たいものにガラスを使うのもおすすめです。
季節や飲み物によって使い分けてみてください。



■おうちごはんをドレスアップ
新型コロナウイルスの感染が過去最高を更新し続け、東京都での時短営業も話題となり、外食をする機会は減っています。
せっかくなので、ご自宅で食べる"おうちごはん"をドレスアップして、毎日の食卓を華やかにしませんか?
一点物のガラスの器を使うと、見た目も美しく、いつもの食事が少し豪華になります。
ご家庭での団欒やパーティがより楽しく演出できます。
おひとりで癒されるのもよいでしょう。



■ガラス作家 原光弘
HIRYUで扱っているガラス製品は、すべてガラス作家 原光弘氏によるものです。
美しくゆらめくガラスを作って下さる原光弘氏の言葉を紹介します。

「数寄にあそぶ」
ガラスは生きていて、どろどろ熱く赤く流れ動く。
透明のガラスは、「透きガラス」とも言われています。
「すき」と言う言葉に「数寄」と言う言葉もあり「風流風雅」を意味します。
この透きガラスを素材にガラスと語らい、時には戦い、また、楽しみながら数寄にガラスに触れ作品を創作する事を目標に活動しています。

《原光弘プロフィール》
1981年大阪府立今宮工業高校卒業
1987年ザ・グラス・スタジオ・イン・オタル入社 浅原千代治氏に師事
1998年大阪府岸和田市に「グラスアート夢屋」築窯



■原光弘氏のガラス作品が今だけクーポン利用で10%OFFに
美しいゆらぎの曲線美が特徴の吹き硝子工芸作家 原光弘氏のグラスアート。
ひとつひとつわずかに形の違う、世界でたった一つの作品です。

今だけの期間限定!ガラス作家 原光弘氏の作品が10%OFFに!
有効期限は12月14日(月)8:59まで。※ほかのクーポンとの併用不可。
ご注文時にクーポンID 10coupon を入力ください。



ガラス作家 原光弘
マーガレット
3,080円


ガラス作家 原光弘
ゆらめくシャンパングラス
3,960円


ガラス作家 原光弘
ウェーブ玉脚タンブラー 高
3,520円


ガラス作家 原光弘
カラフェ ワイン容器
3,850円


ガラス作家 原光弘
銀箔 とっくり
5,500円


ガラス作家 原光弘
銀箔 ぐい呑み
2,750円


ガラス作家 原光弘
ゆらりボウル 中
4,400円


ガラス作家 原光弘
万華鏡 浅鉢 小
2,750円


ガラス作家 原光弘
しずく皿 小
2,530円


その他、醤油さし、グラス、お皿など様々なガラス商品を販売中。
詳しくはこちらからご覧下さい。



原光弘さんのグラスアートは、温かみを感じる柔らかな曲線が特徴の、世界に一つの作品です。
美しさだけではなく、機能性や地球環境の保全に優れているガラス製品。
紀元前から変わらずに使われている素晴らしい天然素材を、もう一度見直してみて下さい。


■■■■■■■■■■■■■■
HIRYU CO., Ltd
〒277-0021 
千葉県柏市中央町2-32太康ビル
TEL 04-7163-8399 
FAX 04-7186-6353
mailto:info@hiryu.biz
■■■■■■■■■■■■■■






Mail Magazine Back number