乾しいたけ 100g 静岡産 無農薬・無化学肥料 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー


topcartpayment company e-mail magazine

原木乾椎茸 国産 無農薬・無化学肥料


100g¥1,580 (すべて税込表示価格) 37%OFF SALE ¥980
300g購入で¥4,740 → 41%OFF SALE ¥2,790(@¥930/100g)
500g購入で¥7,900 → 44%OFF SALE ¥4,400(@¥880/100g)
1kg購入で¥15,800 → 47%OFF SALE ¥8,300(@¥830/100g)

東南アジアの高山帯やニュージーランドにも分布する、ハラタケ目キシメジ科に分類され、日本を代表する最も人気のあるキノコ「椎茸」は、枯れた椎(しい)の木に生える茸(きのこ)である事から由来し、英名もShiitake、仏名もShiitake、伊名もShiitake、そして学名はedodes「江戸です」。
シイ以外にも、クヌギ、ナラ、カシなど落葉広葉樹に発生します。
古来から栽培は不可能で自生採集したものしかなく、精進料理の出汁を取る為に必要なものとしてとても高価な食材とされてきました。
江戸時代になると原木に傷を付け、椎茸の胞子を付着させる半栽培が行われるようになり、栽培に成功すると高い収益を得られていたようですが、安定して栽培する事はできませんでした。
20世紀になってから、原木を使った原木栽培と、おがくずに米糠やふすまなどを混ぜて作った菌床栽培により安定した収穫ができるようになり、日本、中国、韓国などで通年栽培されるようになりました。
2016年の椎茸の総収穫量は69,706.6t。
そのうち菌床椎茸は6,2383.1tあるのに対して、原木椎茸は7,323.5t、全体の10%しかありません。
希少価値が高く、味が良い原木椎茸との差別化をはかるため2006年10月1日から商品に必ず原木栽培品か菌床栽培品かを表示する事が義務付けられました。
更に椎茸は傘の成長過程から3つに分類されます。
●傘が開ききっていない肉厚の冬菇(どんこ)
●傘が開ききっている薄手の香信(こうしん、本来は香蕈と書く)
●冬菇と香信の中間の香菇(こうこ)
キノコは基本農薬を使用して栽培されませんが、雑菌を繁殖させない為に殺菌剤(ベノミル剤・チアベンタゾール剤)が使われます。
ホルモン剤も使用されます。
2016年の輸入量は中国から2,015tありますが、防腐剤が使われています。
殺菌剤や防腐剤を使用していない国産原木栽培は、とても希少です。
2013年12月に健康に良いとされる和食が無形文化遺産に登録されてから、世界中で日本産の乾椎茸の需要が高まり、中国の産地偽造問題が話題になるほどになりました。
HIRYUの乾椎茸は、どんこ~こうしんまで入っています。


②で、5℃の冷水で乾椎茸の水戻しを行なうと、出汁の素となるリボ核酸(RNA)を最も抽出できます。
因みに常温で24時間以上水戻しすると苦みのある疎水性アミノ酸が増える傾向にあります。
③の工程では、肉質の薄い香信なら5時間以上ですが、花冬菇の場合は10時間以上かける事でリボ核酸(RNA)がプラトー状態(抽出量の限界点)に達します。
※椎茸は傘の成長過程から3つに分類されます。
●傘が開ききっていない肉厚の冬菇(どんこ)
●傘が開ききっている薄手の香信(こうしん、本来は香蕈と書く)
●冬菇と香信の中間の香菇(こうこ)
⑤の工程では、25~55℃ではヌクレオチド分解酵素が活性し、旨味成分であるグアニル酸をグアノシンに変えてしまい、80℃を超えてもグアニル酸が損なわれてしまうので、この2つの温度帯はなるべく避け、生成酵素が活性する55~75℃で加熱することが重要です。
HIRYUでは、加熱した後のグアニル酸量は160mg生成できたのに対して、温水で水戻しした場合は0.5mg、常温の場合は20mgしか生成できませんでした。

生椎茸から乾椎茸をつくる場合の温度過程も同様の温度帯に注意が必要です。
因みに、生椎茸で出汁をとっても細胞壁が壊れていないことからリボ核酸が抽出されにくいのでグアニル酸の生成量も少なくなり、上手に出汁をとることが出来ません。

酸化ストレスを減らして免疫細胞マクロファージを活性化させることから、椎茸は食べる薬とまでいわれ、様々な薬効が期待されています。
椎茸には、免疫力を上げ、化学療法や放射線療法の副作用を取り除き、強力な抗腫瘍、抗ウイルス、抗菌、抗炎症、血中コレステロール低減、血圧降下、血糖値低減、抗酸化作用があります。
最近では、椎茸エキスに虫歯菌の繁殖を抑える効果があることもわかりました。
また、2020年5月には、椎茸に含まれるβ-グルカンに肺の炎症を抑えて肺を保護する作用があることが報告され、新型コロナウイルス(COVID-19)重症患者が引き起こす重度の呼吸不全(急性呼吸窮迫症候群;ARDS)の原因である炎症と酸化ストレスを低減するとの論文が発表されています。

椎茸に含まれるエルゴチオネインという成分は、なんとビタミンEの約7,000倍の抗酸化作用があると言われており、熱にも強い成分のため、加熱調理した温かい料理からも摂取することができます。
現代病の約80~90%が、体内で過剰に発生した活性酸素が関与しているといわれていますが、椎茸には強い活性酸素消去作用があることが報告されています。
また、椎茸は、野菜や穀物にはあまり含まれないビタミンD2の宝庫で、生しいたけは牛乳やレバーの約7倍、乾しいたけは50倍以上もビタミンD2が含まれているので、乾椎茸を積極的に活用しましょう。
カルシウムやマグネシウム、ビタミンKを多く含む食材とあわせて摂ることで、「骨粗鬆症」の予防にもなります。
特に、動物性食品を食べないヴィーガンやベジタリアンにとっては、救世主ともいえる食材です。
椎茸には、ほかのキノコにはない特有の成分エリタデニンが含まれ、このエリタデニンは、血中の悪玉コレステロール値(LDL)を下げて善玉コレステロール値(HDL)を高め、総コレステロール値を下げる作用があります。
β-グルカンは免疫活性を高めて細胞の癌化を防ぐ抗腫瘍性があることで知られていますが、椎茸には数種類のβ-グルカンが含まれ、その中でもレンチナンという成分は食用きのこから抽出された唯一の抗がん剤で、臨床試験を経て、1985年に臨床薬として厚生労働省の認可を受けています。
このほかにも、椎茸にはインフルエンザウイルスの感染を阻止する物質の生成を誘導する成分として、リボ核酸が多く含まれています。
さらに、椎茸に含まれる食物繊維の含有量は、ごぼう100g中に約6gなのに対し、乾しいたけは41gもあります。
近年の欧米化した食生活により食物繊維の摂取不足が健康維持に大きく悪影響しており、2014年以降は、大腸がんの死亡者数が、がん死亡統計で第2位(女性では第1位)に上昇し、増え続けています。
1日の食物繊維の目標摂取量20gを達成するためにも、毎日椎茸を食べるようにしましょう。

食べ合わせによる相乗効果「フードシナジー」
椎茸と昆布を一緒に摂ると、旨味の相乗効果があることは有名ですが、栄養の面でも相乗効果が産まれます。
椎茸に豊富に含まれるビタミンDは、昆布に豊富に含まれるカルシウムの吸収を助けてくれます。
カルシウムは吸収率が低い栄養素なので、ビタミンDと一緒に摂ることが大切です。
また、マグネシウムが不足するとビタミンDの代謝ができず、貯蔵されたまま不活性化してしまうという研究結果もあります。
昆布にはマグネシウムも豊富に含まれています。
椎茸と昆布で一緒に出汁を取り、旨味と栄養効果を倍増させましょう。


酸化とは、体内細胞の水素イオンを奪い、老化、病気を促進させます。
還元とは、酸化した細胞が水素イオンを得て、元の細胞に戻るので、老化、病気を改善します。
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定することができます。
これを酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential)、略してORPといいます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスになるので酸化物質が多いことを意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多いことを意味します。
例えば、この日測定の水道水の場合ORP+517mVの酸化傾向にあります。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオンを補う為です。
健康の為の基準値である血液のORPは+250mV以下です。
血液を酸化させずに還元する為には+250mVを大きく上回らない食事が健康の秘訣です。
ORPについてもっと詳しく知りたい方はこちらを☞CLICK


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。
食品中の放射性物質の新たな基準値(厚生労働省)☞CLICK


乾しいたけ 100g 静岡産 無農薬・無化学肥料

商品コード:
hoshic-100g
通常価格(税込):
1,580
販売価格(税込):
980
ポイント: 9 Pt
            
発送の目安: 3〜4日後             
関連カテゴリ:
無農薬の野菜
乾物、粉物、海藻
静岡産 無農薬・無化学肥料の原木乾椎茸(しいたけ、シイタケ)。
原木椎茸(原木しいたけ)は、肉厚で香りが良いのが特徴です。

抗癌作用や抗癌剤の副作用を軽減させる作用もあるシイタケ。

また、椎茸の煎じ汁は、肝臓病・心臓病・腎臓病・高血圧・風邪・魚の食中毒・肥満症に効果があります。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。