【令和元年産】まっしぐら玄米 10kg 無農薬・無施肥(動物性肥料不使用)・青森県産・放射性物質検査済 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine
【令和元年産】まっしぐら玄米 無農薬・青森県産





1kg¥1,500 (すべて税込表示価格)2%OFF SALE ¥1,470
3kg購入で¥4,500 → 8%OFF SALE ¥4,100(@¥1,367/kg)
5kg購入で¥7,500 → 14%OFF SALE ¥6,420(@¥1,284/kg)
10kg購入で¥15,000 → 20%OFF SALE ¥12,000(@¥1,200/kg)
30kg購入で¥45,000 → 31%OFF SALE ¥31,000(@¥1,034/kg)


2015年1月時点で世界には、126,782種もの稲の品種があります。
そのうちジャポニカ種は全体の10%以下です。
更に世界から美味しいと評価される日本のお米は、僅か0.93%しかありません。
日本国内のお米の種類は、2019年時点で、水稲うるち玄米824銘柄+水稲もち玄米132銘柄+醸造用玄米223銘柄=1,179銘柄があります。
(農林水産省 消費・安全局消費者行政・食育課)
希少高値で販売されている有機栽培のお米は国内全体収穫量の0.11%しかありません。
更に許容農薬も使用されていない無農薬・無化学肥料栽培になると希少となり、市場でも流通されていません。
更に肥料も施さない自然栽培(無施肥)になると皆無です。


本州最北の地である青森県は、稲の生育期間である5月から10月までの日照時間は、東北では最長、関東と比べても約20%も長く、品質と収穫量に恵まれた土地です。
更に農場のある青森県三戸郡新郷村は、県東部に流れ込む十和田湖の渓流・奥入瀬川、南部の馬渕川、津軽平野に流れ込む岩木川など、美しさと水質に恵まれた水源に囲まれ、乳酸菌や光合成細菌など微生物や昆虫、植物、動物達の生命力が漲る元気いっぱいの自然環境です。
なんとその田圃の近くにはキリストの墓があります。

お米にまつわる逸話
天皇とお米の関係
日本最古の歴史書『日本書紀』には、天照大神の孫である邇邇藝命(ににぎのみこと)が高天原(天上界・天国・神国)から日本に降臨する際に、天照大神から三種の神器と三大神勅(御告げ)を授かり、天皇はこの神器と神勅に基づき、國を治め、皇室系統が永久に続くように現代までこれを護り続けています。
その三大神勅の一つに「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」があります。
「我が高天原に所御(きこしめ)す斎庭の稲穂を以ちて、また、まさに我が御子に御(しら)せまつるべし。」
訳すと「高天原にある神々へ捧げる神聖な水田で出来た稲穂を我が子(直系代々の天皇)に与えるので、地上で栽培し、これで国民を養いなさい。」とあります。
天皇を支える国民を養う源泉となる"命の根"(イのちのネ)即ち"稲"(イネ)を神勅に基づき、代々天皇は神田に入り、田植えや稲刈りをされます。
皇室と国民が代々続くように「子が芽吹く」願いを込めて「コメ」といい、「込める」のは「男」、「芽吹く」のは「女」、両手でコメを結ぶことを「おムスび」といい、「ムスコ」と「ムスメ」の「結び=生すび」が子孫を継承させ、国家である君が代の「苔の生すまで」にあるように國を繁栄させ続けます。
因みに寿司など片手でコメを握ることを「おにぎり」と言います。

竹内(たけのうち)文書から発見されたキリストの墓と遺書⁉
古代エジプト文字・象形文字・ヘブライ文字・ハングル文字・アルファベットなどの原点とされる、漢字伝来以前に古代日本で使用された神代文字の世界最古の古文書がありますが、第25代武烈天皇(489~507年)の勅命により、武内宿禰(たけのうちすくね)の孫の平群真鳥(へぐり のまとり)が訳した写本群と、文字の刻まれた石や鉄剣など総称「竹内文書」は封印されました。
時を経て1928年(昭和3年)皇祖皇大神宮(茨城県磯原町)第66代管長竹内巨麿(たけのうちきよまろ)により竹内文書は公開されます。
3000億年前から人類が6回も滅亡していることやキリストについての記述があり、竹内巨麿自ら青森県新郷村でキリストの墓を発見したり、1936年(昭和11年)には考古学者の一団がキリストの遺書を発見したり、考古学・地質学者の山根キク氏の著書でとりあげられたことから新郷村は神秘の村として注目されるようになりました。
その一方で古文書の加筆や偽書としても疑われたり、1930年(昭和5年)には皇祖皇大神宮や竹内巨麿が弾圧を受け、神宝を含む竹内文書約4,000点と史跡の現地調査の報告書などが没収され、最高裁で無罪判決となるものの没収されたものは返還されず、東京大空襲により全て焼失したとされています。


実はキリストは日本に住んでいた⁉
竹内文書によれば、キリストはユダヤに生まれ、21歳で富山県に渡り、モーゼ同様に12年間、言葉や文字、神学を習い、様々な修行を重ね、33歳でユダヤに戻り、人々に教えを説き始めますが、ユダヤ教パリサイ派からローマに反逆を企てる者として磔の刑に処せられます。
しかし、弟が身代わりとなり、キリストは再び日本に「神の国」再建を目指し、中央アジア→シベリア→アラスカを経由し、4年後、船で八戸から戸来村(現・新郷村)に戻ります。
戸来村では「十来太郎天空(とらいたろうてんくう)」という名の米農家となり、村で一、二の旧家、沢口家のミユ子と結婚し、3人の娘に恵まれ、特に布教に努めることなく、田畑を耕し、貧しい人々に作物を分け与え、「てんくう」が訛り「てんぐ様」と呼ばれながら、106歳まで生きていたとされています。
高い鼻と陽に焼けた顔、そしてマントを着たまま歩く姿からキリストが天狗の起源であるという説もあります。


キリストは日本では布教せず、米を栽培していた⁉
田畑に立てられる案山子の「案」は「安らか」と「十字架の木」を表し、「山」は他2人を含め磔刑に処された人数「3」を表し、「子」は「神の子」を表します。
「稲穂」は「人々」を表し、「田畑」は「この世」を表し、稲穂の成長を妨げる「害虫・害鳥・害獣」は人々を惑わす悪魔や偽預言者、偽キリストを表し、「日本」の「日」は太陽を表し、「本」は「一」「人」「十」を合わせた漢字から一人十字架に磔られた「太陽神」との意味があるそうです。
キリストの言葉に「悔い改めよ」とありますが、話すだけでは変わらない汚れてしまった人の心というものを、心身の健康と共に食を正すこと「食い改めよ」から始めたのかもしれません。


1993年(平成5年)、「山形40号」を父とし、「奥羽341号」を母として交配させ育成した品種です。
交配からも分かるように、東北の土壌に適した品種をつくる目的で配合されており、いもち病抵抗性が高く収量も多く食味が優れています。
県産米の食味・品質にまっしぐらに、きまじめに農家が取り組んでいく気持ちを込めて「まっしぐら」と命名され、2005年(平成17年)3月に青森県の奨励品種に採用されました。
全国の水稲うるち米の作付面積は1,473,967haありますが、既にまっしぐらの作付面積は29,222ha、全国作付面積割合の第8位、1.9%まで拡大しており、今後も拡大が注目される品種です。(平成25年度版農林水産省 水陸稲・麦類・大豆奨励品種特性表)
1956年に誕生し、1979年から作付け面積第1位である「コシヒカリ」など他の品種に比べて、圧倒的に米粒が大きく、弾力のある硬さ、さっぱりとしたフルーティな味わいが特徴です。
酵素玄米御飯の場合、メラノイジンを生成するので、御飯が甘くなりますが、しつこい甘さやねっとり感よりも、さっぱりとした甘さとサラサラ食感が好みの方にはおすすめです。
パラパラ炒飯などに最適です。


自然豊かなこの地で、映画「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんの「木村秋則自然栽培ふれあい塾」監修の下、自家採種のお米から農薬や化学肥料は勿論のこと、有機肥料(畜産堆肥、米糠、油粕、魚粕を含む自然堆肥)を一切使用せず栽培された青森県のブランド米「まっしぐら」です。
木村式自然栽培法は、農業遺産として登録した「能登半島の米づくり」を始め、ドイツ、韓国、台湾などでも広がりを見せており、国内外から注目され、平成23年6月に世界重要農業資産システム(GIAHS ジアス)に認証されています。
上写真は、除草剤を使用しないため、田植えが終わってから除草機で約10日おきに3~4回草取りを行い、除草機で取れない草を手作業で取り除いている様子です。


籾や糠には農薬がたまりやすいので無農薬に限定しています!
農薬の生産国である日本は、世界一の農薬散布国です。
農産物でも農薬が最も多く使われているのがお米です。
農薬や放射性物質など有害物質は、籾(もみ)や糠(ぬか)に溜まりやすい特徴があります。
玄米の場合、籾は取り除きますが、栄養の殆どが含まれる糠は取り除きません。
米糠を取り除いた白米でも農薬や放射性物質が残ってしまうことがあります。


放射性物質の自主検査を行っています!
2011年福島原発事故以降、各都道府県の行政機関が実施してきた放射性物質検査も2016年以降は行われなくなりました。
HIRYUでは、放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査を行っています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置ですが、食品基準値100Bq/kgに対して、測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。
これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。
尚、食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標を目安に、他の放射性物質に対して安全と判断することとしています。
「VEGAN RICE」収穫後の測定結果は、すべて0Bq/kg不検出(ND)です。


光センサー異物混入選別処理を行っています!
お米は自然環境の中で収穫されるものなので、細かい石粒、ガラス片、金属片や、動物のフンなど異物が混入してしまうことがあり、「選別」「籾すり(研磨)」「光センサー選別」が必要です。
生産者から直接購入する場合は、選別や籾すりされていないものや選別処理回数が少ないもの、籾摺り (もみすり)の粗いものが多く販売されているので注意しましょう。


御注文を頂いてから紙袋で包装して発送しています!
発芽する玄米は湿度調整や呼吸に拘り、ビニール包装されている商品よりも紙包装の商品を選びます。
米は秋に収穫され、日が経つほど鮮度が落ちて発芽率も下がり、湿気の多い梅雨になると、どうしても劣化が促進するので、注意が必要です。
保存の適正温度は14度です。
梅雨時期になったら冷蔵庫で保存するか、高温多湿にならない場所で鷹の爪(赤唐辛子の乾燥品)を入れておくと、虫の発生を予防することができます。
HIRYUでは、週に2回注文量に応じて出荷センターに移動し、発芽する活きている玄米の湿度調整や呼吸の必要性のほか、化学物質過敏症の方に配慮して、間接添加物であるビニールは使用せず、紙包装にて発送しています。
装袋size:1kg (23cm×12cm×7cm)、3kg (29cm×18cm×9cm)、 5kg (38cm×19cm×10cm)、10kg(47cm×23.5cm×13cm)、30kg (56cm×38cm×21cm)

稀に緑色っぽい玄米がありますが、(玄米拡大画像参照)収穫適正時のものであり、栄養価も高いので、そのまま安心してお召し上がり下さい。


【令和元年産】まっしぐら玄米 10kg 無農薬・無施肥(動物性肥料不使用)・青森県産・放射性物質検査済

商品コード:
1mashigura10kg
通常価格(税込):
15,000
販売価格(税込):
12,000
ポイント: 120 Pt
            
発送の目安: 3〜4日後             
関連カテゴリ:
米、大豆・小豆
酵素玄米関連
HIRYUのまっしぐらは、無農薬・無施肥で青森県で育ちました。

自然栽培(無農薬・無肥料)で育ったお米は皆無に等しいほど、非常に希少です。

「まっしぐら」は、青森県のブランド米で推奨品種に指定され、あおもり米の食味・品質の向上にまっしぐらに、そして、きまじめに取り組んでいく気持ちを込めて生まれた期待の品種です。

HIRYUのまっしぐらは、キリストの墓がある地、自家採種して栽培され、実は磔を逃れて日本へ移り住んだ晩年のキリストがお米を栽培して民に分け与えていたという逸話とつながりを感じるお米です。
まっしぐらで炊いた酵素玄米ご飯は、コシヒカリに比べると米粒が大きく粒感がしっかりと感じられる硬めの食感であっさりしており、ほのかにフローラルで華やかな、上品な香りが特徴的です。
粒が大きめのお米がお好きな方や、お米の粒感、あっさり食感に拘りをお持ちの方は、ぜひ、HIRYUのまっしぐらをお試し下さい。
酵素玄米寿司、酵素玄米ご飯のカレー、酵素玄米丼には、「まっしぐら」が向いています。
ぜひ、コシヒカリとまっしぐらの異なる食味と芳香を、目的の料理に合わせた使い分けをしてお楽しみ下さい。

HIRYUの玄米は
●発芽する生きている玄米です。
●行政による放射性物質検査は勿論のこと、飛竜でも測定検査済です。
●玄米は生きていますのでビニールではなく湿度や呼吸できる紙袋で包装しています。
●農薬不使用であり、高温加熱乾燥をしていないので、光合成細菌や乳酸菌・枯草菌など体に有効な微生物が非常に豊富です。
飛竜では稲藁で納豆を作ったり、とぎ汁も捨てずに植物性のヨーグルトを作っています。
無農薬、自然栽培、有機栽培、オーガニックなどをお探しの方。
無農薬青果・果物(無農薬フルーツ)の味わいをお楽しみ下さい。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。