小笠原の菊池レモン10kg 無農薬・国産・無化学肥料【ノーワックス】 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー




topcartpaymentcompanye-mail magazine
小笠原の菊池レモン1kg 無農薬・国産・無化学肥料



1kg¥2,980 (すべて税込表示価格) → 3%OFF SALE ¥2,880
3kg購入で¥8,940 → 8%OFF SALE ¥8,220(@¥2,740/kg)
5kg購入で¥14,900 → 13%OFF SALE ¥12,900(@¥2,580/kg)
10kg購入で¥29,800 → 18%OFF SALE ¥24,200(@¥2,420/kg)




世界中で小笠原にしかないレモン
戦前にサイパン島の真下にあるテニヤン島から八丈島を経て、小笠原に渡ったマイヤーレモンの一系統である菊池レモン。
マイヤーレモンは、レモンとオレンジの自然交雑で誕生した品種です。
果実先端の凸が少なく、小ぶりでミカンのように丸く、皮が薄く、収穫最初の青いうちから食べることができる、非常に特徴のあるレモンです。
一般的なレモンより酸味が少なくまろやかな味で香りもやや甘い香りがします。
さほど酸っぱくないので、果肉を食べる事もできます。果汁も多いです。
世界自然遺産の小笠原の環境で進化、そして固定化したマイヤーレモンは、世界唯一の"菊池レモン"として登録されました。
通常のマイヤーレモンと比べると"菊池レモン"は酸味がまろやかです。
8月下旬から収穫が始まり、グリーンからだんだんとイエローにかわり、味も変わってきます。

日本一早く収穫が始まる露地栽培のレモンです
国産レモンの収穫がほとんどない8月、日本で一番最初に露地栽培によるグリーンレモンの収穫が始まるのが、小笠原で栽培されている菊池レモンです。
日本のレモンの一般的な収穫時期は10月下旬頃、旬は2月頃です。
5月までには殆どの生産地で収穫を終え、島レモンなどでも8月中旬頃までには収穫が終了し、8月下旬になると国産無農薬レモンは、全くない時期になります。
その全くない時期に日本一早い南国小笠原の"菊池グリーンレモン"の収穫が始まります。
菊池レモンの本来の収穫は9月なのですが、病気やアレルギーで国産無農薬レモンを必要とする方の為に、まだ果実が小さい130g~160gサイズのグリーンレモンを手間暇をかけ選別して収穫しています。
8月はまだ小ぶりで少し皮が厚めですが、9月に入ると160g程に大きくなり、そして皮も薄くグリーンからイエローに変わっていきます。
通常より早めに収穫してもらったため、少し高値ではありますが、毎年この菊池レモンを楽しみに待っていて下さる方々に今年もお届けすることができます。
収穫時期により、大きさ・形・色・そして味も変わっていきますので、季節の変化をお楽しみ下さい。

船の運行状況や天候により発送が遅延することがあります。
小笠原からの交通手段は、週に1~2回だけ運行される船しかありません。
台風などの状況によっては1週間以上お待たせしてしまう事もあります。
発送はご注文順に行いますが、指定日通りにお届け出来ない場合もあります事を御了承下さい。

希少な国産無農薬レモンです
レモンのビタミンCやレモンの皮に多く含まれるレモンポリフェノールが老化や病気を予防することから、レモンを皮ごと食べる人が急増しています。
病気やアレルギーの人・妊婦さん・小さいお子様など、誰もが安心して「皮ごと食べられる」安全な、希少国産無農薬レモンを販売しています!
ポストハーベスト不使用!
海外から長い時間かけて輸送されてくるレモンには、殺鼠剤・防黴剤・防虫剤・殺菌剤とそれらを落ちないようにするワックスがコーティングされた、農薬の100倍強い薬「ポストハーベスト」が使われています。
減農薬ではありません!
「減農薬」とは、農薬の回数を50%以下にすることとされていますが、10回農薬するところを9回に減らしただけでも「減農薬」という表現がされている場合もあります。更に「低農薬」「微農薬」には規定もありません。よって実際にどれだけの農薬が使われているのかわかりません。
無農薬・無化学肥料の国産レモンは0.1%!
国内で販売されているレモンの90%以上が輸入品です。輸入レモンには、"ポストハーベスト"が使用されています。
10%未満の国内レモンの殆どにも、農薬が使用されています。
無農薬・無化学肥料の国産レモンは0.1%未満とされています。
菊池レモンは、農薬・化学肥料・除草剤・防腐剤などを一切使用していません。
自然に近い栽培になりますので、外国産慣行栽培のレモンと比べ、キズ・形・大きさなど個体差があることや収穫時期により色が変わることをご了承下さい。



ビタミンCの代名詞のように扱われているレモンですが、果汁のみの摂取の場合は、100g果汁中ビタミンC50mgにとどまり、実はレモン全果100gに含まれるビタミンCの半分量しか含まれていないだけでなく、レモン果汁100gを一度に摂取する人はなかなかいないので、仮にレモン果汁50gを1杯のジュースづくりに使用したとしても、ビタミンC摂取量は、1日の目標摂取量の25%程度です。
実際に搾汁してみたところ、レモン果汁100gを搾るには、レモン全果260g必要でしたので、ビタミンCの摂取効率だけを考えたとしても、レモン果汁100g中に含まれるビタミンC量:レモン全果260g中に含まれるビタミンC量=50mg:260mgとなり、なんと5.2倍も異なります。
つまり、レモン果汁を搾ったら皮は捨ててしまうというような勿体無い使い方をするのではなく、塩レモンや輪切りにした皮付きレモンの冷凍アイスなどにして皮ごと全果を食せば、100g(小玉1玉分)だけで1日の目標摂取量分を100%満たすことが出来てしまうほど、ビタミンCを多く含んでいるのです。
レモン全果の栄養価は、主にカルシウムビタミンE葉酸ビタミンC食物繊維を多く含むほか、強力な抗酸化活性を持つファイトケミカルを果皮に多く含んでいます。
レモンのファイトケミカルで注目を浴びているのは、リモニンとエリオシトリンです。
これまでに、ヒトの疾患に対してリモニンを用いる様々な研究が行われており、HIV-1やHTLV-Iなどに対する抗ウイルス作用、神経保護作用、大腸癌細胞の増殖抑制、解毒酵素の活性化、高コレステロールの抑制効果、中性脂肪の抑制効果、抗肥満作用等の研究例が報告されています。
リモニンはリモノイドに分類される有機化合物の一つで、ミカン属などの植物から得られる白い結晶性固体であり、苦味がありますが、成熟後期になると糖分子が結合してリモニン配糖体に変化し苦味を呈さない物質となり、生理活性機能はリモニンと同等の機能を示すことが分かってきていることから、現在ではその利用に注目が集まっているほどです。
リモニンが属するリモノイドは、ほとんどすべての柑橘に含まれていますが、果皮では、レモン、イヨカン、ライム、グレープフルーツで含量が高く、レモン果皮で 500ppm以上、レモン果肉で 30~70ppm含まれている(レモン果皮には果肉の約10倍)という分析結果があることから、レモンを全果で食べることのメリットがお分かりいただけると思います。
※ppmとはparts per millionの略で百万分の一を表す単位であり、mg/Lまたはmg/kgに等しい濃度を表します。
ジュースにしたい場合は、皮ごと搾っていただくことで、果皮成分が多少ジュースの方に混ざり果汁のみよりも酸化還元電位(ORP)が低い数値になる(すなわち、還元力が高くなる)ことを確認済みです。
一方、エリオシトリンは強力な抗酸化力をもつフラボノイドで、巷では「レモンポリフェノール」と呼ばれています。
レモンには、他の柑橘類に比べて、エリオシトリンが30~100倍(100ml果汁中に12.1mgに対し果皮中に280mgと果皮中の含有量の方が23倍多量)含まれており、このエリオシトリンの長期摂取により老化促進モデルマウスの老化抑制が確認された研究例からアンチエイジング効果が期待されています。
但し、外国産や慣行農法のレモン果皮には残留農薬の毒性の懸念があるため、皮ごと安心して食せる無農薬レモンをお召し上がりいただくことが賢明です。
病気やアレルギーの改善を目指し、HIRYUが推奨する酵素玄米菜食の実践をする上で、酵素玄米御飯だけでは補いきれないビタミンCを野菜や果物から補給することは必須であり、 皮ごと食べる還元力レモンの摂取をおすすめ致します。
なお、レモンに含まれる芳香成分のリモネンにはリラックスや睡眠を促す作用があります。
メディカルグレードのレモン精油もぜひ御利用ください。


GI(グライセミック・インデックス)値とは、ブドウ糖50gを摂取してからの血糖値(血液中のブドウ糖濃度を示す値)を2時間測定し、血糖変動曲線を描くグラフ面積を100%とした場合に被験食品のグラフ面積が何%あるかという数値であり、糖尿病や糖質制限、メタボリック症候群など気にされる方の健康目安の指標です。
HIRYU式ゲルソンジュースcarrot&lemon 1杯分200gのGI値測定を行ったところGI値7となり(低GI食品)、全然血糖値を上げませんでした。
血糖値コントロールを気にされている糖尿病の方が安心してお召し上がりいただける抗酸化力の高いジュースです。
糖尿病患者が間食で摂取しても良いカロリーの目安は80kcal~200kcalですが、HIRYU式ゲルソンジュースcarrot&lemon 1杯分200gのカロリーは82kcalです。
抗酸化力が非常に高く、ガン食事療法にも用いられているゲルソンジュースは、カリウム、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、ナトリウム過多で栄養不足の食事に陥りがちな現代人にオススメです。




小笠原の菊池レモン10kg 無農薬・国産・無化学肥料【ノーワックス】

商品コード:
ogasa-lemon10kg
通常価格(税込):
29,800
販売価格(税込):
24,200
ポイント: 242 Pt
関連カテゴリ:
無農薬 果物
HIRYU式ゲルソンジュース
小笠原村母島産 無農薬・無化学肥料の菊池レモン・檸檬・れもんです。
毎年リピーター続出!人気のレモン。
世界自然遺産の小笠原の環境で進化、そして固定化したマイヤーレモンは、世界唯一の“菊池レモン”として登録されました。
通常のマイヤーレモンと比べると“菊池レモン”は酸味がまろやかです。

ゲルソン療法などの食事療法でも無農薬レモンは必需品。
癌の食事療法の人参ジュースや青菜ジュースを作る際は、国産レモン、無農薬レモンをお使いください。
農薬や化学肥料はもちろん、除草剤、ワックスやポストハーベスト不使用なので、安心して皮ごとお使い下さい。
HIRYU式ゲルソンジュースはGI値が低いため血糖値が上がりづらいドリンクです。
糖質制限をしている方、糖尿病、ダイエット中などの方にもおすすめです。

無農薬、自然栽培、有機栽培、オーガニックなどの野菜をお探しの方。
無農薬フルーツ(無農薬青果)の味わいをお楽しみ下さい。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。