EMスーパーセラ テラC 発酵肥料化促進剤 650g / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー


topcartpayment company e-mail magazine

生ごみからつくれる!地球に優しく微生物たちが喜ぶ発酵肥料でワンランク上の農業・ガーデニングを。

注意事項
●フタをきちんとしめてご使用ください。
●生ごみは新鮮なものを入れてください。
小さく切って、しっかりと水分を切ることが上手に発酵させるポイントです。



*マジックボックスは、1~2人家族の場合11リットルを、3~4人家族の場合18リットルがおすすめです。
(18リットルは、バケツの底にすのこ付のため、管理が楽です)

[ EMボカシと併せて生ごみ肥料づくりも失敗知らず ]
「テラC」は、有用微生物群(EM**; Effective Microorganisms)を粘土に混ぜて焼いたセラミックスで、生ごみ肥料づくりに使うと、発酵が安定して失敗しにくくなります。
EMボカシ1袋にテラCを大さじ1杯程度使用します。
保存に便利なチャック袋付きです。

**EMに含まれる主な菌種は以下の通り


自分でEMボカシをつくってみよう!
EMボカシの作り方


①EM希釈液を作る
 EM-1糖蜜、それぞれ40mlを2Lの水で溶かします。
 糖蜜は溶けにくいのであらかじめ別に溶かしておくと作業が楽になります。
 ※「EM1 + 糖蜜 + 水」の代わりに、EM活性液2リットルでも代用できます。

②米ぬかに希釈液を混ぜる
 米ぬかに①の希釈液をジョウロなどで均一にかけてよく混ぜます。
 この時、希釈液に浸したもみがらを入れると、均一に混ぜやすくなります。
 また、EMセラミックスを加える場合は、ここで加えましょう。

③水分量の確認
 水分量を確認しながら、少しずつ希釈液を加えて下さい。
  ギュっと握ると団子になり、軽く指で触れると崩れる程度が目安です。

④密閉容器に仕込む
 軽く空気を抜きながら、密閉できる容器に入れて熟成させます。

⑤フタをする際に新聞紙で表面を覆います。
 表面に水滴が溜まるのを防ぎます。

⑥発酵させる直射日光の当たらない暖かい場所で発酵させます(夏場は1ヶ月、冬場は3ヶ月以上)。
 少し色が濃くなり、香ばしい甘酸っぱい香りに変わってくると、完成の目安です。
 完成したら、密封容器等で長期の保存が可能です。

EMスーパーセラ テラC 発酵肥料化促進剤 650g

商品コード:
em-tera-c
販売価格(税込):
550
ポイント: 16 Pt
            
発送の目安: 1週間以降             
関連カテゴリ:
家庭菜園 > すべて
家庭菜園 > 農業資材
EMを練りこんだ、生ごみ処理用のセラミックス。
ボカシと併せてより発酵を促進します。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。