TEL04-7163-8399
受付:10:00~22:00 日祝休

健康の知識

「人参ジュースはビタミンCを損なってしまう」という間違った情報について
人参にはアスコルビナーゼという酵素が含まれており、すりおろしたりジュースにすると、この酵素の働きにより、人参自身のビタミンCのみならず、一緒に調理した他の野菜のビタミンCも破壊するという説がありましたが、現在この説は誤りとされ、アスコルビナーゼが還元型 ビタミンCを酸化型ビタミンCに変換しますが、酸化型ビタミンCは体内の酸化還元反応により再び還元型ビタミンCになるため、現在では栄養価としてのビタミンC当量は還元型と酸化型の総量としています。
但し、空気中では酸化型 ビタミンCは不安定となり、加水分解されてジケトグロン酸になりやすく、そうするとビタミンCとしての生理活性を失う為、長時間空気中に放置せずに、ジュースにした後は出来る限り早く飲み切りましょう。
ジュースの酸化や保存が気になる時は、レモンなど酸性の柑橘系果汁を加えることでアスコルビナーゼの働きを抑制し長持ちさせることができます。
また、高速回転式のミキサーは食物酵素を破壊してしまうので、ゆっくりすりつぶし、栄養素を充分に搾りだせる低温低速圧搾式のコールドプレスジューサーをご利用下さい!

<< 前のページに戻る

HIRYU社長おすすめ10商品

↑ PAGE TOP