無農薬・無化学肥料栽培 サンふじりんご5kg鳥取県産・放射性物質検査済 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine



1kg ¥1,780 → 10%OFF SALE ¥1,602
3kg ¥5,280 → 10%OFF SALE ¥4,752
5kg ¥8,600 → 10%OFF SALE ¥7,740
10kg ¥16,800 → 10%OFF SALE ¥15,120

●価格は税込表示
●無農薬のため大きさが様々になるので入数は確定できません。目安として1kg約5玉とさせて頂きます。


有機JAS申請されている農地面積の割合は0.2%しかありません。(2015年農水省統計)
農薬以外に化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下になります。

特にバラ科のリンゴ・モモ・ナシ・サクランボ・イチゴの無農薬栽培は絶対に不可能と言われる中、無農薬リンゴの栽培に成功した青森の自然農法家木村秋則さんの実話映画“奇跡のリンゴ”が2013年に上映され、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)初登場第3位、満足度ランキング1位(ぴあ)、興行収入10億円達成、イタリア・フィレンツェ映画祭で観客賞を受賞するほど話題となり、無農薬リンゴ栽培の難しさを象徴しています。
農薬をしない場合の収穫の減収率は水稲が35%、大豆28%、ミカン34%に対して、リンゴは90%です。
日本一のリンゴの生産量50%以上を誇る青森県は、農薬の散布量も最も多く、全国平均寿命が毎年ワースト1位でもあり、農薬が健康に与える被害を木村秋則さんは切実に訴えています。

特別栽培農産物とは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

平成16年度から「無農薬」「減農薬」「低農薬」の農産物を「特別栽培農産物」に統一されました。
それぞれの地域によって定める農薬や化学肥料の使用基準「慣行値」というものがあり、それに対して、
1.節減対象農薬(JAS規格で使用可能な農薬を除外したもの)の使用回数が50%以下
2.化学肥料の窒素成分量が50%以下
で栽培されたものが特別栽培農産物に指定されますので、「無農薬」表記されていても有機JAS規格で認められたボルドーなど許容農薬が殆どの無農薬リンゴに使用されています。
しかし木村さんは、銅が土壌に蓄積する「重金属汚染」を心配してボルドーを使用していません。
今回御紹介するリンゴは、農薬も許容農薬も化学肥料も使用していません。

木村さんがよく話されるリンゴの世界三大史
人類にとって世界を大きく変える時に西洋では知恵の象徴とされているリンゴが登場すると言われています。
●天地創造最初の人類アダムとイブ
人類最古の文明を生み出したとされるシュメル人が書き残した天地創造の物語に登場するアダムはヘブライ語で「土」「人間」の意味を持ち、エバは「生きる者」「生命」の意味があります。
「命の木」と「善悪の知識の木」の2本の木があり、神はアダムに対し善悪の知識の実だけは食べてはならないとしましたが、エバは蛇に唆され食べてしまい、アダムにもそれを勧め、食べてしまった結果、蛇は腹這いの生物となり、女は妊娠と出産の苦痛を受けるようになり、地(アダム)は呪われ、実りがなくなり、額に汗して働かなければ食料を手に出来なくなりました。
●ニュートンの万有引力の法則
1665年ニュートンがイギリスの生家の庭でリンゴが落ちるのを見て、万有引力の法則を発見してから300年を記念して1964年にイギリスから日本へこのリンゴの木の枝を接木して譲り受けました。
●IT革命を起こしたアップル社
「Macintosh」とは、「旭」という北米でポピュラーな品種のリンゴの英名です。
日持ちがしないので日本ではあまり流通されていません。
アップル社のロゴマークは、「ひとかじり」を意味する「a bite」とコンピューターの情報単位である「byte」をかけてるそうです。
●「奇跡のリンゴ」から地球環境と健康をよくする⁉
1930年、医学史上の大天才と呼ばれたドイツの医学博士マックス・ゲルソンは、癌を全身の栄養障害、代謝障害と捉え、無農薬の新鮮な人参や林檎を中心に栄養素や酵素が壊れない様に生食で1日4~6kg、またはジュースにして1日数回に分け1~3ℓ摂取し、自然治癒力を高める食事療法を実践し、あらゆる病気に薬を使用しない治療法として効果を発揮し、世界中に拡がりました。
現代の先進国では2人に1人が癌で亡くなる程に罹患者は増え続けており、ゲルソン博士の孫娘シャルロッテ医師を始めとする日本も含めた世界中のクリニックでゲルソン療法が行われる様になり、多くのガンサバイバーがこのゲルソンジュースを実践しています。
木村さんが林檎農園を継いだ際に奥様が身体の不調が農薬である事に気づいた事がきっかけで無農薬での林檎栽培に成功し話題となり、世界中で農薬を使用しない事が地球環境と健康を改善できると訴え続けています。
「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる。」
これはアルバート・アインシュタインの言葉ですが、既に世界中でミツバチの大量失踪する現象「蜂群崩壊症候群(CCD)」が発生しています。
私達が普段食べている、リンゴ、オレンジ、イチゴ、玉ねぎ、ニンジンなど、殆どの農産物の花粉媒介は、昆虫の主にハチが行っています。
ハチの激減は、地球上の植物を減少させ、生態系のバランスが崩れ、農作物を減少させ、農業の後退を引き起こし、家畜の餌の高騰から、肉類や乳製品価格にまで影響が及び、世界中の食糧危機を招いています。
こうした背景からオランダ、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパを中心に多数の国がネオニコチノイド系殺虫剤の農薬成分から使用の禁止を始めました。

ふじ林檎とは
青森県南津軽郡藤崎町の農林省園芸試験場東北支場(現在の果樹研究所リンゴ研究拠点)で1930年代後半に育成され、1962年に品種登録されたリンゴの品種で、デリシャスと国光の2種類のリンゴを交配したものです。
2016年収穫量は年406,600 tで、リンゴ収穫量の 53.2% を占めています。
収穫量が多いのは青森県で 224,600 t 、次いで長野県の 85,300 t 。
日本を代表するリンゴ「ふじ」の海外での人気が高まってます。
中国ではリンゴ生産量 2000万 t の 45 % がふじです。
アメリカでは、リンゴ人気ランキング1位デリシャス、2位ゴールデンデリシャス、3位ガーラ4位ふじです。
アメリカのリンゴ生産量50%以上のデリシャス発祥の地ワシントン州では、デリシャスとゴールデンデリシャスに次いでふじが年135,000 t 生産されています。

名前の由来
育成地である青森県藤崎(ふじさき)と富士山に由来し、更に発案者が女優の山本富士子のファンであったことも命名の理由です。
尚、中国では「富士苹果(へいか:リンゴ)」、欧米では「Fuji」と、それぞれ日本同様の名前で親しまれています。

サンふじ林檎とは⁉
袋をかける有袋栽培が「ふじ」、袋をかけない無袋栽培が「サンふじ」です。
リンゴの栽培は非常に難しい事から本来は有袋栽培でしたが、品種改良や栽培な仕方で袋をかぶせなくてもキレイなものが出来るようになり、大半がサンふじとなりました。
袋をかけたふじが赤くキレイになるのに対して、サンふじは太陽光を多く浴びているので色ムラが多いものの糖度が高くなります。
貯蔵性、保存性の面では有袋のふじの方が優れています。
サンふじは、サンつがる同様に長野県産の無袋ふじの登録商標となっています。
大きさは300~400g野球のボール程度です。

HIRYUではすべての食品をNaIシンチレーション検出器:ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200により、放射線技師がγ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgです。
(スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。
これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。食品基準値は100Bq/kgです。)
食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標としています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。



当店は主に健康上の理由を目的にされているかた向けに、農薬や化学肥料、有機JAS認証済であってもボルドーなど許容農薬も使用しない栽培で収穫した農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料栽培生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬青果を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。



毎日の健康の為に人参と檸檬のジュースを飲まれている方が多くいますが、季節に合わせて林檎を加えるとより効果的になります。

原材料と関連商品
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・無農薬林檎
無農薬人参
無農薬檸檬
アグアVH100(有害物質や悪玉菌を低減、酸化還元力のある酵素水)
低温圧搾方式コールドプレスジューサー
食材の保存にはEMBalance
glass art by mitsuhiro hara

レシピ(200mlの場合)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①林檎と人参を洗い、皮つきのまま適当な大きさに切ります。
②果物の栄養素や細胞を壊さない低温圧搾方式コールドプレスジューサーでジュースにします。
③グラスにジュース200ml、レモン果汁大さじ1(15cc)、効酸果小さじ1(5cc)、アグアVH100を1滴入れて約1分混ぜれば完成です。
※VH100を入れたジュースと入れてないジュースを是非飲み比べてみて下さい。
生野菜が苦手な方には飲みやすくなると思います。

栄養
 ̄ ̄
人参には、抗癌作用のあるβカロテンと、βカロテンの2倍の抗癌作用があるαカロテンが豊富に含まれており、米国立癌研究所でも1日に6mgのβカロテンの摂取が癌予防になるとされ、檸檬には、柑橘類中トップクラスの抗酸化作用のあるビタミンCが豊富で、癌細胞に直接注入する治療もある程です。
林檎や梨には100g中に110mgも含まれているカリウムと眼球内の毛細血管まで酸素や栄養成分を送り、眼のピントを調節する毛様体の働きをよくし、疲れ目の回復効果と抗酸化作用のあるアントシアニンそして、抗癌作用のあるビタミンB17があり、フィンランドで25年間行われた疫学調査で林檎の摂取が肺癌リスクを58%軽減、全ての癌リスクを17%軽減させたレポートがあります。

コールドプレスジュースの注意点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本来は野菜や果物をそのまま摂取するのが良いのですが、沢山を食べることができません。
そこでジュースにすることで、体内の消化酵素を節約し、栄養を効率よく摂取することが出来ます。
栄養素や酵素を壊しにくい低温圧搾方式コールドプレスジューサーの場合、吸収率が4倍、消化吸収時間が1/20(3~5時間かかるものが10~15分)で摂取できます。
しかしここで問題なのが食物繊維を取り除いてしまうことです。
日本人の食物繊維摂取量は、15g以下と非常に不足しており、厚労省からも男性20g以上、女性18g以上に目標量が設定されています。
毎日の排便のためには1日20g、心筋梗塞の予防には1日24g以上摂取する必要があります。
弥生時代の咀嚼(そしゃく)回数は4000回、食事時間51分、白米が広がった江戸時代の咀嚼回数は1500回、食事時間22分、そして現代の咀嚼回数は600回、食事時間11分と言われ、食物繊維不足から大腸癌の人が非常に多くなっており、国内の癌死亡者のうち大腸癌を原因とする割合が女性1位、男性3位、総合2位、罹患率は国民の7%まで上昇すると予想されています。
2003年、世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)による「食事、栄養と生活習慣病の予防 」では、食物繊維は肥満、糖尿病、心臓病のリスクを下げると報告され、野菜や果物や玄米からの摂取をすすめています。
2007年、世界癌研究基金とアメリカ癌研究協会によって7000以上の研究から分析した報告書では、結腸や直腸の癌の予防関連がありうるとしました。
他にも食物繊維の不足からなる生活習慣病が多岐に及ぶ心臓や循環器疾患、肥満なども含めた多くの病気との関連を認める研究報告が増えています。
栄養素や酵素を摂るのにはコールドプレスジュースは非常に有効ですが、同時に食物繊維を摂る必要があります。
その最適な食事の摂り方が、酵素玄米御飯と生野菜を良く噛んで食べることです。
酵素玄米御飯について詳しく知りたい方はこちらを☞CLICK
「酵素玄米菜食と生活習慣」のセミナー参加希望の方はこちらを☞CLICK




無農薬・無化学肥料栽培 サンふじりんご5kg鳥取県産・放射性物質検査済

商品コード:
apple_tottori12
通常価格(税込):
8,600
販売価格(税込):
7,740
ポイント: 154 Pt
関連カテゴリ:
果物
鳥取産の無農薬・無化学肥料のりんごです。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。