【送料無料】30年産新米!!超希少! 木村秋則式自然栽培まっしぐら玄米 30kg 青森産 無農薬 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine








世界には12万種類ものお米があり、そのうち世界から美味しいと認められるジャポニカ種は全体の10%以下と言われています。
日本の農産物で最も農薬が使われているのがお米であり、有機栽培のお米は0.11%とされており(農林水産省 平成28年認定事業者に係る格付実績)、許容農薬も使用されていない無農薬・無化学肥料栽培になると更に希少になります。
また、自然栽培(無農薬・無肥料)になると皆無に等しいほど、非常に希少です。
「まっしぐら」は、青森県のブランド米で推奨品種に指定され、あおもり米の食味・品質の向上にまっしぐらに、そして、きまじめに取り組んでいく気持ちを込めて生まれた期待の品種です。
全国で水稲うるち米の作付面積1,473,967haに対し品種数432ある中で、まっしぐらの作付面積は29,222ha(全国作付面積割合第8位、1.9%)です(平成25年度版農林水産省 水陸稲・麦類・大豆奨励品種特性表)が、農薬も肥料も使わない自然栽培のまっしぐらとなると、全国作付面積割合は僅か0.0001%以下と推定されるほど希少です。
"HIRYUのまっしぐら"は、キリストの墓がある地で農薬や肥料を使用せず、自家採種して栽培され、実は磔を逃れて日本へ移り住んだ晩年のキリストがお米を栽培して民に分け与えていたという逸話とつながりを感じるお米です。
本州最北の地である青森県は、稲の生育期間である5月から10月までの日照時間は、東北では最長、関東と比べても約20%も長く、品質と収穫量に恵まれた土地です。
更に農場のある青森県三戸郡新郷村は、県東部に流れ込む十和田湖の渓流・奥入瀬川、南部の馬渕川、津軽平野に流れ込む岩木川など、美しさと水質に恵まれた水源に囲まれ、乳酸菌や光合成細菌など微生物や昆虫、植物、動物達の生命力が漲る元気いっぱいの自然環境です。
HIRYUのまっしぐらで炊いた酵素玄米ご飯は、コシヒカリに比べると米粒が大きく粒感がしっかりと感じられる硬めの食感であっさりしており、ほのかにフローラルで華やかな、上品な香りが特徴的です。
粒が大きめのお米がお好きな方や、お米の粒感、あっさり食感に拘りをお持ちの方は、ぜひ、HIRYUのまっしぐらをお試し下さい。
酵素玄米寿司、酵素玄米ご飯のカレー、酵素玄米丼には、「まっしぐら」が向いています。
ぜひ、コシヒカリとまっしぐらの異なる食味と芳香を、目的の料理に合わせた使い分けをしてお楽しみ下さい。



自然豊かなこの地で青森県のブランド米「まっしぐら」を映画「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さんの木村秋則自然栽培ふれあい塾監修の下、自家採種のお米を農薬や化学肥料は勿論のこと、有機肥料(畜産堆肥、米糠、油粕、魚粕を含む自然堆肥)を一切使用せず栽培しました。
木村式自然栽培法は、農業遺産として登録した「能登半島の米づくり」を始め、ドイツ、韓国、台湾などでも広がりを見せており、国内外から注目され、平成23年6月に世界重要農業資産システム(GIAHS ジアス)に認証されています。

上写真は、除草剤を使用していないので、田植えが終わってから除草機で約10日おきに3~4回草取りを行い、除草機で取れない草を手作業で取り除いている様子です。


酵素玄米御飯とは
玄米・小豆・塩を一緒に1.8気圧110℃以上で約1時間じっくり炊飯し、72~74℃で熟成させることで、メイラード反応が起こり、褐色物質メラノイジンを生成します。
メラノイジンは味噌・醤油・納豆などの大豆発酵食品の着色と同様に抗酸化作用、活性酸素消去活性、ヘテロ環アミノ化合物(発癌物質)に対する脱変異原活性があり、熟成度が高い程に老化や病気の抑制効果が高まる事が報告されています。
玄米の場合も赤くなるほど効果は高く、4日熟成させた酵素玄米御飯にβ-カロテンやビタミンCが含まれる生野菜や漬物など副菜を付け合わせる事で完全食となり、太りすぎや痩せすぎの体重を適正体重に戻しながら健康的なカラダをつくりだします。


日本の農産物で農薬が最も多く使われているのがお米です。
農薬や放射性物質は籾(もみ)や糠(ぬか)に溜まりやすい特徴があります。
玄米の場合、籾は取り除きますが、栄養の殆どが含まれる糠は取り除きません。
米糠を取り除いた白米でも農薬や放射性物質が残ってしまうことがあります。
HIRYUでは無農薬のお米を放射線技師が、NaIシンチレーション検出器:ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgです。
(スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。食品基準値は100Bq/kgです。)
食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標としています。
今回の測定結果は、0Bq/kg不検出(ND)でした。


米の収穫は一年に一回です。
収穫から日が経つほどに鮮度が落ちて発芽率が下がりますので、環境のよい収穫地の米蔵で保存管理を行い、
週に2回注文量に応じて出荷場に移動して発送を行っています。
包装には、ビニールではなく以下の理由から紙包装にしています。
①化学物質過敏症の方に配慮して、間接添加物であるビニールは使用していません。
②玄米は発芽する活きているものなので、湿度調整や呼吸の必要性があります。
③再利用や地球環境問題




お米の保存の適温は14℃です。
食品の栄養や鮮度を損なわないエンバランス保存袋や容器に入れて冷蔵庫で保存して下さい。
冷蔵庫に保存しない場合は、高温多湿にならない環境で保存して下さい。
米びつの中に鷹の爪(赤唐辛子の乾燥品)を入れておくと、虫の発生を予防することができます。







【送料無料】30年産新米!!超希少! 木村秋則式自然栽培まっしぐら玄米 30kg 青森産 無農薬

商品コード:
massigura-g30kg
通常価格(税込):
48,000
販売価格(税込):
32,400
ポイント: 324 Pt
関連カテゴリ:
米、大豆・小豆
酵素玄米
自然豊かな青森県三戸郡新郷村で栽培した、自家採種のお米「まっしぐら」。
「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんの「木村秋則自然栽培ふれあい塾」監修のもと、農薬はもちろん、肥料さえ不使用で栽培しています。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。