紀州自然梅干し 200g 無農薬・無肥料・和歌山県日高郡みなべ町産 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine




200g¥1,280 (すべて税込表示価格)
500g¥3,150
1kg¥6,100
2kg¥12,000
3kg¥17,700
5kg¥29,000
10kg¥54,000


冬に咲く梅の花。寒さを耐え忍んで美しく咲く姿は、日本人の禅の心に深く重なり、奈良時代までは桜よりも梅の花が愛でられていました。
梅干しが初めて日本の書物に登場したのは平安時代。
村上天皇の病気が梅干しにより回復したことが記されています。
江戸時代には庶民にも梅の人気は広まり、特に和歌山県みなべの梅は「田辺印」として評判が高まりました。
HIRYUの梅干しは、そんな梅の本場で、約30年も前から農薬や肥料を一切使うことなく、木の枝で丸くふっくらと完熟するまで育てた南高梅を使用しています。
高知県室戸岬の海洋深層水から造られたミネラルたっぷりの純国内産自然海塩に漬け込んだ滋味たっぷりの梅干し。
「命の糧としての食べ物だから」
異常気象や予期せぬ害虫の大発生で、収穫を前にして壊滅的な被害を受け、天を仰ぎ無念の涙を流したことも幾度かあったといいます。
それでも化学物質は一切使うことはせず、強い思いを抱いて作り続けてくれている農園さんの紀州自然梅です。
果肉はたっぷりでしっかりとした繊維質も残っていて柔らか。
ほどよい酸味で運動後や仕事の疲れを癒してくれます。

【梅林止渇】という四字熟語をご存知ですか?
「三国志演義」という物語の中で、魏を率いる曹操が行軍中、暑さで喉の渇きを訴える兵士たちに「近くに梅林があるから、酸っぱい梅を食べて喉の渇きを癒すがよい」と言うと、兵士たちは酸っぱい梅を想像して唾液が出てきた為、喉の渇きがおさまり、行軍を続けられたという一節があります。
古来から梅=酸っぱいというイメージがあったということですが、最近は梅干しを食べなくなったことや甘く加工された調味梅干ししか食べたことがなくて「梅干し」と聞いても唾液が出なくなった方が多いと言われています。
梅干しを思い浮かべると出てくる唾液にも、重要な役割があります。
唾液の中には「アミラーゼ」という消化酵素がレモンの倍近くも豊富に含まれていて、でんぷんの消化を助ける重要な役割を担っています。
また、最近注目の「カタラーゼ」という酵素も含まれていて、がんや心臓病や老化の原因となる活性酸素を抑えてくれます。
唾液の分泌をさせるだけでもこんなにパワフルな作用があります。
これも梅の効能といえるかもしれませんね。

梅干しにはカリウムが多く含まれています。カリウムは余分なナトリウムを汗や尿として排泄してくれるため、高血圧予防、身体のむくみや足のつりを防止します。
骨密度を高め、骨粗鬆症を予防し、高血圧・動脈硬化を予防するカルシウムに豊富です。
アスパラギン酸は疲労の原因とある乳酸を分解し、疲労を回復します。
さらに、食物繊維は水に溶ける「水溶性」と、溶けない「不溶性」がバランスよく含まれているため、満腹感を与え、腸の動きを活発にし、便通をよくし、肥満を防止します。
「すっぱい」味覚を刺激するクエン酸は、微生物の繁殖を抑える働きがあり、胆汁の分泌を促進する事で食中毒の原因のひとつである腸炎ビブリオ菌を殺菌してくれます。


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。


紀州自然梅「恵」は、全部で7種類の容量をご用意しております。
容器は内容量によって変わります。
200g入:ペット角
500g入:ペット角
1kg入:パルプ角
2kg・3kg・5kg・10kg入:プラ角
自然栽培の紀州南高梅を、お好きな量をお買い求めください。


酵素玄米ご飯と梅干しの相性がよいので、割主烹従飛竜では、梅干しを使っておむすびやお茶漬けなどをご提供しております。
今回は梅茶漬けのご紹介を致します。

材料
 ̄ ̄
酵素玄米御飯
●梅干し
北海道尾札部産真昆布
自家製乾椎茸
オーガニックたまり醤油
ゲランド塩セルマリン

レシピ
 ̄ ̄ ̄
①乾椎茸と昆布を水に付け、出汁を取る。
②小鍋に出汁を入れ火にかけ、醤油と塩で味をつける。
③器に酵素玄米ご飯と梅干しを盛り、②の出汁をかけ、お好みで大葉や葱、金胡麻刻み海苔をのせ、完成。


紀州自然ねり梅「恵」:梅干しの種を取り、裏ごし致しました。梅の実そのものです。
150g ¥880
280g ¥1,280
500g ¥2,180

自然栽培梅酢「恵」
200ml ¥580
720ml ¥1,580

紀州自然梅干し 200g 無農薬・無肥料・和歌山県日高郡みなべ町産

商品コード:
ume-200
販売価格(税込):
1,280
ポイント: 25 Pt
関連カテゴリ:
食品
和歌山県産 自然栽培(無農薬・無肥料)で育った南高梅使用。

HIRYUで販売している梅干しは、完全無農薬・無肥料栽培に28年もの長きに渡り情熱を注ぎ、こだわり続けている三尾農園の梅干しです。

木の枝で丸くふっくらと完熟するまで育てた梅を、20kgで2万円から3万円もする高知県室戸岬の海洋深層水から造られたミネラルたっぷりの純国内産自然海塩に漬け込んだ滋味たっぷりの梅干しです。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。