希少!“自然栽培のレモン”3kg 広島県産 無農薬・無肥料・放射性物質検査済・糖度10.3% / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine




1kg¥1,450 (すべて税込表示価格)
3kg購入で¥4,350→ 3%OFF SALE ¥4,200(@¥1,400/1kg)
5kg購入で¥7,250 → 6%OFF SALE ¥6,750(@¥1,350/1kg)
10kg購入で¥14,500 → 10%OFF SALE ¥13,000(@¥1,300/1kg)

ミカン科ミカン属のレモンの原産はインドのヒマラヤであり、その原種シトロン(右上写真)です。
シトロンとレモンに多く含有するクエン酸はシトロンの漢名「枸櫞(くえん)」に由来しています。
シトロンは古来から地中海沿岸で栽培されてきました。
いつからレモンに枝分かれしたのかは不明ですが、ペルシアにおいてサーサーン朝時代(226-651年)には栽培され、サーサーン朝を征服したイスラム帝国のアラブ人も栽培しており、904年の農業記録にシトロンとレモンを区別した文献が最古の記録として残されています。
9世紀にはイスラム帝国が征服したシチリアでもレモンの栽培が始まり、現在まで大産地となっています。
そのイタリアシチリア島を原産とするレモンが、今回ご紹介するユーレカ種になります。
シチリアの気温は1年を通して日本の気温とよく似ているので日本でも栽培が可能であり、高品質品種であることから世界各地でも栽培されています。
ユーレカの他に三大主力品種に、サンキストレモンで有名な1917年カリフォルニアで開発された「リスボン」と、1908年に北京からアメリカ農務省のフランク・ニコラス・マイヤーが植物サンプルで持ち帰った中国のオレンジとレモンの交雑種に由来する「マイヤー」があります。
歴史のあるユーレカに対して、リスボンとマイヤーが19世紀に入ってから誕生したのはビタミンが大きく影響しています。
15世紀末からどの国も航海時代に突入し、長旅の船上で生鮮青果が食べられない事から多くの船員が壊血病(ビタミン欠乏症の一種)になりました。
1601年食糧にレモン果汁を積んだイギリスのとある船に壊血病が発症しない事が話題となり、1748年イギリス海軍の実験ではレモンなど柑橘類が壊血病の予防になる事が分かります。
しかし当時レモンはとても高級な食材で、ビタミンが発見される前だったので、レモンの何の成分がどのように作用するのかは分かりませんでした。
1795年イギリス海軍は、艦船にレモン果汁の積載と配給を義務付け、レモンの消費拡大のきっかけとなり、栽培が拡大しました。
そして1920年イギリスの生化学者ジャック・セシル・ドラモンドがオレンジ果汁から壊血病を予防する成分の抽出に成功し「ビタミンC」と命名。
これを受け世界中で栽培されるようになります。
日本には1873年(明治6年)に静岡県で栽培が始まり、1898年(明治31年)広島県でも栽培が始まり、1929年(昭和3年)今回ご紹介するレモンの産地である瀬戸内海の諸島でも栽培が始まります。
西洋食の普及に伴い瀬戸内のレモンを中心に生産は増え続け、海外に輸出するまでになり、1953年(昭和28年)広島県が日本一の生産量となり、1963年(昭和38年)広島県が日本の生産量の半数を占めるまでになります。
しかし1964年(昭和39年)輸入レモンの自由化、1970年(昭和45年)には輸入レモン果汁の自由化となり、低価格なレモンが大量に輸入された事で国産レモンは生産が激減、更に1976年と1981年に主産地の瀬戸内が寒波に襲われ、レモンの木が枯死し、生産量はなんと231tの壊滅状態となり、国内を流通するレモンは殆ど輸入品となりました。
しかし1975年に輸入レモンのポストハーベスト農薬が検出された報道に懸念する人が徐々に増えていき、紅茶など抗酸化成分が多く含まれるレモンの皮を使用することに抵抗を感じる人や飲む点滴として毎日レモンを必要とするガンサバイバーの間で国産レモンの需要が高まり、1982年からは増産となり、2014年の国内での生産量は10,095.4tにまで増加しています。
病気やアレルギーが増える現代において90%の原因とされる活性酸素に有効な水素と抗酸化効果のビタミンCが豊富なレモンが注目され、更に国産無農薬レモンの人気が急騰しています。
有機JAS申請されている農地面積の割合は0.2%、農薬以外に化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下とされているなか、無農薬レモンの生産量は他の作物より増産傾向にありますが、まだまだ希少価値の高い食材ではあります。
HIRYUではこの無農薬更に無肥料の国産レモンに拘り、販売実績1位の信頼を得ております。
今回ご紹介する瀬戸内のユーレカ種のレモンは農薬も肥料も使用していない、数少ない非常に希少なレモンです。
エンバランス保存で鮮度と栄養の長期保存も可能ですので、是非ご利用下さい。



アメリカ国立癌研究所では、天然の抗生物質として癌予防に有効な野菜40種類を3層区分のピラミッド「デザイナーフーズ計画」を公表し、レモンは2層ランクに選ばれています。
レモンと言えばビタミンCですが、他にもカルシウム・ビタミンE・葉酸・食物繊維が豊富です。

ビタミンC
ビタミンの王様と言われるほど重要で、健康に直接作用し、大きく影響しますがレモンは1日丸ごと1玉食べると目標量に達する事ができます。
90%の病気の原因とされる活性酸素に対しての抗酸化作用や抗菌作用があり、癌の治療にも利用される程に抗癌作用があるほか、髪や爪、肌などの荒れの解消、疲れ目や疲労回復、風邪の予防、二日酔いなどにも大きな効果があります。

カルシウム
カルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムは骨の強度となり、マグネシウムとリンが結合したリン酸マグネシウムは骨に柔軟性となり、骨や歯となって貯蔵されます。
血液には一定の濃度がイオンとして存在し、酵素の活性、筋肉収縮、体温や血圧調整、神経のストレス緩和など生体機能の維持および調節に不可欠な役割を担っていますが、濃度が不足すると、骨を溶かして供給するので骨量が少なくなります。
規定値の70~80%の骨量の方は骨粗鬆症予備軍、70%以下の骨量の人は骨粗鬆症と診断されます。
骨量は、個人差にもよりますが20~45歳程までしか増やす事ができないので、それまでにできるだけ骨にしっかりカルシウムを貯蔵して老化に伴う骨量減少に対策しなければなりません。

ビタミンE
化学名は「トコフェロール」といい、ギリシア語でTocosは「子どもを生む」、pheroは「力を与える」という意味がある様にビタミンEは、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの材料で、更年期症状を軽減する事や排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告や男性もビタミンEの投与によって、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。
更に抗酸化力に優れているビタミンA・C・Eの相乗効果をビタミンエースといい、活性酸素や過酸化脂質が原因で起こる高血圧、心筋梗塞、脳卒中など動脈硬化、肌荒れやシミ、白内障、アルツハイマーなどの老化減少、生理痛、不妊、更年期障害など生殖機能を予防・改善します。

葉酸(ビタミンB9)
ビタミンB12と共に、赤血球の生産を助ける造血ビタミンですので、欠乏すると貧血、めまい、動悸、頭痛、吐き気などの症状が出ます。
特に妊娠中の欠乏は、胎児の神経や脳の生成に異常をきたすリスクがある事から、厚労省では妊娠を計画している女性に1日400μgの葉酸を摂取する事を推奨しています。
アルコールやアスピリン、ピルなどを飲んでいる人は、欠乏しやすくなるので十分な摂取を心がけましょう。
また葉酸に富んだ食事からの摂取は抗癌作用がありますが、葉酸サプリなどの不適切な摂取は癌の発生率を高める事が世界中の研究で多数報告されているのでご注意下さい。

食物繊維
現代は2人に1人が癌で亡くなっており、その癌死亡率1位が大腸癌であり、食物繊維不足が大きな要因とされ、これまでは「食物繊維はカラダに吸収されない、食べ物のカス」とされてきましたが、1997年に文科省「五訂日本食品標準成分表」に明示される事になり、炭水化物(糖質)、蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素に続く6番目の栄養素として重要視するようになり、1日20gの摂取を目標量に設定しました。
食物繊維は大腸で酵素分解され、分解の際に乳酸菌などの善玉菌が無臭である水素、窒素、二酸化炭素、酸素、メタンなどを発生させ、肉や五葷など硫黄分を分解するウェルシュ菌などの悪玉菌が発生する悪臭の硫化水素、二酸化硫黄、二硫化炭素、酪酸、アンモニア、ホスフィン、インドール、スカトールなどガスを排出したり、腸内の有害物質・老廃物・毒・発癌物質を排泄し、大腸癌予防します!




酸化とは
鉄が酸化するとサビてしまう様に、体内に取り入れた酸素の2%は「活性酸素」となり、酸素と化合しやすい物質が体内にある程に水素イオンを奪い、細胞を酸化させた結果をいいます。
即ちカラダをサビさせ、老け、老化、病気を促進させます。
90%の病気やアレルギーは活性酸素が原因とされています。

還元とは
酸素と化合した物質が水素イオンを得て、元の物質に戻る事をいい、酸化してしまった細胞を元の状態に戻すので、細胞を若返らせて体質を改善します。

酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential; ORP)とは
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定する事ができます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスになるので酸化物質が多い事を意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多い事を意味します。
電位範囲は、酸化物質の酸素(O)は最大で+820mV、還元物質の水素(H)は最大で-420mVになります。
溶液の基本である水の場合+250mVを基準に、数値が高いほど酸化している事を示し、数値が低いほど還元(抗酸化)している事を示します。
水道水の場合+532mVは非常に酸化力が強い事を示しています。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオンを補う為です。
HIRYUの無施肥のレモンは、+166mVなので、酸化している体をよく還元してくれます。
※酸化還元電位は、溶液が酸化傾向にあるのか還元傾向にあるのかを測定するものであり、溶液の中に多数のイオンが存在している場合の各イオンの酸化還元電位を測定する事は出来ません。

酸化と酸性と酸の違い
酸化とは、水素イオンを失い、酸素と化合した結果です。
酸性とは、水素イオンを与える事ができ、酸素と化合できる酸の性質です。
溶液中にどれだけ水素イオンがあるかを測定(水素イオン濃度指数)する計量法が、pH(ペーハー)になります。※pHは単位ではなく計量法上の読み方になります。
pHは0~14までの数値があり、中性を7として以下を酸性、以上をアルカリ性としています。
数値が1低下するごとに水素イオン濃度が10倍になり、 1上昇するごとに10分の1になります。

「酸化と還元」「酸性とアルカリ性」による食の診断
強酸性といえば何でも消化してしまう胃酸pH1~2です。
食べた他の動物の肉を消化するのに自らの胃を消化しないで済むのは胃壁が強いからですが、pHが下がり過ぎれば、胃に穴があいてしまう胃潰瘍になります。
胃酸はストレス状態になると還元力から酸化力に変わるので注意しましょう。
pH2のコーラや炭酸ジュースが骨や歯をボロボロにするというのは酸が影響するからです。
レモンと重曹(塩)でホワイトニングしないように歯医者さんが注意するのは、pH5.5以下になるとエナメル質などを溶かし、虫歯の原因になるからです。
酸性食品を食べた後は、すぐに歯を磨くよりは、水で中和してからがよいです。
酸性であるレモンを代表に野菜や果物がアルカリ食品と言われるのは、果物に含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが水に溶けるとアルカリ性を示すからです。
肉、魚、玄米などは、硫黄、リン、塩素などのミネラルが含まれているので、体内に入ると硫酸、塩酸、リン酸になり酸性を示すので酸性食品と呼ばれています。
「アルカリ性食品」「酸性食品」という言葉で良し悪しを決めている方が多いようですが、酸とアルカリの性質だけで判断するのではなく、「酸化と還元」の結果も含めて判断する事が大切です。
私達のカラダは、良いものも悪いものもすべて体内で中和されてpH7.35~7.45、ORP-200mV~+250mVの血液に変換され、カラダの組織や細胞が作られます。
このバランスを崩すと病気の原因になります。
良くないのは「酸化食品」です。


NaIシンチレーション検出器:ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgです。
(スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。
これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。食品基準値は100Bq/kgです。)
食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標としています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。




当店は主に健康上の理由を目的にされているかた向けに、農薬や化学肥料、また有機JAS認証済であってもボルドーなど許容農薬も使用しない栽培で収穫した農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。



材料
 ̄ ̄
●レモン 30g
冷凍バナナ 60g
ヴィーガンヨーグルト 120g
glass art by mitsuhiro hara しずく皿大

レシピ
―――
①バナナの皮を剥いて冷凍する。
②ミキサーに種を取ったレモン、ヴィーガンヨーグルト、冷凍しておいたバナナを入れ撹拌する。
お好みのケーキにかけたり、グラノーラと一緒にお召し上がりください。

希少!“自然栽培のレモン”3kg 広島県産 無農薬・無肥料・放射性物質検査済・糖度10.3%

商品コード:
kuni-lemon-3
通常価格(税込):
4,350
販売価格(税込):
4,200
ポイント: 84 Pt
関連カテゴリ:
果物
広島県で無施肥で育てたレモン。

無農薬・無肥料なので、安心して皮ごとお召し上がりください。

もちろんノーワックス。ポストハーベストも不使用です。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。