殻付き落花生1袋×210g千葉県産・無農薬・無化学肥料栽培・無洗浄・無漂白・放射性物質検査済 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine
殻付き落花生1袋×210g 千葉県産・無農薬・無化学肥料栽培 無洗浄・無漂白・放射性物質検査済







千葉県名産といえば落花生。千葉県の土地・気候によく合い毎年美味しい落花生ができあがります。
お客様のリピート率が非常に高い!
HIRYUスタッフにも大人気の無農薬殻付き落花生です。

落花生は花が地面に落ち地中に実を生むその様子から「落花生」と名付けられました。
殻付き落花生は5月に種を蒔きます、太陽の光をたっぷり浴びてどんどん成長します。
沢山の実をならせた落花生を堀りおこすのは10月、3~5株ほどをひとまとめにして根を上にして立てて1週間ほど乾かします。これを地干し(じぼし)と言います。
地干しが終わると、円筒状に積み上げます。
1~2ケ月の間、11月の寒さと北風でゆっくりと自然乾燥させていきます。
この円筒状に積み上げたものを「ぼっち」といいます。落花生農場の晩秋の風景です。

次は脱穀です。昔ながらの唐箕(とうみ)を使用し、
農家さんは真っ黒になりながら麻の袋につめていきます。
最後の仕上げは、煎り作業です。
丸い金網状の筒になった中に落花生を入れ、筒をゆっくりと回転させながら煎っていきます。
この煎る時間で味が決まります。
煎り機につきっきりになりながら、ベストなタイミングを逃さないように一回一回丁寧に煎り作業を行っていきます。
この殻付き落花生は、水洗いせず、畑でとれたまんまで煎ります。
見た目は悪いですが時間と手間をかけて作りあげた一品です。


鞘は凹凸がなく、白くてキレイな方がイメージは良いですが、実は鞘がつるっとしている場合は収穫が早すぎて未熟なものです。
本来、収穫したものは土が付いているので、白くてキレイなものは洗浄されており、洗剤も使用されている場合もあります。
HIRYUの落花生は、天日干しで乾燥させて、土を落としやすくして、昔ながらの農機具「唐箕:とうみ」(写真左)を風力を利用して汚れやゴミを取り、選別しているので、見た目は悪いかもしれませんが、安心・安全の落花生です。
食べ終えた鞘にも栄養があるので肥料としても活用できます。

落花生の世界の総生産量は4232万t、そのうちの約40%が中国(1571万t)です。
基本は剥き身の状態で貿易されており、日本への輸入量は約12万t、日本での生産量は剥き身換算で1万2300t。そのうち78%にあたる9590tが千葉県産です。
有機認証を受けている農地面積の割合は、中国0.3%、日本0.2%。
農薬以外に化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下とされている事から計算すると、無農薬・無化学肥料栽培の国産落花生は9t以下と推測されます。
日本で生産されている主な品種は以下の通り
・千葉半立(千葉県農試選抜)
・ナカテユタカ(千葉県農試育成)
・郷の香(千葉県農試育成)
・立落花生一号(神奈川県農試選抜)
・改良半立(神奈川県農試選抜)
・フクマサリ(千葉県農試育成)
・オオマサリ(千葉県農試育成)
現在は落花生の育種研究施設は千葉県の農業総合研究センター育種研究所(略称:農試)のみでしか行われておらず、野生種30種、栽培種約1,500種の遺伝資源を保有し育種研究され、これまでに15品種が誕生しています。
煎りに適している品種が「千葉半立」「ナカテユタカ」、茹でに適している品種が「さとのか」や「おおまさり」です。
千葉半立は、とても香ばしく甘味の強い濃厚な味で落花生王国千葉県を代表する品種。
最高級品種と言われる千葉半立は千葉県優良県産品にも選ばれています。
上の写真はHIRYUの無農薬落花生を使ったほうれん草のグリーンカレーです。



脂肪が多く太りやすいというイメージのある落花生ですが、実はそんなことはありません。
落花生の脂肪の50%はオレイン酸、30%はリノール酸という植物性の油で、血中の中性脂肪やコレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸。食べ過ぎは良くありませんが、太りにくい脂肪です。
また、血糖値が上昇するスピードを表すGI値が、上白糖は99、食パンは95、白米は88ですが、落花生は15ととても低く、太りにくい食品といえます。
栄養素としては、体内のナトリウムを汗や尿として排出し、高血圧やむくみを予防するカリウムが豊富です。
さらに、骨に弾力を与え、しなやかで丈夫な骨を形成するマグネシウムも豊富です。
また、抗酸化力の強いビタミンEがたっぷり含まれているため、癌、心筋梗塞などの生活習慣病予防に効果があり、アンチエイジング効果もあります。
そして、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解するナイアシン、利尿作用のあるアスパラギン酸が豊富なため、お酒のおつまみには最適です。
落花生の薄皮はポリフェノールの一種であるレスベラトロールを含み、美肌効果、抗癌作用があります。
殻付きの落花生は、食べる直前まで閉じ込めている豊かな香りを楽しみながら、薄皮ごと食べて下さい。

ラッカセイアレルギー

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ピーナッツバター入りのサンドイッチを食べた男性とナッツアレルギーの女性がキスをした後に死亡する事故がきっかけでナッツアレルギーが話題になりました。
ラッカセイは、材料・加工品ともにアレルギー物質を含む食品として食品衛生法施行規則による特定原材料として指定されており、表示が義務付けられています。
しかし、飲食店では必ずしも表示されていませんので、ナッツアレルギーの人は注意して下さい。
癌を患った事のあるHIRYU代表もナッツアレルギーですが、農薬と化学肥料を使用せずに一切の調味料を添加していないナッツ類や落花生の場合は反応がでません。
アレルギーは、ナッツ類及び落花生の成分と添加物成分、そして体内環境の成分が消化によって起こる結果ですので、アレルギーを起こさない条件にする事が大切です。
ナッツ類及び落花生は栄養価が高く、高カロリーな食材です。
薬になるものは過剰な摂取や方法を間違えると毒にもなるので注意しましょう。


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。
食品中の放射性物質の新たな基準値(厚生労働省)☞CLICK


当店は化学物質過敏症やアレルギー、病気をされているかた向けに、有機JAS認証済であっても許容農薬や化学肥料を使用していない農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。





殻付き落花生1袋×210g千葉県産・無農薬・無化学肥料栽培・無洗浄・無漂白・放射性物質検査済

商品コード:
peanut-1
通常価格(税込):
1,080
販売価格(税込):
1,030
ポイント: 10 Pt
関連カテゴリ:
野菜
食品
ナッツ・ドライフルーツ
千葉産 農薬不使用、化学肥料不使用の落花生です。

名産地である千葉の優良県産品「千葉半立」。
落花生の国内の産地と言えば千葉県ですが、殻をむいた実の部分を呼ぶことの多い「ピーナッツ」は、ほとんど輸入物となっています。殻付きの落花生も、流通しているのものは中国産が多く、国産のものは希少です。

煎ってあるのでそのままお召し上がりください。

カロリーがとても高いので、食べ過ぎには注意して下さい。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。