神奈川県産 無農薬・無化学肥料 キウイフルーツ(ヘイワード) 1kg / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine




通常価格500g¥1,400 (すべて税込表示価格)
1kg購入で¥2,800 → 5%OFF SALE ¥2,640(@¥1,320/500g)
3kg購入で¥8,400 → 12%OFF SALE ¥7,380(@¥1,230/500g)
5kg購入で¥14,000 → 15%OFF SALE ¥11,800(@¥1,180/500g)

2014世界のキウイ生産量1位中国184万t、2位イタリア50万t、3位ニュージランド41万t、日本は9位3万tです。
2016日本の輸入果物1位バナナ、2位パイン、3位オレンジ、4位キウイ9,319万tの97%を占める8,087万tがニュージランド産です。
日本での栽培は年々減少傾向にあり、2016収穫25,600t、自給率0.02%です。
有機JAS申請されている農地面積の割合はニュージランド1%、日本は0.2%。(2015年農水省統計)
有機JASが認める許容農薬や化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下になります。
有機JASが認めている許容農薬や化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下とされている事から計算すると国産無農薬・無化学肥料栽培のキウイは20tとても希少になります。

1930年、医学史上の大天才と呼ばれたドイツの医学博士マックス・ゲルソンが、癌を全身の栄養障害、代謝障害と捉え、新鮮な無農薬の野菜や果物の栄養素や酵素を壊さない生食で1日4~6kg、又はジュースで1~3ℓを1日数回に分けて摂取する食事療法は、自然治癒力を高め、薬を使わずとも効果を発揮した事で世界中に拡がりました。
注目される青果は、カロテン、ビタミンC、カリウムを多く含むニンジン、レモン、リンゴ、トマト、セロリなどですが、最近は抗酸化力のビタミンCが豊富でレモンより容易に摂取できるキウイが注目されています。

「人」を「良」すると書いて「食」と書くように、私達のカラダは食べたものでつくられています。
白血球の顆粒球は3日、腸や胃の内壁の細胞は5日、皮膚は28日、赤血球は120日、肝臓細胞は150日、骨は半年・・・
HIRYU代表も30歳の時に癌を患いました。
「目につく癌という雑草は手術で刈り取り、細かい癌は放射線で焼きはらい、それよりも小さい癌は抗癌剤で除草しますが、土壌となる体質を変えなければ、いつまでも雑草は生え続ける」と考え、「食」を変えることで癌を克服しました。

健康改善するのに拘ったポイントは3つ。
●有機JASであっても許容農薬も化学肥料も使用していない「一物全体」食せる新鮮な農産物。
●血液を酸化させない為にORP+250mV以下の食品。
●放射性物質検査済の食品。



果肉が緑と黄の栄養成分を比較して記載しました。
抗酸化作用と美容効果のあるビタミンCの含有量が最も多いレモン1個には(約100g)100mg含まれていますが、キウイ1個には(約100g)69mgも含まれており、更にビタミンEビタミンB6も多く含まれているので効果が相乗し、レモンよりも容易に摂取できます。
鉄分葉酸も多く、貧血の90%の原因とされる鉄不足も予防できるので女性にはお勧めです。
ゲルソン療法必須の栄養素であるカリウムベータカロテン食物繊維も豊富であり、栄養素が全体的に多く、非常に優秀な食材です。



キウイの平均糖度は13~16%です。
①HIRYUのキウイSSサイズを皮を除き搾汁した糖度を個体別に3回搾汁し測定した結果は、13.3% 13.6% 14.6% とても飲みやすいです。
②無農薬のキウイは皮ごと食せるのでSSサイズを皮ごと搾汁した糖度を個体別に3回測定した結果は、13.0% 13.4% 13.6% 皮にポリフェノールが果肉の50倍あるので酸味が増します。
キウイの名産地であるニュージランドでは、無農薬であれば皮ごと食べるのが普通です。
③HIRYUのキウイLLサイズを皮を除き搾汁して測定した結果は、13.4% 
④更に加熱すると、18.6% 含有量の多いビタミンCが消失することで糖度が増しました。
⑤完熟しているものは、19% とても甘くなるので追熟させてから召し上がるのがお薦めです。

※癌を患っている方から「糖質は癌細胞を増やしてしまうのにゲルソン療法である野菜や果物のジュースの糖分は気にしなくてよいのか」といった質問があります。
ゲルソン療法など食事療法での糖質制限は、砂糖など精製されたものを添加した不自然な食をやめて、一物全体に含まれる栄養を摂る必要があります。


酸化とは
酸化している物質を体内に取り入れると、体内細胞の水素イオンを奪ってしまうので、細胞や組織が酸化してしまい、老化、病気を促進させます。

還元とは
酸化した細胞が水素イオンを得て、元の細胞に戻るので、老化、病気を改善します。

酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential; ORP)とは
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定する事ができます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスになるので酸化物質が多い事を意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多い事を意味します。
電位範囲は、酸化物質の酸素(O)は最大で+820mV、還元物質の水素(H)は最大で-420mVになります。
溶液の基本である水の場合+250mVを基準に、数値が高いほど酸化している事を示し、数値が低いほど還元(抗酸化)している事を示します。
水道水の場合+532mVは非常に酸化力が強い事を示しています。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオンを補う為です。
血液のORPは-200~+250mVです。
血液を酸化させずに還元する為には+250mV以下の食材を摂取する事が健康の秘訣です。
HIRYUのキウイを大きさ別に4個ORP測定した結果は、+111mV、+114mV、+130mV、+132mV、健康に対して還元力のある結果となりました。
※酸化還元電位は、溶液が酸化傾向にあるのか還元傾向にあるのかを測定するものであり、溶液の中に多数のイオンが存在している場合の各イオンの酸化還元電位を測定する事は出来ません。

酸化と酸性と酸の違い
酸化とは、水素イオンを失い、酸素と化合した結果です。
酸性とは、水素イオンを与える事ができ、酸素と化合できる酸の性質です。
溶液中にどれだけ水素イオンがあるかを測定(水素イオン濃度指数)する計量法が、pH(ペーハー)になります。※pHは単位ではなく計量法上の読み方になります。
pHは0(酸性)から14(アルカリ性)までの数値があり、真ん中のpH7が中性になります。
水素イオン濃度が最も高いのがpH0であり、水酸化物イオン濃度が最も高いのがpH14であり、pHが1上昇するごとに水素イオン濃度が10分の1になり、水酸化物イオン濃度が10倍になります。
HIRYUのキウイを大きさ別に4個pH測定した結果は、3.04、3.09、3.22、3.25の強酸性でした。
よってミネラルから水素を発生させ、体内の酸化した細胞を還元する働きが強くあります。


「酸化と還元」「酸性とアルカリ性」による食の診断
強酸性といえば何でも消化してしまう胃酸pH1~2です。
食べた他の動物の肉を消化するのに自らの胃を消化しないで済むのは胃壁が強いからですが、pHが下がり過ぎれば、胃に穴があいてしまう胃潰瘍になります。
胃酸や血液はストレス状態になると還元力から酸化力に変わります。
月経中の女性の血液もORPが上昇します。
pH2のコーラや炭酸ジュースが骨や歯をボロボロにするというのは酸が影響しています。
レモンと重曹(塩)でホワイトニングしないように歯医者さんが注意するのは、pH5.5以下になるとエナメル質などを溶かし、虫歯の原因になるからです。
酸性食品を食べた後は、すぐに歯を磨くよりは、水で中和してからがよいです。
酸性であるレモンなど野菜や果物がアルカリ食品と言われる所以は、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどアルカリ性を示すミネラルが多く体内に残るからであり、肉、魚、卵などが酸性食品と呼ばれる所以は、硫黄、リン、塩素などミネラルが体内で硫酸、リン酸、塩酸、になり酸性を示すからですが、「酸とアルカリの性質」をよく理解せずに「アルカリ性食品」「酸性食品」という言葉で良し悪しを決めている方が多いようです。
大切なのはの結果である「酸化」と「還元」です。
私達のカラダは、良いものも悪いものもすべて体内で中和されてpH7.35~7.45、ORP-200mV~+250mVの血液となり、カラダの組織や細胞が作られます。
このバランスを崩すと病気の原因になります。
良くないのは「酸化食品」です。


HIRYUでは放射線技師がNaIシンチレーション検出器「ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200」により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定検査をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgであり、スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしており、これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下するため20Bq/kgとしています。
また測定が難しく食品から受ける放射線量への寄与率が低いα線とβ線については、寄与率が最も高いγ線を指標にする事で省略しても安全と判断しています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は0Bq/kg不検出(ND)でした。
放射性物質の基礎知識
食品中の放射性物質の新たな基準値


キウイフルーツの食べごろ
追熟させないと酸味が強い果物です。
追熟の適温は15℃~20℃。
果肉中心の白い部分が一番糖度が高くそこから熟してきます。
上下を親指と人差し指で挟むように持ち柔らかくなったら食べ頃です。
分かりづらい場合は両手で包み込んで柔らかくなったら食べ頃です。

キウイフルーツの追熟方法
追熟しにくい寒い季節はエチレンガスを多く放出するリンゴやバナナと一緒に保存すると追熟を早めてくれます。
また、硬い所でぶつけて傷んだキウイフルーツもストレスを感じてエチレンガスを放出するのでそれと一緒に保存すると追熟を早めてくれます。

キウイフルーツの保存方法
夏の常温保存は、追熟が早いのでEMBlance新鮮チャック袋(写真は中広口サイズ)に傷んだものや熟したものを除きキウイフルーツ同士を傷まないように入れてチャックをして冷蔵庫で保存して下さい。

傷んだものや熟したものが一緒に袋の中にあると他のキウイフルーツの追熟が早まるので毎日、様子を見るようにして下さい。

熟したキウイフルーツを保存する場合は余裕をもって入れられる大きさのEMBlance鮮度保存容器(写真は容量2100ml)を御利用下さい。

キウイフルーツ保存の適温は0~1℃ですので寒い季節は風通しの良い冷暗所、冷蔵庫であれば温度を低めに設定した野菜室やチルド室で保存して下さい。
-1.7℃以下になると低温障害を起こすので注意して下さい。



当店は主に健康上の理由を目的にされているかた向けに、農薬や化学肥料、また有機JAS認証済であってもボルドーなど許容農薬も使用しない栽培で収穫した農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。

神奈川県産 無農薬・無化学肥料 キウイフルーツ(ヘイワード) 1kg

商品コード:
kiwi-1k
通常価格(税込):
2,800
販売価格(税込):
2,640
ポイント: 52 Pt
関連カテゴリ:
果物
神奈川産の無農薬、無化学肥料キウイ。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。