種子島の安納芋 5kg 無農薬・無化学肥料 放射性物質検査済 / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine



1kg¥880 (すべて税込表示価格)
3kg購入で¥2,640 → 7%OFF SALE ¥2,460(@¥820/1kg)
5kg購入で¥4,400 → 14%OFF SALE ¥3,800(@¥760/1kg)
10kg購入で¥8,800 → 20%OFF SALE ¥7,000(@¥700/1kg)

2014年世界のサツマイモの生産量は1億t。
最も多いのは中国の7,130万t、日本は14位88万t。
種類も多く、世界で3,000?4,000種、日本でも50種以上栽培されており、安納芋はサツマイモの中でも2010年に品種登録された紅ハルカと並んで最も人気のある品種です。
1604年(江戸時代)に琉球王国の派遣職員が明から芋の苗を持ち帰り、栽培に成功し、痩せ地でも育つ事から栽培利用されるようになります。
1698年種子島に相次ぐ台風と日照りが続き、農民の救済作物として島主である種子島久基(まさもと)が琉球王国から、日照りに強く収穫が多い芋の苗をもらえないか親書を送り、一籠の芋を分けてもらい、栽培が始まります。
後にこの芋は薩摩に伝わり、栽培しやすく大きく品種改良された「薩摩芋」として、全国に広がっていきます。
その後も種子島の芋は安納地区の農家によって自家栽培され続け、固定種「安納芋」となりました。
しかし、安納芋は薩摩芋に比べてとても小さかったので、澱粉の材料として、単価も安く、これまで栽培され続けてきました。
そこで生産者の所得向上をめざして、安納芋のブランド戦略が始まり、1989年からは鹿児島県の農業試験場熊毛支場作物研究室においても、 品質に優れているものを選別して次の種芋とする「種苗(しゅびょう)選抜」を何年もかけて行われ、1998年 に皮色が褐紅色の「安納紅」と、突然変異で出来た皮色が薄い黄褐色の「安納黄金」の2種を品種登録し、更に「安納黄金」の中でも、果肉の色に少し紅が入ったものを「安納もみじ」、果肉が橙色の系統を「安納みつき」というブランド名で商標登録し、JA種子屋久(たねやく)より出荷されるようになりました。
ブランドの違いに大差はなく、種子島産の安納芋であればどれも非常に優秀な品質です。
基本的にはどれも水分が多く粘質性で、生の糖度でさえ16度前後と非常に高く、じっくりと時間をかけて焼くと40度前後になり、クリームの様にねっとりとした食感が、懸念されていた大きさまでも、これまでにないサツマイモとして個性を発揮する事になり、2013年まで種苗法による育成者権により、種子島でしか栽培が認められない事も功を奏し、ブランディングに成功しました。
2013年10月29日で種苗法の期限がきれた事で、種子島以外の地域でも栽培が出来る様になりましたが、地域によって品質に大きな差があり、農水省も連携しながら品質の統一基準とブランド認証作成するなど行われていますが、種子島産の安納芋が圧倒的な支持を得ており、種子島ならでは特産とされています。

種子島の食糧難を救い、第二次世界大戦後の日本の食糧難を救ったのもサツマイモでしたが、昭和30年の収穫量718万tをピークに減少し、2014年は88万tまで減少する中、安納芋は品種登録された1998年から2013年まで1万tまで収穫量を伸ばし、2014年以降は種子島だけでなく、日本全国でも栽培されるようになり、さらに収穫量は増える見込みです。

しかし、江戸時代から「飢饉の時はサツマイモ」と言われる様に病気や害虫に強い野菜なので、農薬をあまり使用されませんでしたが、現代は栽培中に多くの農薬や除草剤が使用されるようになり、更に貯蔵中にも病気や害虫を予防する為に有機リン系、有機塩素系殺虫剤、土壌燻蒸剤、殺菌剤、更に見た目をよくするための発色剤も使用されます。
2015年農水省統計では、有機JAS申請されている農地面積の割合は日本は0.2%、農薬以外に化学肥料も使用しない面積になると0.1%以下とされている事から計算すると、無農薬・無化学肥料栽培の安納芋は10tしかない事になり、非常に希少です。
安納芋の収穫は9月から12月に行われ、収穫後2?3週間経つと澱粉が糖化して美味しくなり始めます。
きちんと貯蔵管理されたものであれば、その後も熟成し、糖度が増すので、更に美味しくなります。 無農薬・無化学肥料栽培、貯蔵中の薬品や発色剤を使用していない本場種子島の完熟した安納芋は3月初旬まで販売致しますので、是非お召し上がり下さい。



カリウム
塩分の摂りすぎによるナトリウム過多は血管や腎臓への負担と機能低下から、心血管疾患、脳血管疾患、尿路結石、骨粗鬆症、胃癌、腎不全、メタボリックシンドロームなどになります。
これらの原因になる余分なナトリウムは体内でナトリウム2に対してカリウム1の比率で拮抗して、腎臓や副腎の働きで汗や尿として排出してくれます。
過剰に摂取しても排出されるので、高カリウム血症などでなければ食生活において健康の為に多く取り入れるべき栄養素です。

ビタミンE
化学名は「トコフェロール」といい、ギリシア語でTocosは「子どもを生む」、pheroは「力を与える」という意味がある様にビタミンEは、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの材料で、更年期症状を軽減する事や排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告や男性もビタミンEの投与によって、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。
更に抗酸化力に優れているビタミンA・C・Eの相乗効果をビタミンエースといい、活性酸素や過酸化脂質が原因で起こる高血圧、心筋梗塞、脳卒中など動脈硬化、肌荒れやシミ、白内障、アルツハイマーなどの老化減少、生理痛、不妊、更年期障害など生殖機能を予防・改善します。

ビタミンB6(ピリドキシン)
ラットの抗皮膚炎因子として発見された水溶性のビタミンであり、代謝に関わる酵素に対しての補酵素として働く生理活性物質であり、主に糖原(グリコーゲン)の分解、蛋白質の合成、ヘモグロビンの合成、ケラチンの合成、免疫抗体の生成、神経伝達物質の合成、核酸の合成、遺伝子発現の調節、細胞膜の形成、血中コレステロールの抑制、ホルモン合成、老廃物分解などの補酵素として働いています。

葉酸(ビタミンB9)
ビタミンB12と共に、赤血球の生産を助ける造血ビタミンですので、欠乏すると貧血、めまい、動悸、頭痛、吐き気などの症状が出ます。
特に妊娠中の欠乏は、胎児の神経や脳の生成に異常をきたすリスクがある事から、厚労省では妊娠を計画している女性に1日400μgの葉酸を摂取する事を推奨しています。
アルコールやアスピリン、ピルなどを飲んでいる人は、欠乏しやすくなるので十分な摂取を心がけましょう。
また葉酸に富んだ食事からの摂取は抗癌作用がありますが、葉酸サプリなどの不適切な摂取は癌の発生率を高める事が世界中の研究で多数報告されているのでご注意下さい。

パントテン酸(ビタミンB5)
「パントテン酸」(pantothenic acid)は、ギリシア語で「広くどこにでもある」という意味の通り、色々な食品に含まれており、特に豆類や干し椎茸に多く含まれている水溶性のビタミンで「抗ストレスビタミン」とも言われています。
ビタミンB6・ B12、ビオチン、葉酸、カルシウムと一緒に摂ると効果的で、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠な補酵素です。
副腎皮質ホルモンの合成を促し、血糖値を上昇させてエネルギー産生し、アレルギー・ストレス・疲労回復に効果を発揮するほか、善玉コレステロールの増加、動脈硬化・心筋構梗塞の予防などの作用をもちます。

ビタミンC
ビタミンの王様と言われるほど重要で、健康に直接作用し、大きく影響します。
90%の病気の原因とされる活性酸素に対しての抗酸化作用や抗菌作用があり、癌の治療にも利用される程に抗癌作用があるほか、髪や爪、肌などの荒れの解消、疲れ目や疲労回復、風邪の予防、二日酔いなどにも大きな効果があります。
芋の場合ビタミンCは、加熱してもデンプンに守られているので、壊れにくい特徴があります。

食物繊維
現代は2人に1人が癌で亡くなっており、その癌死亡率1位が大腸癌であり、食物繊維不足が大きな要因とされ、これまでは「食物繊維はカラダに吸収されない、食べ物のカス」とされてきましたが、1997年に文科省「五訂日本食品標準成分表」に明示される事になり、炭水化物(糖質)、蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素に続く6番目の栄養素として重要視されるようになり、1日20gの摂取を目標量に設定されました。
食物繊維は大腸で酵素分解され、分解の際に乳酸菌などの善玉菌が無臭である水素、窒素、二酸化炭素、酸素、メタンなどを発生させ、肉や五葷など硫黄分を分解するウェルシュ菌などの悪玉菌が発生する悪臭の硫化水素、二酸化硫黄、二硫化炭素、酪酸、アンモニア、ホスフィン、インドール、スカトールなどガスを排出したり、腸内の有害物質・老廃物・毒・発癌物質を排泄し、大腸癌を予防します!


安納芋の皮に豊富な栄養があります。
安納芋の皮には、抗酸化作用があるポリフェノールの一種であるアントシアニンとクロロゲン酸が含まれており、血液や目に良い効果があります。
骨となるカルシウムは果肉の5倍含まれています。
健康のため是非、無農薬なので安心して皮ごとお召し上がり下さい。

焼き芋のおいしい作り方
サツマイモが甘くなるのは、主成分の澱粉が加熱によって、澱粉糖化酵素βアミラーゼによって分解され、糖質(マルトース)に変化するためです。
このβアミラーゼは生のままでは変化せず、65?75℃の温度下にならないと活発に働いてくれません。
よって『低温でじっくり』焼くと、糖質が増えて甘い焼き芋ができることになります。
蒸籠(せいろ)でじっくりまるごと蒸かすか、オーブンで低温でじっくり焼き上げるのがおすすめです。
因みに食療食学の薬膳レストラン割主烹従飛竜では、160℃のオーブンで約90分加熱しています。
店頭では朝から1日中、石焼きされて、水分が飛ばされ甘さがぎゅぅっと凝縮され、ねっとり甘い石焼き芋を販売しています。



生のまま日光に晒すと甘味度が増します。
更に60℃程度で長時間加熱すると、デンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増します。
糖質の中でも麦芽糖が占める比率が高いので、先味の強い甘さと後味のよい上品な甘さを感じさせてくれて、栄養も豊富です。
個体別に糖度を3回測定した結果は、15.6%、16.7%、17.3%、どのサツマイモよりも糖度が高い結果となりました。
澱粉を分離させて、取り除いて飲むとキャラメルの様に非常に甘いジュースになります。
安納芋の糖分を使った健康的な色々なスイーツに活用できます。

酸化とは
鉄が酸化するとサビてしまう様に、体内に取り入れた酸素の2%は「活性酸素」となり、酸素と化合しやすい物質が体内にある程に水素イオンを奪い、細胞を酸化させた結果をいいます。
即ちカラダをサビさせ、老け、老化、病気を促進させます。
90%の病気やアレルギーは活性酸素が原因とされています。

還元とは
酸素と化合した物質が水素イオンを得て、元の物質に戻る事をいい、酸化してしまった細胞を元の状態に戻すので、細胞を若返らせて体質を改善します。

酸化還元電位(Oxidation-reduction Potential; ORP)とは
酸化させる力と還元させる力との差を電圧(mV)で測定する事ができます。
酸化力が強いほど電圧値はプラスにになるので酸化物質が多い事を意味します。
還元力が強いほど電圧値はマイナスになるので還元物質が多い事を意味します。
電位範囲は、酸化物質の酸素(O)は最大で+820mV、還元物質の水素(H)は最大で-420mVになります。
溶液の基本である水の場合+250mVを基準に、数値が高いほど酸化している事を示し、数値が低いほど還元(抗酸化)している事を示します。
水道水の場合+532mVは非常に酸化力が強い事を示しています。
入浴後に化粧水を使うのは肌から奪われた水素イオンを補う為です。
HIRYUの安納芋は、+184mVですので、還元力(抗酸化力)がある事になります。
※酸化還元電位は、溶液が酸化傾向にあるのか還元傾向にあるのかを測定するものであり、溶液の中に多数のイオンが存在している場合の各イオンの酸化還元電位を測定する事は出来ません。

酸化と酸性と酸の違い
酸化とは、水素イオンを失い、酸素と化合した結果です。
酸性とは、水素イオンを与える事ができ、酸素と化合できる酸の性質です。
酸がどれだけ水素イオンを持っているか測定(水素イオン濃度指数)する計量法が、pH(ペーハー)になります。※pHは単位ではなく計量法上の読み方になります。
pHは0?14までの数値があり、中性を7として以下を酸性、以上をアルカリ性としています。
数値が1低下するごとに水素イオン濃度が10倍になり、 1上昇するごとに10分の1になります。

「酸化と還元」「酸性とアルカリ性」による食の診断
強酸性といえば何でも消化してしまう胃酸pH1?2です。
食べた他の動物の肉を消化するのに自らの胃を消化しないで済むのは胃壁が強いからですが、pHが下がり過ぎれば、胃に穴があいてしまう胃潰瘍になります。
胃酸はストレス状態になると還元力から酸化力に変わるので注意しましょう。
pH2のコーラや炭酸ジュースが骨や歯をボロボロにするというのは酸が影響するからです。
レモンと重曹(塩)でホワイトニングしないように歯医者さんが注意するのは、pH5.5以下になるとエナメル質などを溶かし、虫歯の原因になるからです。
酸性食品を食べた後は、すぐに歯を磨くよりは、水で中和してからがよいです。
酸性であるレモンを代表に野菜や果物がアルカリ食品と言われるのは、果物に含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが水に溶けるとアルカリ性を示すからです。
肉、魚、玄米などは、硫黄、リン、塩素などのミネラルが含まれているので、体内に入ると硫酸、塩酸、リン酸になり酸性を示すので酸性食品と呼ばれています。
「アルカリ性食品」「酸性食品」という言葉で良し悪しを決めている方が多いようですが、酸とアルカリの性質だけで判断するのではなく、「酸化と還元」の結果も含めて判断する事が大切です。
私達のカラダは、良いものも悪いものもすべて体内で中和されてpH7.35?7.45、ORP-200mV?+250mVの血液に変換され、カラダの組織や細胞が作られます。
このバランスを崩すと病気の原因になります。
良くないのは「酸化食品」です。


HIRYU取り扱いの農産物は、放射線技師がNaIシンチレーション検出器:ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定をしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgです。
(スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。
これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。)
食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標としています。
食品基準値は100Bq/kgとなっておりますが、今回の測定結果は、0Bq/kg不検出(ND)でした。



常温保存の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
芋類は水がつくと腐るので、一本ずつペーパータオルなどに包み、段ボールに入れて、適温12?15℃の風通しのいい冷暗所であれば数か月保存できます。
18℃を超えると発芽してしまいます。
9℃以下になると低温障害で腐りますので、冷蔵庫や気温の低い冷暗所での保存はおやめ下さい。
定期的に状態を確認して下さい。

冷凍保存の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生のままでは冷凍できません。
焼芋や蒸芋に調理して、粗熱をよくとり、適当な大きさに輪切りにしたものをEMBlance新鮮チャック袋小サイズに並べて入れて冷凍庫で保存し、食べる時は、蒸し鍋で4?5分加熱して下さい。
又はペースト状にしてEMBlance新鮮ラップに薄い板状に伸ばして冷凍すれば、キントンやスイートポテトなどの調理の際に便利です。


当店は主に健康上の理由を目的にされているかた向けに、農薬や化学肥料、また有機JAS認証済であってもボルドーなど許容農薬も使用しない栽培で収穫した農産物を提供しています。
その為、見た目の悪いものや大きさ、形が不揃いのものがあります。
年々厳しくなる天候に作物の収穫は減少しており、国内0.1%以下と言われている無農薬・無(化学)肥料で栽培する生産者を守る為にもHIRYUでは、キズがあるものも含め、出来る限り買い取り、入荷時の状況により商品の販売基準を定め、選別して販売しております。
腐っているなどの理由でクレームがある場合は、購入後2日以内に写真を送信して頂ければ返品に応じますが、それ以外の返品の場合や一方的な悪質なレビューの書き込みをされた場合は、生産者と当店存続の為に、次回購入が出来なくなりますので、よく御検討のうえ御注文下さい。
特に無農薬の農産物を初めて購入される方やレストラン関係の方は「思ったより見た目が悪い」と思われがちですのでよく御検討のうえ御注文下さい。
皆様の温かいご理解を頂けたら幸いです。

種子島の安納芋 5kg 無農薬・無化学肥料 放射性物質検査済

商品コード:
tane-anno-5k
通常価格(税込):
4,400
販売価格(税込):
3,800
ポイント: 76 Pt
関連カテゴリ:
野菜
※収穫の状態により、皮がめくれて見た目が非常に悪い場合があります。
味に支障はありませんが、ご了承の上お買い求めください。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。