無農薬・無添加 の玄米切餅 10枚入×1袋 2018年産 無農薬・無化学肥料栽培“姫の餅” / hiryu,飛竜,酵素玄米,炊飯器,比較,無農薬野菜,玄米菜食,オーガニック,ヴィーガン,ビーガン,ベジタリアン,マクロビ,小麦不使用,玉子不使用,卵不使用,organic,vegan,vegetarian,グルテンフリー,自然食,癌,アトピー,アレルギー

topcartpaymentcompanye-mail magazine
無農薬・無添加 の玄米切餅 10枚入 2018年産 無農薬・無化学肥料栽培"姫の餅"放射性物質検査済






希少!無農薬・無化学肥料栽培の拘り
世界には12万種類ものお米があり、そのうち世界から美味しいと認められるジャポニカ種は全体の10%以下と言われています。
そのうち無農薬のお米は0.2%以下とされています。(2010年農林水産省)
更に無農薬・無化学肥料栽培になると皆無に等しい非常に希少な玄米です。
飛竜の農場では農薬や除草剤を散布していません。
農薬を使わない澄んだ空気に通る太陽の光と潮風の香りが、微生物、植物、昆虫、動物に元気を与え、生命力漲る均整な自然の生態系による循環作用からよい土ができあがり、田植えを行います。
毎年春には天然の鴨が産卵のために帰巣し田圃のお手伝いをしてくれます。
柵をした田圃に農薬や化学肥料を撒き、お腹の空いた鴨の雛を放つ事や米の収穫後に食する合鴨農法とは違い、また翌年も帰巣して鴨の家族が増えるのに合わせるように、少しでも地球環境に農薬を使わない緑の環境を増やすことを目標にしており、無農薬玄米最大の米所となる10年40町歩を合言葉に2018年現在11町歩3反(収穫量54t)まで毎年田圃を増やしています。
この様な考えから無農薬・無化学肥料の希少な糯米「ひめのもち」玄米を栽培しています。

希少!平成30年産の新米ヒメノモチで作ったお餅です
贅沢に、収穫したての新米で作ったお餅です。
市販の餅の中で、新米を使ったものはたいへん希少です。
質の良いとれたて玄米の味わいをたっぷり閉じ込めた、新鮮な美味しさをお楽しみ下さい。


殻付きごと挽く100%玄蕎麦と、ミネラル豊富な玄米餅。
米が白いと書いて粕(カス)と書きますが、玄米を精白すればビタミンやミネラルなど95%の栄養素がなくなり殆ど糖質になります。
玄蕎麦も同様に殻を取り除くと70%の澱粉質になります。
健康の為には無農薬の玄米に拘るように、蕎麦も栄養価の高い殻付きごと蕎麦を挽く玄蕎麦がよいのです。


稲から籾殻(もみがら)だけを取り除いたものが玄米。
稲から籾殻、糠(ぬか)まで取り除いたものが胚芽米。
稲から籾殻、糠、胚芽(はいが)まで取り除いたものが白米。
玄米を撒くと芽が出るので「生き米」といわれ、胚芽がない白米は撒いても芽がでないので「死に米」と言われています。
玄米の糠・胚芽には豊富な栄養が含まれており、精米された糯米は殆どが糖分になってしまいます。
それが「米」を「白」くしたものを「粕」と呼ぶ所以です。


玄米の栄養と効果
玄米には、人間に必要な栄養素である「炭水化物」「蛋白質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」「ファイトケミカル」が全てバランスよく揃っており、成分も体に有益なものばかりです。
日本総合医学会初代会長二木謙三が、「玄米は完全食である」と称するほどです。
デンプン質の白米とは違い、体が必要な分のカロリーを腸内で消化・吸収していくので、血糖値が上がらず、膵臓の負担もありません。
脂質は血中のコレステロールを下げてくれるリノール酸。
豊富な食物繊維が腸内のコレステロール、脂肪、発癌物質、有害物質などを排泄してくれます。
RBA (Rice Bran A)は免疫力を強力に活性させ、RBF(Rice Bran F)は抗癌作用があります。
糠(ぬか)の成分であるイノシトール、γオリザノールは肝臓の働きを強め、解毒(排毒)効果を高め、放射性物質(セシウム、ストロンチウム等)を中和・解毒します。



HIRYUの拘り食材

有明産の秋芽一番摘み、酸処理をしていない干し海苔
この海苔は、通常当たり前のようにされる「酸処理」を行っていません。
一般の海苔は、海苔の色をきれいな黒色に見せるため、リンゴ酸やクエン酸を使った酸処理がされています。
しかし、処理をした後の酸を海に流すと、海の中の酸が多くなってしまうため、環境が変わってしまい、元に戻そうとする自然の力により、今度は逆に酸素不足に陥ってしまいます。
そのために、海の生物にも影響が出てしまうことが問題視されています。
この海苔は、海苔の見た目よりも海の環境を大切にした、酸処理をしていない希少な海苔なのです。

北海道の大自然の中で、農薬や肥料を一切使わずに栽培されたえりも小豆
「哲人秀さん」と呼ばれる伊藤秀幸さんが栽培しました。
小豆を茹でる際はアクを抜くため、茹でこぼしをしますが、秀さんの小豆は、カリウムをはじめとするミネラルが豊富でシュウ酸がないので、アク抜きが不要なので味が濃く美味しく食べられます。

自然栽培で育てた大豆で作ったきなこ
16年間以上、農薬・除草剤・肥料・動物性有機肥料を使用していない超希少なきな粉。
大豆発酵食品をはじめ、大豆製品摂取による生理作用の研究が現在進行形で盛んに行われており、腸内細菌叢バランスを改善する可能性に期待が寄せられていることから、欧米では小麦粉の一部代用として、きな粉の使用が既に料理レシピ等で紹介されています。

香川県で育った自然栽培(無農薬・無肥料)の黒胡麻
『おいしさの基準は子供たちです』子供に安心して食べさせられる農作物を作りたいという想いから無農薬・無肥料栽培を始めました。
農薬・除草剤・化学肥料・動物性肥料を16年以上使用していません。


精白米は「米が白いと書いて粕(かす)」と読む通り、ビタミンやミネラルなど95%の栄養素を失った殆どがデンプン質です。
デンプンは体内で分解され、エネルギーとなりますが、余分なブドウ糖は脂肪になり、過剰な摂取は病気の原因となります。
その健康目安の指標とするのがGI値です。
GI値とは、ブドウ糖50gを摂取してからの血糖値を2時間測定し、血糖変動曲線を描くグラフ面積を100%とした場合に被験食品のグラフ面積が何%あるかという数値であり、64%以下は低GI、65~82%は中GI、83%以上は高GIに区分されます。
パン(フランスパン93、食パン91)や小麦麺(うどん85、ラーメン73、パスタ65)、ジャガイモ91など主食とされる炭水化物はすべて糖質に変換されるので、どうしてもGI値が高いので太りやすく、更に日本人は膵臓のβ細胞機能が弱い傾向があり、インスリンを分泌する能力が欧米人の約半分とされる人もいるので、高GIの過食が続くと、血糖上昇の度合いに合わせ、ほぼ比例して分泌されるインスリンが枯れてしまい、糖尿病を始め色々な病気を発症させてしまいます。
上のグラフは、HIRYUの玄米餅、HIRYUの玄米きなこ餅のGI値を測定した結果です。
一般的な白い餅は84高GI前後だと言われていますが、HIRYUの玄米餅は37と非常に低いGI値となりました。
さらに、その玄米餅をきなこ餅にすると22低GI値になり、繊維質やタンパク質の多いきなこと一緒に食べることで血糖値を上げづらくすることが分かりました。
食べ物の組み合わせや食べる順番によっても血糖値の上がりやすさは変わります。
糖尿病の方が餅を食べる場合は、きなこと一緒に食べることを推奨します。


更に籾(もみ)や糠(ぬか)に農薬や放射性物質が溜まりやすい特徴があります。
玄米の場合、籾は取り除きますが、栄養の殆どが含まれる糠は取り除きません。
米糠を取り除いた白米でも残留農薬は残ってしまいます。
NaIシンチレーション検出器:ベルトールド・テクノロジー社製ベクレルモニターLB200により、γ線を放出する放射性物質(セシウム、ヨウ素など)の測定を精白する前にしています。
鉛遮蔽体の中にNaI検出器を組み込んだ簡易・迅速検査用装置です。
測定下限値は20Bq/kgです。
(スクリーニング法の新基準値50Bq/kg→25Bq/kgを満たしています。これ以下でも数値は表示されますが、信頼性が低下する為、20Bq/kgとしています。食品基準値は100Bq/kgです。)
食品の基準値は、食品から受ける放射線量への寄与率が最も高く、測定が容易なγ線による指標としています。
今回の測定結果は、0Bq/kg不検出(ND)でした。
食品中の放射性物質の新たな基準値(厚生労働省)☞CLICK







オススメ

無農薬・無添加 の玄米切餅 10枚入×1袋 2018年産 無農薬・無化学肥料栽培“姫の餅”

商品コード:
hiryu_genmaimochi02
通常価格(税込):
980
販売価格(税込):
960
ポイント: 9 Pt
関連カテゴリ:
食品
セール
千葉県産 無農薬・無化学肥料 ヒメノモチ玄米使用の切り餅。

平成30年秋収穫の
千葉県匝瑳市の飛竜の農場で収穫しました。
放射性物質検査済です。

1袋に50g×10枚入です。

玄米なので栄養も豊富です。
白い餅とは違う風味が自慢です!
めずらしい玄米餅(玄米もち)の味を、ぜひお楽しみください。
精白してしまうと、米のビタミンやミネラルがすべてそぎ落とされてしまいます。
玄米のままなので、栄養たっぷり、解毒作用も強いお餅に仕上がっています。

■内容量:10切入500g
■総重量:約550g
■サイズ:24.5cm×17cm×5cm
※1袋単位の重量・サイズになります。
※重量・サイズはあくまで目安になります。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。